« April 2008 | Main | June 2008 »

18 posts from May 2008

May 30, 2008

購入CD 5/30

TENTH AVENUE NORTH / OVER AND UNDERNEATH 【CCM/ROCK】
 アコースティックの若干入った、叙情的で味わい深いポップロック。
 LIFEHOUSE・STARFIELD・MAINSTAY辺りと同じ匂いがします。
 "Hold My Heart"が感動必至のキラーチューン。

SAFETYSUIT / LIFE LEFT TO GO 【ROCK】
 男の哀愁漂うスケールの大きいロック。
 ストリングスによる大仰なアレンジとガッツなG.、
 美しいメロディをエモーショナルに唄うVo.と、ハイクオリティです。

| | Comments (0)

May 29, 2008

STEVEN CURTIS CHAPMANのNEW PV


Steven Curtis Chapman "Cinderella" @YouTube

Steven Curtis Chapman 「THIS MOMENT」からのPVです。
「THIS MOMENT」内ではどちらかと言うと地味な曲ですが、
暖かく優しいメロディが胸に沁みる素晴らしいバラードです。

「THIS MOMENT:CINDERELLA EDITION」が発売されました。
"Cinderella(Acostic Ver.)"に新曲3曲が追加されてます。
こちらで試聴できますが、なかなかの佳曲です。
オフィシャルから飛ぶU.S.iTMSで購入しようとしたところ、
何と日本からは買えない!orz
日本のiTMSにも売ってない! orz
アメリカのiTunes Cardを使えば日本からも買えるのですが・・・

ところでオフィシャルに行って分かったのですが、
彼の娘Maria Sue Chapmanが交通事故で亡くなったとのこと。
追悼記事での映像を見ると中国系のかわいらしい子です。
TOMさんの記事に書かれてましたが、養子のようです。
わずか5歳。R.I.P.


| | Comments (4)

May 27, 2008

LOVERBOY / JUST GETTING STARTED 【'07】

Loverboyjustgettingstarted OFFICIAL
カナダのロックバンド、10年振りの新作。
ガッツでカッコいい王道アメリカンロックで、80年代よりもパワフルかつハードになっています。
年を経てより味わい深くなったメロディも、アメリカンロックにありがちな能天気フック無しではなく、エモーショナルで強力なフックを持っています。
Mike RenoのVo.も年齢を感じさせない若々しさと力強さがありますね。
CHEAP TRICK「ROCKFORD」を思い起こさせるような、
エネルギーに溢れた素晴らしい復活作です。

これぞアメリカンロックな "Just Getting Started"、
エモーショナルな哀メロが沁みるバラード "Back for More"、
元気の出る爽快メロハー "Lost with You"、
ポジティブな力強さを感じさせるバラード "I Would Die for You"、
情感豊かに歌い上げるガッツなバラード "Real Thing" が好き。
CHEAP TRICKNIGHT RANGERが好きな人にお薦めです。
【86点】

LOVERBOY "Just Getting Strated" @YouTube

| | Comments (5)

購入CD 5/27

ELLIOT MINOR / ELLIOT MINOR 【POP/EMO】
 メインソングライターが音楽学校出身で、エモエモなメロに
 大仰なクラッシクアレンジが特徴。これは衝撃でした!
 ボートラ3曲入りの日本盤を買うべし。

ARTICLE ONE / COLORS AND SOUNDS 【CCM/POP/ROCK】
 バイオリンをフィーチャーした、しっとりと美しいメロディのロック。
 若い1stと違って、優しく情感溢れるメロディがぐっと沁みる。
 そこにバイオリンがとどめを刺す(笑)。

HARDREAMS / THE ROAD GOES ON... 【メロハー】
 爽快キャッチーで、スペインらしいクサ味のあるメロハー。
 TERRA NOVAやJOURNEYを思い起こさせるど真ん中サウンドです。
 楽曲も粒揃いでまずまず。

| | Comments (0)

