« March 2009 | Main | May 2009 »

15 posts from April 2009

Apr 29, 2009

Perfume "NIGHT FLIGHT" CMで公開

pinoのCMで新曲"NIGHT FLIGHT"を聴きました。
シングル向きじゃない感じですが、カッコよくて良さげです。
それにしてもこのCMの3人は実にカワイイ(*´ェ`*)
代々木では是非ともこの衣装で"NIGHT FLIGHT"を見たいです。

pinoのこのミルクチョコ味、かなり美味いですよ。
CMが流れる前からハマッっていて、毎日のように食べてます( ^ω^)
期間限定は残念ですね。

| | Comments (217)

Apr 27, 2009

雑記

4月29日から5月6日まで8日連続出勤。
 逆GWです。あははは・・・orz
 昨年は無理矢理に早上がりしてPerfumeのライブに行ったなあ。

■VISION & VALORとかTHE PANIC DIVISIONとか
 iTunes限定は止めて欲しい。
 デジタル配信は否定はしませんが、それのみというのがいや。
 やっぱCDで持っていたいんです(`・ω・´)

■豚インフルエンザが騒がれていますが、
 「豚肉を食べても安全です」と政府はもっとアピールして。
 豚肉が売れなくなるんじゃないかと不安です。
 狂牛病や鶏インフルエンザの二の舞はもうかんべん・・・

『シャンデリアハウス』3回とも面白かった( ^ω^)
 萌えを全く感じさせないのっちが実に素晴らしい!
 掃除機のくだりなんてさすがのっちと思わせてくれました。
 

| | Comments (165)

Apr 25, 2009

BEST HIT USA タイムマシーン・スペシャル

4月24日の『BEST HIT USA』はタイムマシーン・スペシャルで、
Radio & Records1984年4月20日付けトップ20の紹介でした。
これがもう懐かしいったらありゃしない( ^ω^)

1. Againt All Odds(Take A Look At Me Now) / PHIL COLLINS
2. Hello / LIONEL RICHIE
3. Hold Me Now / THOMPSON TWINS
4. Footloose / KENNY LOGGINS
5. Love Somebody / RICK SPRINGFIELD
6. You Might Think / THE CARS
7. Miss Me Blind / CULTURE CLUB
8. They Don't Know / TRACY ULLMAN
9. Let's Hear It For The Boy / DENIECE WILLIAMS
10. Don't Answer Me / ALAN PERSONS PROJECT

10位以外全て憶えてました( ^ω^)
こうして見ると、ロック・ポップス・バラードとまさに王道ですよね。
Rick Springfieldとか普通に入ってる。
CULTURE CLUBのこの曲、初めて買った洋楽シングルですよ。
もちろんドーナツ盤。
この頃の洋楽チャートは本当に良いですね。

平行して今週のチャートもやったんですが、
ブラック・無機質ダンスのオンパレードでげんなり(-_-;)
THE FRAYとかkelly Clarksonが出てくるとホッとします(笑)
いっそのこと毎週タイムマシーンをやってほしいですね。
そっちのほうが今のチャートよりニーズ高いんじゃないでしょうか(笑)

| | Comments (133)

Apr 23, 2009

Perfume / BUDOUKaaaaaaaaaaN!!!!! DVD

Perfumebudoukandvd2008年11月7日のライブを収録したDVD。
今までとは比べ物にならないスケールの大きいライブ、それ故に映像で見ると3人との距離感を正直感じてしまいました。目の前で見てる感の『GAME』DVDとは大きな違いです。あとレーザー全体像やバックの巨大モニターによる演出があまり映ってないので、スケールの大きさが伝わらなかったのも残念。なんか反する2つの要因ですが(苦笑)。
あと音が軽いというか音圧が弱いというか、
TVのスピーカーで言うのもアレなんですが。
辛口になってしまいましたが、
やはりダンスのクオリティと数々の名曲で充分楽しめました。
"edge"は凄くライブ向きでカッコいいですね。

