6 posts categorized "BEST ALBUM・TUNE"

Feb 21, 2006

2005年 BEST ALBUM ( EMO・PUNK・MODERN )

Mae-TheEverglowNo.1 MAE / THE EVERGLOW
エモの完成形と言える凄まじい名盤。
美しくエモーショナルで温かい、そんな感動を与えてくれます。

WakingAshland-ComposureNo.2 WAKING ASHLAND / COMPOSURE
ピアノエモというジャンルを確立した名盤。
切なくエモーショナルなメロディがピアノと一体となって沁みます。

JacksMannequin-EverythingInTransitNo.3 JACK'S MANNEQUIN / EVERYTHING IN TRANSIT
SOMETHING CORPOLATEのAndrewのピアノエモ。
胸キュンなとろけるメロディ満載の、とってもエモ~い名盤。

Mest-PotographsNo.4 MEST / PHOTOGRAPHS
2人の作曲者によるポップパンクと哀愁パンクが楽しめます。
楽曲のクオリティが非常に高く、アレンジも見事。

Anberlin-NeverTakeFriendshipPersonalNo.5 ANBERLIN / NEVER TAKE FRIENDSHIP PERSONAL
メロディアスでカッコいいエモロック。
カッコいいG.とハーモニーに乗るメロディのフックが強力。

MotionCitySoundtrack-CommitThisToMemoryNo.6 MOTION CITY SOUNDTRACK / COMMIT THIS TO MEMORY
パワフルでキャッチーな超気持ちのよいパワーポップ。
どこか懐かしいメロディとピコピコムーグが特徴。

Copeland-InMotionNo.7 COPELAND / IN MOTION
繊細で淡いメロディがじわ~とくる美メロエモ。
包み込まれる優しいメロディに癒されますなぁ。

Acceptance-PhantomsNo.8 ACCEPTANCE / PHANTOMS
エモーショナルでカッコいい王道エモ。
ハードなG.にメロディアスな唄メロが乗ってカッコいい。

AdandonedPools-ArmedToTheTeethNo.9 ABANDONED POOLS / ARMED TO THE TEETH
幻想的なバックにエモーショナルで美しいメロディのエモ。
温かく懐かしいメロディが優しく包み込んでくれます。

ThePanicDivision-VersusNo.10 THE PANIC DIVISION / VERSUS
幻想的でハードなG.サウンドに美メロが乗るエモ。
クセになる不思議な魅力を持った個性的な作品。

| | Comments (16) | TrackBack (0)

2005年 BEST TUNE ( EMO・PUNK・MODERN )

No.1 MAE / Suspension
ポップで温かくて元気の出る、感動的なポップチューン。
エモ史上に残る名曲でしょう。Video

No.2 JACK'S MANNEQUIN / Dark Blue
胸がキュンとする、切なくてエモ過ぎる名曲。
ピアノがまたエモいんだな。

No.3 WAKING ASHLAND / I Am For You
美しく感動的なピアノエモの代表曲。
ファルセットVo.がエモい。Video

No.4 MOTION CITY SOUNDTRACK / Everything Is Alright
元気でキャッチーなハイパー・パワーポップ。
間奏の後の展開がドラマティックで悶絶。Video

No.5 FUNERAL FOR A FRIEND / Streetcar
疾走する切れのあるG.が超カッコいい曲。
カッコよさと高揚感にガッツポーズ。Video

No.6 MEST / Dying For You
サビのキャッチーな胸キュンメロディがたまらない名曲。
終盤の盛り上がりがまた凄い。

No.7 DREAM STATE / Change
躍動感のあるピアノとキャッチーなメロディが印象的な名曲。
間奏のピアノが美しい。

No.8 ANBERLIN / A Day Late
ノリノリキャッチーな爽快感が気持ちよい。
サビでは思わずシンガロングしてしまいます。Video

No.9 FALL OUT BOY / Suger,We're Goin Down
切ない胸キュンメロディの青春ポップパンクチューン。
このポップセンスはたまらないです。Video(下から3番目)

No.10 THE JULIANA THEORY / Leave Like A Ghost ( Drive Away )
哀愁のあるメロディから爽快なサビへ一転する感動的な曲。
解散が本当に残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Feb 17, 2006

2005年 BEST ALBUM ( MELODIC・AOR・POPS )

Zeno-ZenologyIINo.1 ZENO / ZENOLOGY II
未発表曲集とは思えない高品質な楽曲満載です。
究極のメロディアスハード。

TerraNova-EscapeNo.2 TERRA NOVA / ESCAPE
明るく爽やかな超キャッチーなメロディアスハード。
今までの中で楽曲のクオリティが一番高いね。

BSB-NeverGoneNo.3 BACKSTREET BOYS / NEVER GONE
R&B色が薄くなって重厚な雰囲気に変化しました。
自分にとっては嬉しい変化でしたね。

NorthernlightNo.4 NORTHERN LIGHT / NORTHERN LIGHT
美しいメロディを豪華Vo.陣が唄っているメロディアスハード。
Tor Talleの作曲能力は高い。次は是非バンドで。

ShannonNoll-LiftNo.5 SHANNON NOLL / LIFT
味わい深い爽やかポップロックで、楽曲充実。
アイドルオーディションの作品らしいハイクオリティ。

