« November 2008 | Main | February 2009 »

9 posts from January 2009

Jan 30, 2009

IT BITES / THE TALL SHIPS 【'08】

Itbitesthetallships  MYSPACE
U.K.のプログレ・ロックバンドの20年振り(!)の4thアルバム。
Francis Dunneryが脱退して、John MitchellKINO)が加入。
壮大な展開に色鮮やかなハーモニーワークのプログレッシブ・メロディアスロックで、かつてのIT BITESサウンドまんまです。
プログレといっても退屈なインストが延々と続くということは無く、
メロディはメロディアスかつキャッチーで、
メロハーファンにもアピールするに充分だと思われます。
スリリングかつドラマティックな展開にぐいぐい引き込まれ、
幻想的なハーモニーに包まれた唄メロをしっかりと聴かせる、
さすがIT BITESといったところでしょう。
ただそれだけに残念なのがJohnのVo.で、
メロディをなぞるだけで抑揚に欠け、物足りなさを感じてしまいます。

幻想的なハーモニーの不思議ポップロック "Oh My God"、
ストレートでカッコいいアップテンポチューン "Ghosts"、
ロマンティックなメロウバラード "Playground"、

壮大でドラマティックなHRチューン "Memory Of Water"、
ポジティブな明るいメロディが素晴らしい "Great Disasters"、
13分間飽きさせずに聴かせるドラマティックな "This Is England"
が好き。
かつてのIT BITESファンはもちろん、メロハーファンにもお薦め。
【87点】

| | Comments (2)

Jan 27, 2009

DAVID COOK / DAVID COOK 【'08】

Davidcookdavidcook  MYSPACE
「American Idol Season 7」優勝者のデビューアルバム。
プロデューサーはRob CavalloGREEN DAY・GOO GOO DOLLS)。
男くさい骨太なポップロックで、Bo BiceDAUGHTRYに近い。
Davidの少々かすれたロックボイスはカッコよくて非常に上手い。
加えて楽曲のクオリティが高く、ガッツなG.に強力なフック、
男くさいながらも洗練されていて、
極上のポップロックアルバムに仕上がっています。
"Declaration"Johhny RzeznikGOO GOO DOLLS)との共作。
"Light On"Chris CornellBrain Howesが作曲。

シリアスでカッコいいキラーチューン "Declaration"
ポジティブなメロディがガツンとくる "Heroes"、
高揚感溢れるスケールの大きいポップチューン "Come Back to Me"、
切ないメロディがグッと来るパワーバラード "Lie"、
エモーショナルで熱いVo.が染み入る "A Daily AntheM"、
透明感のある美しいメロディが素晴らしい "The Time Of My Life"
が好き。
DAUGHTRY・Bo Bice・NICKELBACKが好きな人にお薦め!
【88点】


| | Comments (2)

不況ひしひしと・・・

不況だ不況だと言われてますが、
12月までは食品は昨比クリアで売れてまして、
正直ピンと来なかったんですよ。
衣料品とかは売れてなかったんですけどね。

ところが一月に入って一気に売れなくなりました。
特に牛肉の落ち込みが酷くて、和牛や大パックがさっぱり。
値引きしても売れなくて、
毎週売れ残りそうな牛肉を自腹で買っています(笑)
おかげで毎週焼肉やすきやきを家でやってますわ。

| | Comments (0)

Jan 23, 2009

購入CD 1/23

BAD HABIT / ABOVE AND BEYOND 【Melodious Hard】
 まるでFAIR WARNINGの1stを思い起こさせるような熱いメロハー。
 北欧の透明感と哀愁を持ったメロディが素晴らしい。
 メロハーファンは黙って買うべし!

OCEAN LANE / CROSSROAD 【EMO/POP】 
 MAE+COPELANDのような繊細かつ優しいメロディに和む。
 空気のような自然体なのに心に染み渡る。
 特に1~4曲目の流れは圧巻。

JENS MARNI 【POP/ROCK】
 HAREM SCAREMのようなハーモニーの、ポップロック。
 今時のモダンさのあるヘヴィなG.とメロディアスなメロディは
 David CookやBo Biceが好きなら要チェック。

GRAND PRIX / SAMURAI 【HARD/POP】
 ロビン・マコーリーがVo.のイギリスのハードポップバンドの3rd。
 ポップでキャッチーなサウンドはまさにあの時代の売れ線狙い。
 タイトルチューンは名曲。

| | Comments (0)