特典ディスクはもうファンにはたまらないんじゃないでしょうか。
お宝映像満載です。
池袋噴水広場に2000人集まった光景は圧巻。
女子限定イベントでの生JKかしゆかはマジ萌(*´Д`*)
そして何といっても最大の見所は、
『GAME』オリコン1位を知らされてのっちが泣くシーンでしょう。
両手で顔を隠してずっと下を向いて泣くのっちには貰い泣きですよ。
あののっちが泣くんですから破壊力あり過ぎ( ^ω^)
武道館でライブをやることを言われたときの
あ~ちゃんの呆然とした顔もいいですね。
「むりじゃろ・・・」って泣きそうな顔で言ってるところがたまんないっす。
特典ディスクには100点あげます(笑)

| | Comments (11)

Apr 21, 2009

長島☆自演乙☆雄一郎、フルボッコ負け

Long1240315312274

初代MAX王者アルバート・クラウスと対戦した長島☆自演乙☆雄一郎
残念ながらわずか1分で全く良いところなくKOされてしまいました(;ω;)
緊張していたのか動きが非常に硬かったし、
ガードも出来てなくてパンチもらってました。

この敗戦で弱点が色々見えました。
まずパワーが無い。
世界レベルの人たちと比べて体つきがあまりに細い。
これではガードの上からでもガンガンやってくる
上位陣に太刀打ち出来ないと思われます。

あとパンチだけでは通用しない。
キックとのコンビネーションでなければ縦拳は当たらない。
パンチだけだとガードも当然甘くなるし。

自演乙ブログを見るといつもの顔文字もなく
落ち込んでいる様子でした・・・
この敗戦を糧にして強くなってもらいたいです。

あとコスプレはもう少しメジャーなのにしてね♪
乃木坂春香なんてアニメファンでもあまり知られてないから( ^ω^)
試合後のコメント

| | Comments (9)

購入CD 

BETWEEN THESE LINES / FAMILIAR PLACES
JENNY RAY / YOU CAN'T MAKE ME CARE

さすがGreenhornさん、毎回ナイスチョイスです( ^ω^)

| | Comments (95)

Apr 17, 2009

GRAHAM COLTON / HERE RIGHT NOW 【'07】

Grahamcoltonhererightnow  MySpace
THE GRAHAM COLTON BANDのVo.・G.のソロアルバム。
プロデューサーはJohn Fields(LIFEHOUSE・JIMMY EAT WORLD)。1stシングル"Best Days"American Idol Season7で使われました。
ストリングスやピアノをフィーチャーしたポップロックで、
アコギによるカントリーテイストもあり。
ポジティブな躍動感溢れるポップチューンは非常にクオリティが高く、
一方バラードでは切ないメロディをしっとりと聴かせ、
その為アルバムの流れに起伏があって最後まであっという間です。
全曲作曲したGrahamの作曲能力は実に素晴らしい。
"Take Me Back"Richard Marxとの共作。

サビで炸裂する哀愁のメロが胸に沁みる "You Find A Way"、
スケールの大きいパワーバラード "Best Days"、
躍動感溢れるガッツなポップロック "Forget About You"、
ストリングスがドラマティックに盛り上げるバラード "On Your Side"、

ドライブするG.の超カッコいいロックチューン " Always In Love"、
これぞ王道アメリカン・ポップロック "Whatever Breaks My Heart"が好き。
Chris Tomlin・S.C.ChapmanなどのSSW系ポップロック好きに大推薦。
【90点】

| | Comments (26)

Apr 15, 2009

GHOST OF GLORIA / VOICES FROM THE RED ROOM 【'09】

Ghostofgloriavoicesfromtheredroom  MySpace
フロリダ出身のオルタナロック・バンドの7曲入りEP。
ガッツなギターサウンドにカッコよくてメロディアスなメロディのオルタナロックで、今時のモダンテイストながら非常に聴きやすく、ロックテイストをグッと強めたDAUGHTRYといった感じ、またはHIGH FLIGHT SOCIETYあたりに近いです。
男くさいVo.もカッコよくて魅力的ですし、メジャー性もありますから、
今後ヒットする可能性はかなり高いんじゃないでしょうか。
特に"Fight"はシングルヒット間違いなし!
ただオリジナリティがあまり無く、ありがちなサウンドではあるので、
フルアルバムでは彼らなりの個性を出せればいいと思います。

