« December 2006 | Main | February 2007 »

20 posts from January 2007

Jan 30, 2007

購入CD 1/30

CODE / THE ENEMY WITHIN
HARTMANN / HOME
LONG SINCE FORGOTTEN / THE THEFT
NEEDTOBREATHE / DAYLIGHT

新譜を買ったはいいけど06年分が溜まっているので放置中。

NEEDTOBREATHEはエモーショナルなクリスチャン・ロック。
"Don't Wait For Daylight" があ~沁みる。
http://www.purevolume.com/needtobreathe

| | Comments (2) | TrackBack (0)

自転車路駐で6500円

通勤時、いつもは駅から2分ほどの月極駐輪場に自転車を止めているんですが、
その日は乗る電車にギリギリだったので、つい駅前に止めてしまいました。
で、仕事帰りに止めたところへ行くと・・・・

ハイ、見事に区に撤去されてました(笑)

前回の撤去日が1週間前で、撤去は通常2週間に1回くらいなんで油断しました。

休みの日に引き取りに行ったんですが、
以前にも撤去されたことがあったんで、そこへタクシーで向かいました。
(駅から遠くて歩くとちょっとしんどい)
1200円ほどかかってその場所に着くと・・・

撤去駐輪場が跡形もNEEEEE!

いつの間にか更地になっていて、移動したようです。
駅前の立て看板の地図を確認しなかった私が悪いんですけど。

でまたタクシーで1300円かけて撤去場に行きました。
そこで自転車を引き取るときに撤去費を払わなくてはいけないんですが
何と4000円!そんなに高かったかなぁ。

結局全部で7000円かかりましたよ(泣)
ほんの2,3分のせいで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 29, 2007

THE ATARIS の新譜

TheatariswelcomethenightTHE ATARISの新譜 「WELCOME THE NIGHT」を全曲試聴したんですが(今は消えています)、Myspace2曲での不安が更に大きくなってしまいました。
前作の爽やかなポップパンクはすっかり消え、UKロック的な雰囲気のヘヴィ・オルタナティヴロックになっています。

爽やかポップチューンの "Cheyenne Line"
メロディアスでカッコいい "Whatever Lies Will Help You Rest"
シリアスでドラマティックな "When All Else Fails It Fails" は良かったんですが、
他の曲は正直・・・・・・って感じです。

私をポップパンクの世界へ引きずり込んだバンドだけに凄く残念です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 27, 2007

MAINSTAY / WELL MEANING FICTION

Mainstaywellmeaningfiction SAMPLE
BEC Recordings所属、ミネアポリス出身、3人組クリスチャンバンドが06年に発表した1stで、プロデューサーはAaron SpinkleZach Hodges
しっとりと美しいメロディのエモ・オルタナティヴロックで、Aaron&Zachによる浮遊感のある幻想的なプロダクションが見事です。
ピアノ・クリアトーンG.・Vo.ハーモニーが作り出す、徹底した美意識による
エモーショナルで優しく包み込むメロディは、じわりと癒してくれます。
GOO GOO DOLLSに近い感じがしますね。

ポジティブでエモーションに溢れた "Mirrors"、
幻想的で和やかな "Yesterday"、
Anberlinのようなキャッチーでカッコいい "This Could Be"、
切ないメロディが沁みる "Overnight On Nicollet"、
優しさが全てを包み込むような感動的な名曲 "Take Away"
幻想的でファンタジックな "Well Meaning Fiction"、
ポジティブで美しい "October Came Late"、
温かく美しいメロディに癒される "Down Silver Lake" がお薦め。
優しいメロディに癒されたい方は是非一聴を。
【89点】

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Jan 26, 2007

Brian Littrell 来日公演

Brianlittrell

Brian Littrell 来日公演のチケットをゲットしました。
今日の新聞の広告を見て初めて知ったんですが、
11月30日にすでに発表されていて、12月23日から販売していたんですね。
何たるアンテナの弱いことか(苦)
まぁ、チケット取れてホント良かったです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PRIDE OF LIONS サンプル全曲公開

PrideoflionstheroaringofdreamsPRIDE OF LIONS「THE ROARING OF DREAMS」のサンプル
MelodicRock.Comで全曲公開されました。
さすがMelodic Master、極上のメロディアスハード満載です。
"Language of The Heart" のサビで思わずガッツポーズ!(笑)
こういう曲を聴くとメロディアスハードっていいなぁと思いますね。
2月21日はCDショップへ走れ!@藤木

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 25, 2007

購入CD 1/25

FUTURE OF FORESTRY / TWILIGHT
WOODALE / FINISH WHAT YOU START(EP)