May 26, 2008

1stインプレッション

今回から購入CDに一言コメントを付けることにしました。
というのも、今までは買ってもすぐに聴かないCDが多く、
正式なレビューを書くのが何ヶ月も後になってしまい、
下手すると聴かないまま一年以上放置ということも(苦笑)

そこで買ったら取り合えず一回すぐ聴いて、
その感想を書こうかなと思ったしだいです。

だから聴き込んだら評価が変わるかもしれませんので、
その辺はどうぞ御容赦を(笑)

| | Comments (2)

購入CD 5/26

OVERLAND / BREAK AWAY
 楽曲が兎に角素晴らしい。(もちろんVo.もね)
 特に "After The Fire"のカッコよさはガッツポーズもの。

FIRE WITH FIRE / FIRE WITH FIRE
 切れのあるG.がカッコいい80sメインストリームHR。
 楽曲にムラがあり、散漫なアメリカン曲がイマイチかな。

ARRIVAL / POINT OF ORIGIN
 お蔵入り音源とは思えないクオリティ。
 80s丸出し(当たり前)のサウンドと、熱い2人のVo.が素晴らしい。
 

| | Comments (0)

May 23, 2008

RUN KID RUN /LOVE AT THE CORE 【'08】

Runkidrunloveatthecore Christianbook  MYSPACE
Tooth & Nail Rocords所属、クリスチャン・エモバンドの2nd。
プロデューサーはJames Paul Wisner
キャッチーで甘酸っぱいメロディのポップエモで、FALL OUT BOYを更にエモく爽快にした印象です。
胸キュンなエモメロがたまらなく、ピアノやVo.ハーモニー・テンポチェンジによってドラマティックになっており、曲作りのセンスは素晴らしいものがあります。

テンポ良く畳み掛けるパワーポップ "Rescue Me"、
甘酸っぱいメロがたまらないキラーチューン "Captives Come Home"、
切ないウエットなメロディの "Love at the Core"、
ポップセンス溢れるドラマティックチューン "Sure Shot"、
ピアノをフィーチャーした、切なさがジワリとくる "My Sweet Escape"、
男くさくてカッコいい "Emergency" が好き。
パワーポップ系ポップエモが好きな人は是非!
【88点】

| | Comments (4)

May 22, 2008

PASSION TOKYO

先日紹介したPASSIONを検索していたら、
オフィシャルに驚愕の情報が!

PASSION TOKYO 13 October

Chris Tomlin
Francis Chan
David Crowder*Band
Louie Giglio
Matt Redman

な、なんですとー!!
その日は祝日だけど行くしかないでしょ。
この機を逃したらChris Tomlinなんて一生見られん。

でもクリスチャンじゃないのに行くのは失礼かなぁ・・・
つーか大学生じゃないとダメなのか?分からん。

| | Comments (3)

購入CD 5/22

91 SUITE / TIMES THEY CHANGE

発売された当時何となく後回しにしてたら、もうどこにも売ってなくて、
Rock Avenue Recordsに入荷していたんで速攻注文しました。
エモーショナルで実に素晴らしいメロハーですね!

| | Comments (3)

May 21, 2008

PASSION / GOD OF THIS CITY 【'08】

Passiongodofthiscity Christianbook MYSPACE
アメリカの大学生を対象としたカンファレンス「PASSION 2008」を収録したライブアルバムで、Chris Tomlin、Charlie Hall、DAVID CROWDER BAND、Matt Redman、Christy Nockels、Kristian Stanfill、FEEが参加。
ライブならではの歓声や拍手、そして何より観客の大合唱が感動的で、
ハッキリ言ってスタジオVer.よりいい!
目をつぶるとまるで会場にいるかのような臨場感です。
選曲も名曲揃いで文句無し。
"God Of This City"は北アイルランドのBLUETREEのカバー。 <原曲>