哀愁溢れる美しいメロディのドラマティックバラード "Fight"、
ガッツでカッコいいロックど真ん中チューン "Run Away"、
モダンテイストなグルーブのあるロック "A Perfect Distraction"
キャッチーでメロディアスなサビがカッコいい "The Evidence"
が好き。
DAUGHTRY、JEREMY CAMP、HOOBASTANK辺りが好きな人に。
【86点】

| | Comments (22)

Apr 13, 2009

購入CD 

MICHAEL W. SMITH / A NEW HALLELUJAH:THE LIVE WORSHIP DVD
THE FALLOUT THEORY / THE NEW FACE OF FASHION
THE FALLOUT THEORY / SO HAPPY YOU'RE NOT HERE
OF MACHINES / AS IF EVERYTHING WAS HELD IN PLACE
HOLIDAY PARADE / LIVING LIKE JAMES DEAN
GHOST OF GLORIA / VOICES FROM THE RED ROOM
DOWN FOR THE COUNT / BATTLE ROYAL

| | Comments (6)

雑記

『Perfumeのシャンデリア・ハウス』これは面白い!
 OPのシュールなコント?でのっちが実にいい味出してます。
 ロバートのサークルネタは微妙だったけど、
 そのあとの腹話術はPerfumeが実に楽しそうでした。
 ここでものっちが人形を使って笑かしてくれました( ^ω^)
 ファン以外はどう見たか分かりませんが、取りあえずいいスタートだと思います。

■部下の新入社員君(といってももうすぐ一年ですが)がイマイチです。
 仕事は一生懸命なんだけど雑なんだよね~。
 書類にパンチ穴を開けるのに真ん中に開けないとか、
 ホチキスで留めるのに揃えなくてずれてても平気だとか、
 提出書類をしわくちゃにしちゃうとか、
 お前は小学生か!と思わず言いたくなっちゃうよ┐(´-`)┌
 これがゆとり教育の弊害ですか(笑)

■今期のアニメを一通り見たけど、前期ほど強力じゃないかもね。
 『咲』 『シャングリ・ラ』 『鋼の錬金術士』 『東のエデン』
 『Phantom』 『けいおん!』
はかなり面白かったです( ^ω^)
 『戦場のヴァルキュリア』 『アスラクライン』 『蒼天航路』 『07-GHOST』
 『PandoraHearts』 『ハヤテのごとく』 『クイーンズブレイド』
 『グイン・サーガ』 『夏のあらし!』
はまずまずだったけど、
 今後の内容では切るかも(`・ω・´)

| | Comments (17)

Apr 12, 2009

JONATHAN JONES / WE WERE YOUNG 【'09】

Jonathanjoneswewereyoung  MySpace
WE SHOT THE MOONJonathan Jonesのソロ。
プロデューサーはWAKING ASHLAND時の盟友Ryan Lalier
60s70sのような温かくて和むポップロックで、WE SHOT THE MOONのようなエモさはあまり感じられません。
この作品はWSTMに合わないと判断された曲を集めたものなので、
当然と言えば当然なのですが。
切なさや哀愁度を薄くて、WSTMが「動」とするなら
こちらは「静」といったところでしょうか。
全体的にのんびりしていてややダレるのが正直なところですが、
それでもメロディメイカーとしてやはり素晴らしく、
良質のメロディがつまっています。

70s風の懐かしいほんわかポップス "Don't Need Me"、
温かく和むメロディが心地良い "The Stills"、

ドラマティックな展開のエモいメロディがたまらない "Passenger"、
高揚感溢れる爽やかチューン "Autumn"、

エモーショナルでジワリと来るバラード "Advance And Retreat"が好き。
WE SHOT THE MOONが好きな人は要チェック!
【85点】

| | Comments (18)