FUTURE OF FORESTRYのEPを9月に買ったのに、
聴かないままアルバムが出ちゃった・・・

WOODALEはピアノ美メロエモで和みますね。
MySpace

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 24, 2007

君に届け / 椎名軽穂

Kiminitodoke2最近買ったマンガで泣けたのが「君に届け」です。

主人公・貞子がとにかくピュアでひた向き。
なんとかクラスメートと仲良くしようとするんだけど、
不気味な外見のせいで恐れられちゃっている。
クラスの人気者・風早君だけは普通に接してくれる。
風早と接しているうちに吉田&矢野さんとも仲良くなった。
しかし自分達の悪い噂を貞子が流しているという話を聞いた吉田&矢野、
自分と接しているせいで吉田&矢野が傷付いていると思った貞子は、
二人から距離を置くようになる。本当は仲良くしたいのに・・・
吉田&矢野も貞子の本心を知りたい。

というのが1・2巻のあらすじなんですけど、
貞子がホントに良い子なんですよ。
そして見た目ギャルの吉田&矢野も凄くいいヤツ。
2巻ラストで貞子と吉田&矢野が誤解を解くため話をするんだけど、
そのシーンはマジで泣けます。

マンガで泣くなんて初めてかもしれない。
少女マンガのベタベタキラキラなラブシーンなんて無いし、
男性でも違和感無く読めますので、是非読んでみて下さい。

「マンガがあればいいのだ」さんのほうが
私の100倍分かりやすく感動的に説明してあります(笑)
「君に届け」~伝えたい、生まれてしまった、だいすきの気持ち~
友達になりたい・・・そんな貞子の切なさ全開!「君に届け」第2巻が泣けます

| | Comments (25) | TrackBack (0)

Jan 23, 2007

MY CHEMICAL ROMANCE / THE BLACK PARADE

Mychemicalromancetheblackparade SAMPLE
Reprise Records所属、ニュージャージー出身の5人組みバンドが06年に発表した3rd。
前作の激情エモからかなり変化していて、QUEENの影響を感じさせる大仰なハードエモになっています。
オペラティックなVo.ハーモニー、G.オーケストレーション、ストリングス、
起伏のある展開等は明らかにQUEENの影響でしょう。
QUEENの他にもLITTLE ANGELSTHE DARKNESSぽいところもあり、
誤解を恐れずに言うならエモというよりハードロックに近いかもしれない。
キャッチーで聴きやすい洗練されたメロディが中心で、楽曲の充実振りは見事です。

明るく楽しいポップチューン "Dead!"、
躍動感溢れるカッコいいHR "This Is How I Disappear"、
QUEEN風ハーモニーのドラマティックハード "The Sharpest Lives"、
駆け上がる爽快感を味わえるキラーチューン "Welcome To The Black Parade"、
スウィートでメロウなバラード " Don't Love You"、
ロマンティックで美しいバラード "Disenchanted"、
美しいハーモニーの劇的メロディアスチューン "Famous Last Words" が好き。
ルックスやイメージに捕らわれないで、取り合えずタイトル曲を聴いて欲しい。
【88点】

| | Comments (10) | TrackBack (0)

Jan 19, 2007

購入CD 1/19

BEFORE THE DAWN / THE GHOST
SLUMBER / FALLOUT
DAN MACAULAY / CAPTURED AGAIN

Dan MacaulayがCDBabyから到着。
CDを整理したら未聴CDが100枚近くあった・・・
とりあえず2006年発表から聴いていこう。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Jan 13, 2007

SANCTUS REAL / THE FACE OF LOVE

Sanctusrealthefaceoflove SAMPLE
Sparrow Records所属、オハイオ州出身、4人組みクリスチャン・ロック・バンドが06年に発表した3rd。
土の匂いのするアメリカン・ポップロックど真ん中で、ピアノやアコギを効果的に取り入れたアレンジで、躍動感のあるG.を軸とした漢くさいメロディを聴かせてくれます。
Vo.のMattはエモーショナルで味わい深い歌唱で、このサウンドにピッタリですね。
どの曲も一定以上のクオリティを持っていて最後まで聴かせるのですが、
ただ前作のようなはじけるような躍動感が薄れて、
全体的に落ち着いた地味な楽曲が増えたのが残念です。
"Everything About You""Alone"のようなガツンと来る曲が欲しかった・・・

ヘヴィなリフのスケールの大きいロック "I'm Not Alright"、
漢の哀愁を感じさせるカッコいいロックチューン "Eloquent"、
壮大なスケールのポジティヴなメロディがたまらない "The Face Of Love"、
エモーショナルなメロディがじわりと沁みる "Don’t Give Up"、
キャッチーで躍動感のあるポップロック "We’re Trying"、
ドライブ感が気持ち良いパワーポップ "Possibilities" が好き。
Jeremy CampDOWNHEREといったポップロックファンにお薦めです。
【85点】