神々しくしっとりと歌い上げる "Amazing Grace"、
涙が出るくらいエモーショナルで美しい超名曲 "God of This City"、
爽やかでキャッチーなポップロック "Let God Arise"、
大合唱にガッツポーズのパワーポップ "Sing, Sing, Sing"、
見事な歌唱でドラマティックに歌い上げる "Hosanna"、
味わい深い土の匂いのするロック "O, For a Thousand Tongues to Sing"、
ノリノリキャッチーなパワーポップ "We Shine"、
あまりに哀しいメロディが沁みる "God of Our Yesterdays" がお薦め。
CCMファンはマストでしょう。
【88点】

"God Of This City" "Let God Arise" @YouTube

"Let God Arise" @YouTube

| | Comments (2)

May 19, 2008

SEARCH THE CITY / A FIRE SO BIG THE HEAVENS CAN SEE IT 【'08】

Searchthecityafiresobig Christianbook MYSPACE
Tooth & Nail Records所属、クリスチャン・エモバンドの1st。
プロデューサーはDASHBOARD CONFESSIONALFURTHER SEEMS FOREVERを手掛けたJames Paul Wisner
キャッチーなエモメロ満載のポップエモで、ANBERLINプラスNEVERTHELESSといった感じ。
ハーモニーを多用したポップなメロディラインは、
ドライブするG.と相成って非常に心地良く、清々しい気分にしてくれます。
ポップエモのお手本のような全編に渡って爽快感が続く、
このような作品はそうそう無いと思います。

ANBERLINぽい、ガッツでカッコいい "Son of a Gun"、
甘酸っぱいメロディに胸キュンな "To the Moon for All I Care"、
サビの高揚感にガッツポーズのキラー "Detroit Was Built on Secrets"、
エモくてパワフルな "Rescue"、
透明感のある爽やかな "In This Scene You're Just an Extra" が好き。
ポップエモが好きな人にドンピシャです。
【89点】

| | Comments (0)

May 18, 2008

新入社員

自店の精肉部門に新入社員が2週間ほど前に配属されました。
新人を教えるのは初めてなんですが、
もうハッキリ言ってクタクタです・・・

通常新入社員は3ヶ月ほど研修センターで教育されてから
店舗に配属になるはずなんですが、
今年は何故か1ヶ月ほどで配属されました。
と言う訳で本来【レベル2】くらいから教えるはずが
【レベル0.5】からスタートです。

新人を教えるために自分の時間を削らなければいけないので、
仕事がどんどん貯まります。
新人君は17時に帰るのに21:00まで仕事している自分(泣)

新人君はこちらの斜め上を行くミスをするので、
常に見ていなければなりません。
「肉しまっといて」と頼んで昼休憩に行って、
戻ってきて冷蔵庫を見たらその肉が無い。
新人君「しまいましたけど」と、案内されたのは何と冷凍庫
もうマジかよ orz

そんなミスで怒り心頭でも、
ちゃんと説明しない自分が悪いんだと言い聞かせぐっと我慢。
でも自分は聖人君主じゃないんでキツイわ、ほんま(笑)


| | Comments (0)

May 13, 2008

ASIA Live At C.C.Lemon Hall

Asia2006

5月13日渋谷C.C.LemonHallでのASIAのライブに行ってきました。
1st「ASIA」の完全再現というスペシャルライブだったのですが、
凄いものを見てしまったという感動でいっぱいです!

1曲目"Daylight"ASIAで2番目に好きな曲なので、
「おお~!」と盛り上がって立ち上がろうとしたところ、
あれ?周りは誰も立ち上がりませんよ orz
我慢して座っていてサビのところで拳を上げるも周りは・・・
曲が終わってもう我慢できず立ったところ、他のところでもゾロゾロと。
何だみんな立ちたかったんじゃん(笑)

2曲目"Never Again"の後は早くも持ち曲タイム。
3曲目からこれってどうなん?と思いつつやっぱり盛り上がりました。
"Video Kills~"ではジェフがしょっぱなからミスしてました(笑)