MarkHarris-TheLineBetweenTheTwoNo.6 MARK HARRIS / THE LINE BETWEEN THE TWO
4HIMのソロ。とろけそうなマイルドポップスがたまりません。
ハーモニー・アレンジもよく練られていて素晴らしい。

Hartmann-OutInTheColdNo.7 HARTMANN / OUT IN THE COLD
兎に角Oliver HartmannのソウルフルなVo.が絶品です。
加えて本人作曲の楽曲も文句無し。

DSide-GravityNo.8 D-SIDE / GRAVITY
マイルドポップスのボーイズ。Vo.は弱いけど楽曲が良いね。
じわりとくる良いメロディが多いね。

BlackLab-SeeTheSunNo.9 BLACK LAB / SEE THE SUN
哀愁のあるアメリカンポップロックで、味わい深いモダンなメロが良い。
広がりのあるプロダクションが素晴らしい。

TheClickFive-GreetingsFromImrieHouseNo.10 THE CLICK FIVE / GREETINGS FROM IMRIE HOUSE
甘酸っぱいメロディのギターポップロック。
超キャッチーな親しみやすいメロが楽しい。


昨年もメロディアスハードは佳作は多かったんですが、名盤は少なかったですね。
ZENOには何としても新譜で来日して、メロハーシーンを盛り上げて欲しい。
ポップロックはクオリティの高い作品が多くて、ボーイズ系はバックアップが
しっかりしているなぁと感じさせられました。


| | Comments (22) | TrackBack (0)

2005年 BEST TUNE ( MELODIC・AOR・POPS )

No.1 ZENO / Dreaming The Night Away
サビのドラマティックな盛り上がりには悶絶です。
メロハーって良いよなぁ。

No.2 BROKE[N]BLUE / Perfect Match
"I Will Be There" に続いて、またしてもキラーチューンを作ってくれました。
アルバムは期待はずれでしたが、この1曲で帳消しです。

No.3 KHYMERA / Alone
高品質メロディアスハードな作品で佳曲揃いでしたが、
その中でも爽快キャッチーなこの曲にはガッツポーズです。

No.4 TERRA NOVA / Escape
超爽やかポップチューンで、これまたガッツポーズもの。
分厚いハーモニーが気持ちいいね。

No.5 MRAK HARRIS / The Light Between The Two
美しく哀しいメロディが胸に沁みます。
ピアノアレンジも見事です。

No.6 RADIOACTIVE / Love Is On Your Mind
大仰でカッコいいガッツポーズメロハーチューン。
こういう高揚感もメロハーならでは。

No.7 BACKSTREET BOYS / Incomplete
新境地のシリアスなバラード。
ドラマティックな盛り上がりがたまりませんね。

No.8 WIG WAM / In My Dreams
ビバ80sな感じのメインストリームHRチューン。
カモンカモンカモン♪のインパクトは絶大です。

No.9 ALY & AJ / Speak For Myself
サビのフックが強力でガツンと来ました。
メロディアスでカッコいいポップスですね。

No.10 VICKY BEECHING / Yesterday, Today & Forever
大仰に盛り上がるサビがカッコよくてたまらない。
アコギのアレンジも効果的です。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 01, 2005

2004年 BEST TUNE

No.1  FURTHER SEEMS FOREVER "Light Up Ahead"
No.2  ANDERS JOHANSSON "When I Become Me"
No.3  PRIDE OF LIONS "Letter To The Future"
No.4  NATURAL "Comin' Up"
No.5  CLARK "I Don't Need You"
No.6  SHY "High Time"
No.7  SPIN GALLERY "To Hell And Back"
No.8  STAGE DOLLS "Runnin' Back To You"
No.9  VANESSA CARLTON "White Houses"
No.10  SUM41 "No Reason"
番外  PRIDE OF LIONS "I Can't Hold Back(Live)"

FSFの"Light Up Ahead"には本当に衝撃を受けました。
畳み掛けるメロディに圧倒です。ダントツの一位。

こうして見るとエモが少ないですね。
エモはアルバム単位で素晴らしい出来が多く、
メロハーはアルバムはそこそこでも、強力なキラーソングは多いです。

POLの"I Can't Hold Back"はライブだったので番外としましたが、
トビーのVo.によって名曲がより素晴らしいものになっていて、凄く感動しました。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

2004年 BEST ALBUM

No.1  PRIDE OF LIONS / THE DESTINY STONE
No.2  FURTHER SEEMS FOREVER / HIDE NOTHING
No.3  ANDERS JOHANSSON / WHEN I BECOME ME
No.4  JIMMY EAT WORLD / FUTURES
No.5  SILENT FORCE / WORLDS APART
No.6  SHY / SUNSET AND VINE
No.7  CARTEL / THE RANSOM EP
No.8  GOOD CHARLOTTE / THE CHRONICLES OF LIFE AND DEATH
No.9  ANGRA / TEMPLE OF SHADOWS
No.10 NATURAL / IT'S ONLY NATURAL

POLは流石の出来で、これぞメロハーですね。トビーは素晴らしい。
昨年はエモが強くて良作が多く出た反面、
メロハーは厳く、そこそこレベルで購入には至らないというのが多かったですね。
来日公演は全然無いし今年も厳しそうです。

| | Comments (29) | TrackBack (1)