Jan 22, 2009

DAVID ARCHULETA / DAVID ARCHULETA 【'08】

Davidarchuleta  MYSPACE
「American Idol Season 7」準優勝者のデビューアルバム。
17歳とは思えない絶品のVo.を聴かせるハイクオリティ・ポップスで、Bo BiceClay Aikenでも分かるようにA.I.出身者のデビューアルバムはとにかく曲のクオリティが非常に高いです。
DavidのVo.はさすが準優勝者、スウィートかつエモーショナルで
タイプ的にはAnthony Calleaに近いと思います。
しっとりとしたバラードからキラキラポップスまで、
極上のポップスが満載です。
Tommy Denanderが2曲に参加しています。

切ないメロディが胸に沁みる "Crush"、
重厚でスケールの大きい "Touch My Hand"、
幻想的で美しい "Barriers"、
爽やかなスウィートバラード "A Little Too Not Over You"、
ストリングスが大盛り上がりのドラマティックチューン "Desperate"、
突き抜けるような爽やかさの "Don't Let Go"、

ポジティブなメロが感動的なバラード "Angels" が好き。
Anthony CalleaBryan Riceが好きな人は是非!
【90点】

| | Comments (0)

佐川"遅"便

Amazonで注文すると佐川急便日通のどちらかになるのですが、
日通はとにかく早い。
発送された当日に来ることさえあります。
それに対して佐川急便ときたら・・・

Jimi Jamison佐川急便で発送されたのが12月25日
私はそんなに早く聴きたいと思うほうではないのですが、Jimiは別。
早く到着しないかと待っていましたが、いっこうに来ません。
結局来たのが何と12月30日!
5日間とはいくらなんでも遅すぎです。
これじゃAOR HEAVENと同じくらいですよ(笑)

なんでこんなに違うんでしょうか?
佐川急便じゃなくて佐川"遅"便って改名したほうがいいんじゃない?

| | Comments (0)

Jan 20, 2009

MY JEREMIAH / WHERE YOU ARE 【'08】

Myjeremiahwhereyouare SAMPLE
カリフォルニア出身、Vo.と全ての楽器をこなす、元Quick and the DeadKyle Tredwayの1stソロアルバム。
希望に溢れたキラキラメロディのピアノエモで、2004年頃のピアノエモの雰囲気が満載で嬉しくなってしまいました。
とろける様なポップなエモメロにエモいVo.、
そしてまぶしい彩りを添えるピアノサウンド、これぞピアノエモです。
曲の出来に差があるのが残念ですが、
強力キラーチューンもあるので帳消しです。

ピアノ・ハーモニー・メロディ、全て美しい"Breathe "Hallelujah For Hope""、
とろけそうなスウィートなメロディがたまらない "Gone"、
躍動感のある爽やかポップチューン "What Love Is"、
エモーショナルで優しく包み込むような "The Dark"、
ポジティブなエモメロが素晴らしい "Moving On"、
突き抜けるような高揚感にガッツポーズの "Live Again"
が好き。
美メロピアノエモファンは必聴です。
【89点】

| | Comments (3)

Jan 19, 2009

期待の新人 7TH SON

7thson

Roadrunnerと契約したメロディアス・ハード・バンド7TH SON
今のところ聴けるのは2曲だけなんですが、
パワフルなギターとハーモニー、強力なフックラインのメロディ、
ドラマティックなアレンジと、大いに期待が出来ます。
アルバムはいつでしょうか。待ち遠しいですね。

SAMPLE

| | Comments (0)

復活します

今年のクリスマス・年末年始はかつて無い忙しさでした。
まあ色々あったんですけど・・・
やっと落ち着いたんで、ボチボチ更新を再開しようかと思います。

年末年始のプロレス・格闘技番組を見たんで感想を。
■UFC92
 まさかのノゲイラKO負けに唖然・・・
 ヴァンダレイも負けちゃったし、PRIDE勢が負け続けるのはつらい・・・
■Dynamaite!!
 何と言っても中村大介でしょう。
 あの腕十字一本狙いは正に芸術!
■ハッスル!
 う~ん、肝心の試合自体がちょっとお粗末だったかなあ。
 ストーリーは面白いと思うんだけど、そのせいでのめり込めなかった。
 ただムタ対エスペランサーは凄かった。役者が違うって感じです。
■新日本プロレス
 新日対ノアの対抗戦はピリピリとしていいね。
 三沢さんのエルボーはやはり別格です。
 武藤対棚橋は悪くないんだけどCCのほうが良かった(贅沢)
 週プロで棚橋が言ってたように、チャラさを封印したのが原因?
 やっぱ棚橋はチャラくないとね(笑)
■戦極
 北岡強し!五味に何もさせずに完勝。

UFCと日本のMMAは進化の方向が全く逆に向いていますね。
UFCはパンチの技術が向上してワンパンチで終わる試合が増えて、
グラウンドがどんどん少なくなって、正直面白くないです。
一方青木・北岡・中村らのグラウンドは新しくてワクワクします。


| | Comments (3)

« November 2008 | Main | February 2009 »