Apr 10, 2009

MICHAEL W. SMITH / A NEW HALLELUJAH:THE LIVE WORSHIP DVD 【'09】

Michaelwsmiththeliveworship_42008年6月20日、テキサス州ヒューストンのLakewood Churchでのライブを収録したDVDで、バックルームやリハーサル風景を撮影した12分のボーナス映像もあり。
『A NEW HALLELUJAH』に映像がついたのですからつまらないわけなく、スケールの大きさをより感じ取る事ができます。
観客12000人とクアイア隊250人のハーモニーは圧巻で、
声の力を感じさせます。
"Deep In Love With You"で感極まってぐっと堪える
Michaelの表情は胸を打つものがあります。
"The River Is Rising"ではMichaelが客席にまで降りていって
老人とハグしながらグルグル回るシーンが実に微笑ましく、
こういうのはDVDでしか味わえないものですね。
Michaelファンは当然買いでしょう(笑)
【88点】

*HMVは問い合わせたところリージョンフリーでした。

| | Comments (13)

Apr 09, 2009

エア・パピラブ


http://www.youtube.com/watch?v=hm45ctpp0e8
何という楽しさヽ(´▽`)/

WJPではPSPSが見れて感動!
TVだとキャラ作ってイマイチなあ~ちゃんもライブでは流石だね。
でも最後のDFの合唱は正直やめてほしい。
NHKが観客にやらせたという話。

| | Comments (16)

Apr 08, 2009

SHIROCK / EVERYTHING BURNS 【'09】

Shirockeverythingburns  MySpace
テネシーの5人組クリスチャン・ロックバンドの1st。
Chuck ShirockPap Shirockの男女2人が中心となって結成され、全て作曲しています。
高揚感溢れるドラマティック・ポップロックで、
新人離れした凄まじいクオリティです。
目の前がパッと開けるかのような高揚感溢れるメロディとアレンジ・展開は、
ポップロックファンならガッツポーズ連発でしょう。
そして圧倒的な存在感を誇るメインVo.Chuck
U2Bonoを感じさせるようなエモーショナルで熱い歌唱は
聴き手をグイグイ引き込んできます。
ギター1本で歌い上げる"I Have Been Redeemed"
シンプルなのに全く飽きさせずに聴かせ切ってしまい、
彼のVo.がいかに魅力的かを示していると思います。
そしてこのバンド最大の特徴はPap嬢によるVo.ハーモニーです。
主旋律と同等の存在感の彼女のハーモニーは
神々しい美しさで感動させてくれます。
彼女は2曲でリードVo.を取っていて、それもまた素晴らしい。
このバンドは間違いなくブレイクします!

モダンテイストなG.でガツンと来る "New Solution"、
冬の北欧のような哀愁が胸に沁みる名曲 "Still Young"、
Pap嬢のVo.が優しく包み込むメロウチューン "I'll Take Rain"、
躍動感溢れる爽やかなサビにガッツポーズの "Say It Out"、
壮大なスケールのドラマティックチューン "Drag You Down"、

突き抜ける高揚感が感動的なキラー "Calm Inside The Storm"が好き。
ポップロックファンは間違いなくマストです!必聴!
【95点】

| | Comments (16)

Apr 07, 2009

雑記

■先週は部下がインフルエンザで1週間も休んだため、
 ハンパなく忙しかったです。
 しかも自分も週末に体調を崩してしまい、
 先日ようやく休みが取れたのですが、
 朝から頭痛と鼻づまりが酷く、しかも熱っぽかったので
 体温を計ったところなんと37.9度!
 インフルエンザか!と慌てて病院に行ったところ、
 「副鼻腔炎」と診断されほっと一安心。
 本日は貰った薬が劇的に効いたのか、大分良くなりました(^^)

JR首都圏の駅が全面禁煙になって1週間、
 未だにホームの端っこや壁際で吸っているアホがいます。
 あいつらは自分達が注意できないのを分かってて吸ってますね。
 下手に注意して因縁付けられたらたまんないですから。
 そういうマナー違反が全面禁煙につながったのに。
 ま、自業自得ですわ(-_-メ)

「ハガレン」はやはり面白いです。
 第一話からワクワクしました。
 ヒューズとアームストロングは相変わらず愛すべきキャラですね(笑)
 一部の声優変更は残念ですが、慣れるでしょう。

SHIROCK、殆ど知られてないのが残念です。
 当ブログでは超強力プッシュしまっせ~!

| | Comments (10)

« March 2009 | Main | May 2009 »