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 12, 2007

購入CD 1/12

DROPPING DAYLIGHT / BRACE YOURSELF
SILENT FORCE / WALK THE EARTH

SILENT FORCEの2曲目、試聴機で聴いていて鳥肌立ったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 11, 2007

秋山、クリーム塗って失格

対桜庭戦でヌルヌル疑惑のあった秋山ですが、
クリームを塗っていたことが判明し、失格処分となりました。
Yohoo!スポーツ

「ワセリン、タイオイルは認められないが、クリームはOKだと思っていた」って
どうなんでしょ、このコメントは。
明らかに言い訳くさいですよね。
だったら疑惑が出た時にそれを最初に言うべきだと思うんですが。
「多汗症なんでそれですべったのかも」なんて言う前にね。
グローブ疑惑はうやむやにされてしまいそうな感じですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 10, 2007

I AM GHOST / LOVERS' REQUIEM

Iamghostloversrequiem SAMPLE  Video"Our Friend Lazarus Sleeps"
Epitaph Records所属、カリフォルニア出身、6人組みのエモバンドがEPに続いて06年に発表した1stフル。
激しくドラマティックで美しいメロディのハードエモで、そこに女性ヴァイオリニストと女性Vo.の導入によるゴシック的な要素がこのバンドならではのオリジナリティを出しています。
ハーモニー・ヴァイオリン・Key.の緻密なアレンジ、練られたドラマティックな展開、
どれをとっても新人離れしたクオリティです。
前半は激しく疾走する曲中心ですが、
後半はゴシックメタルといってもいいくらいのメランコリックでメロウな曲中心です。

畳み掛ける展開に圧倒される超カッコいい名曲 "Our Friend Lazarus Sleeps"、
HMなリフのカッコいいメロディアスチューン "Killers Like Candy"、
ドラマティックに疾走するスクリーモ "Dark Carnival Of The Immaculate"、
スクリームとキャッチーなメロが見事に同居する
"Pretty People Never Lie, Vampires Never Die"、

女性Vo.との掛け合いがカッコいい "Lovers Requiem"、
ポップなメロディが印象的な "We Are Always Searching"、
ゴシック色を前面に出したメランクリックな "This Is Home"、
EVANESCENCぽさを感じさせるゴシックメタル "Beyond The Hourglass"、
あまりにもメランコリックで美しい "The Malediction" が好き。
SAOSINMY CHEMICAL ROMANCE、そしてHMファンにもお薦めな名盤。
【91点】


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 09, 2007

自分の立ち位置

自分の立っている位置が人の流れの邪魔になってませんか。

コンビニで、レジに対して垂直に並んで通路をふさぐ。
改札口のそばでたむろっている。
書店などの狭い通路で、リュックを背負っている。
自転車で信号待ちをして歩行者通路をふさぐ。
電車で降りる人がいるのにドアのそばに居座る。

自分が神経質なのかもしれませんが、最近凄く気になってイライラします。
携帯が普及してからと思うんですけど、回りを気にしない人が増えた気がします。

自分が特に気になるのはレジの並び方。
レジに対して平行に並ぶのが正しいんですけど、垂直に並ぶ人が殆どですね。
レジのところに、「このようにレジに沿ってお並びください」みたいな、
案内図が貼ってあるところがありますよね。
平行に並べば通路をふさぐ事も無いのに、垂直に並ぶから邪魔なんですよ。

この前なんか、コンビニでレジに沿って並んだら、
自分の後ろに付いた人が、何を考えてるんだか
レジに対して垂直に並びました。アホか。

もうちょっと回りに対して気を配って下さい。
みんなが気持ちよくすごしていけるようにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 08, 2007

BROTHER FIRETRIBE / BREAK OUT

Brotherfiretribebreakout SAMPLE
Spinefarm Records所属、フィンランドのメロディアス・ハードバンドが06年に発表した1stで、G.はNIGHTWISHEmppu Vudrinen、Vo.はLEVERAGEPekka Ansio Heinoです。
Key.を大フィーチャーした華やかな80sメロディアスハードで、このKey.が80sまんまで(笑)、FATEの1stやVAN HALENの「5150」を思い起こさせるシンセ系の音色で、ジャージャッ♪と空間を埋めるようなプレイをするのでもうたまりませんね。
展開もメジャーな明るくアメリカンなノリで、かといって能天気系ではなく、
キャッチーなフックラインの合唱が起こるようなメロディが中心です。
やや不安定なVo.と大味なメロディなど課題はありますが、
それを超える80sモロだしなサウンドは魅力的でワクワクしますね。