その後は3曲アコースティックタイムでマッタリ。
う~ん、1stの曲をやれないのは分かりますが、
ここまでのセットリストの組み立ては正直イマイチじゃないかなぁ。
"Voice Of America"をアコースティックで聴かされてもつらいし・・・

"An Extraordinary Life"いい曲なのに殆ど盛り上がらず。
"The Heat Goes On"カールのソロを挿入する昨年と同じ構成。
最後にサビに戻って少しだけやるこの構成は冷静に見ると変です。
これなら曲を終わらせた後にソロに入ったほうが良いのでは。

ここまでどうも盛り上がり切れない感じだったんですが
"Heat Of The Moment"が始まり1st再現スタート!観客大爆発。
ジョンがサビを唄わせるんですが大合唱です。
ここでこんなに盛り上がってその後大丈夫かなと思ったんですが、
1stの曲が次々演奏されるとどんどん引き込まれ、
緊迫感のある凄まじい迫力に圧倒されました。
まだプログレぽさが残る1stの変拍子や展開が
こんなに気持ちいいなんて・・・

最後"Open Your Eyes"でドラマティックに占め、
"Don't Cry"はやってくれませんでしたがもう大満足です!
演奏も昨年より良かったと思います。
また次の来日公演でも1st再現をやってくれることを願ってます。

SET LIST
1.Daylight 2.Never Again 3. In The Court Of The Crimson King
4.Video Killed The Radio Star 5.Roundabout 
6.Fanfare For The Common Man 7.Mood For A Day
8.Voice Of America(Acoustic) 9.The Smile Has Left Your Eyes
10.An Extraordinary Life 11.The Heat Goes On
12~20.1st全曲 21.Open Your Eyes

| | Comments (2)

May 10, 2008

購入CD 5/10

JUST SURRENDER / WE'RE IN LIKE SIN
MARCELLO VESTRY / MARCELLO VESTRY
RUN KID RUN / LOVE AT THE CORE
LUNA HALO / LUNA HALO

| | Comments (0)

May 09, 2008

KHYMERA / THE GREATEST WONDER 【'08】

Khymerathegreatestwonder SAMPLE MYSPACE
Frontiers Records所属、Daniele Liveraniのソロプロジェクトの3rd。
Dennis WardがVo.B.を担当。前作の時14歳で話題になったギタリストTommy Ermolliも引き続き参加しています。前作に参加したTom Martin,James Martinが全曲作曲。
透明感のある美しいメロディアスハードで、
ツボを押さえたG.に爽やかなKey.と、
都会的な洗練さを感じさせるサウンドがたまりません。
特に空間に鮮やかな彩りを添えるKey.が実に素晴らしい。
駆け上がるような高揚感のあるメロディは
メロハーの素晴らしさを改めて伝えてくれます。
Dennisのエモーショナルで味わいのあるVo.もいい。
今作はソングライターを統一したせいか
やや曲調が似通っているところがあり、
またギターのエッジを落としたプロダクションもあり、
即効性に欠ける作品になっているので、
聴き込みが必要ではあります。

爽やかで清々しいキラハー "Beautiful Life"、
力強いポジティブなメロディがいい "Borderline"、
哀愁の美しいメロディが沁みる "No Sacrifice"、
ドラマティックで高揚感溢れるサビの "Fight for Yesterday"、
希望溢れるサビにガッツポーズのキラーチューン "Stay Forever"、
これぞハードロックのカッコよさ "The Other Side" が好き。
メロディアスハードファンは必聴。
【89点】

| | Comments (2)

May 08, 2008

Perfume Live At Zepp Tokyo

Perfume_article01


5月4日Zepp Tokyoで行われたPerfumeのライブに行ってきました。
もうね、最高に楽しかった。
いっぱい唄って、いっぱい手を振って、いっぱい笑った。

前回のAXでは開演ギリギリに到着した為後ろのほうで、
自分自身のノリも全開とはいかず、
悔いの残るライブになってしまったので、
今回は気合を入れて、仕事を早めに切り上げ開場前に到着。
ステージ真ん中8列目くらいをキープ。

1曲目は"GAME"で、「GAME」ジャケの黒い衣装で登場。
キレキレのダンスで、ライトセーバー(?)を持って決めポーズ。
うおおおお、カッコいい!

2曲目に早くも"エレクトロ・ワールド"
圧縮が凄くてもみくちゃ(汗)
更に"コンピューター・ドライビング"で圧縮増加。
こ、これが噂の圧縮かよ~。

"Take Me Take Me"ではアダルトでセクシーなダンスを披露。
ここではみんな見入ってます。
新しい大人のPerfumeを見れて素晴らしかった。

「GAME」新曲は当然初見で、どれも非常にクオリティが高く、
のるよりもじっくり見入ってしまいました。
既存曲では客と一体となって大盛り上がりです。
AXでは自分は遠慮してやらなかった「ぐるぐるゆ~ジャンプ」、
今回はハジけてやってみたんですが。
・・・何これすっげー楽しい!
"Wonder2"でもいっしょに揺れました(笑)

MCAXの時と比べてトークの面白さが弱かったかな。
売れてしまったことによって「自虐ネタ」が無くなったり、
発言が慎重になっているのかなという感じがしましたね。

最後の挨拶で3人とも「楽しかったぁ。ありがとう」と述べてましたが、
感謝したいのはこっちです。
かしゆか「みんな笑顔で~」と言ってましたが、
そう、終始笑顔でずーっと幸せな気分でした(笑)
武道館ももちろん行きますよ。


PS:タケメでのっちのちにされたのは内緒だ

| | Comments (10)

GW終了(笑)

GW中、一日しか休みがなかったRABIです(笑)
やっとGWが終わりましたね。嬉しい~♪

GWはみんな出掛けるので、
基本的に普段の休日より売れないはずなんですが、
今年は何だか分かりませんが予定より売れましたね。
特に大パックの焼肉セットが売れたもんだから大変(汗)
あれは作るのに時間がかかるんですわ。

今日ようやく休みだったんですが、
疲れが思いっ切り溜まっていたせいか超爆睡。
起きたら何と15:00
昨日1:00に寝たから14時間寝ていたことになります。

昨日夜大きい地震があったでしょ。
その時にちょっと目が覚めたんですがあまりにダルくて
「ま、いいや」って揺れてるのにそのまま寝ました(笑)
普段なら飛び起きてCD棚を必死の抑えるのにね・・・

| | Comments (0)

May 01, 2008

HAREM SCAREM / RAW AND RARE 【'08】

HaremscaremrawandraredvdHAREM SCAREMのラストライブである『FIREFEST IV』を収録したDVD。
個人的には特典『1994 Moodswings Tour』がお目当て(笑)。
会場後方からの固定カメラによる撮影で、画面下半分は観客でメンバーは腰から上しか映ってないし、画像・サウンドもそこそこのクオリティなんですが、何と言ってもあの「MOODSWINGS」での映像が見られるのですから、もうそれだけで感謝感激です。
HarryはプードルヘアでPeteも長髪でカッコいいですし、
選曲は2nd中心で文句無し。
日本公演ではアレンジされて失望した"If There Was A Time"
当然オリジナルで、イントロでの「Ah~♪」もありますよ。
Darrenの唄う"Sentimental Blvd."いいよいいよ(笑)
ただここの観客が最悪で、
"Slowly Slipping Away"でもおしゃべりしていて信じられません。

他の特典映像も興味深いものばかりで、
"Slowly Slipping Away"のレコーディングショットで、
Harryがサビのコーラスを何度も撮って聴き直して、
「これだ、今の音だ!Slow~♪ 分かったよ!」と言うシーンがあり、
サウンドに対する真剣さが伝わってきて面白かったですね。

HAREM SCAREMファンは買いです。
本編は・・・(略)

| | Comments (4)

« April 2008 | Main | June 2008 »