メタルアンセム的なドラマティックチューン "Break Out"、
ポジティブなメロディの80sど真ん中チューン "Valerie"、
分厚いゴージャスなKey.にガッツポーズの "I'm On Fire"、
シリアスで胸に沁みるバラード "Love Goes Down"、
超80sなKey.とメロに悶絶必至のキラーチューン "One Single Breath"、
原曲のカッコよさを見事に引き出した "Mighty Wings"(ボートラ) が好き。
80sファンは取り合えず"One Single Breath"のPVを見るべし!
【87点】

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Jan 06, 2007

新日本ドーム大会

1月4日の新日本ドーム大会をTVで見ました。
ここ最近の新日の充実振りを感じさせる、ピュアなプロレスでした。
昨年前半のグダグダっぷりが嘘のようですね。

その中、異質な光を放っていたのが鈴木対永田ですね。
お世辞にもスマートとは言えない情念のぶつかり合い、
特に腕殺しに入ったときのキラー永田のイッちゃった表情、もう最高!
普段の永田は正直あまり面白くないんですが、
昨年の村上戦といい、キラーになったときは凄く魅力的です。

その他良かったのが中邑対川田
四天王プロレスにどっぷりハマッたものとしては、
川田にどうしても思い入れがあります。
相変わらずの殴る蹴るの無骨なスタイルに真っ向勝負の中邑。
バックドロップをくらってもやせ我慢ですぐ立ち上がる。
いや~ホントバカですね(褒め言葉)

見に行きたかったなぁ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jan 05, 2007

FAULTER / DARLING BUDS OF MAY

Faulterdarlingbudsofmay_1 SAMPLE
Abacus Recordings所属、カリフォルニア出身のエモバンドが06年に発表した1st。
影を落とした哀愁メロディを聴かせる美メロ/ハードエモで、しっとりとした美しいメロの曲からスクリームの入るハードな曲まで幅広い音楽性を持っています。
ANBERLIN、WAKING ASHLAND、THE RED JUMPSUIT APPARATUSなど、
様々なバンドを思い起こさせるところがありました。
ハードな曲はカッコよく、メロウな曲は繊細で美しく、
そのメロディは深く心に沁みこんでくるエモーショナルなもので、
メリハリのある流れで一気に聴かせます。これぞエモ!
個性はありませんが作曲センスは新人離れしたものを持っていて、
ブレイクする可能性充分です。

躍動感のある心地よいポップチューン "Sixes & Sevens"、
爽快でカッコよくドライヴィングする "I Think We Need To Talk"、
包み込むような美しいメロディに悶絶の超名曲 "October 16th"、
ザクザクG.がカッコいいハードチューン "Through With False Starts"、
しっとりと染みわたる哀愁バラード "Ten In The Clear"、
HM的なG.による怒涛のハードチューン "Remember"、
壮大なスケールでドラマティックに展開する "Chaos & Monotony" がお薦め。
エモファンは要チェックでしょう!
【89点】


| | Comments (11) | TrackBack (0)

お正月は2日まで?

本日ようやくお休みでマッタリ過ごしています。
起きたら15:00過ぎていていました(笑)
ああ、せっかくの休みなのに・・・・

しかし今年は牛肉が売れませんでしたね。
2日までは大型パックなどバンバン売れて忙しかったんです。

で、3日も気合入れて朝からバシバシ切って、売場にドーンと出したんですが・・・
あれ?全く売れないんですけど(汗)
和牛のうす切りなんて午前中で3pしか売れてません。
昨年は3日が一番売れたのになぁ・・・

当然大残りで、4日は完全に平日モードで豚鶏中心で、
牛肉は値引きしても全然売れませんでした。
仕様が無いんで売れ残った牛肉を買って帰りました。
今日の夜飯はしゃぶしゃぶです(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Jan 01, 2007

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

12月後半はまったく更新できませんでした。
毎年この時期は忙しいのですが、今年はハンパじゃなかったです。
毎日5:30起きで帰宅は23:30、休日出勤当たり前みたいな。
加えて風邪をひいては治っての繰り返し。

特に年末はハードでしたね。
5:00に出勤しないと間に合わないことが判明し、
仕方なく仕事場の最寄り駅のホテルに泊まりました。
だって始発に乗っても間に合わないんだもん(笑)
昨日も帰宅したら0:00過ぎてました(泣)

まぁ1月4日を過ぎれば少しは落ち着くと思います。
2006年Bestは多分2月くらいになっちゃうかと。
聴いてないCDがいっぱいあるのでそれを聴いてからじゃないとね。

こんな調子ですが、2007年もよろしくお願いします。


HDDの残量が少なくてK-1ダイナマイトの録画が途中で終わってた・・・
桜庭対秋山、ヌルヌル疑惑らしいですね。見たかったよー。
[追記]
YouTubeに早速アップされてました。
う~ん、確かに片足タックルがあんな風に抜けるというのは?ですね。
桜庭がタイムを要求したときに調べればよかったと思うんですけど・・・


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »