« November 2006 | Main | January 2007 »

8 posts from December 2006

Dec 15, 2006

THROW THE FIGHT / THE FIRE WITHIN

Throwthefightthefirewithin SAMPLE
ミネアポリス出身、5人組みバンドの4曲入りEP。
メタリックなハードG.に漢クサいメロディのエモ/HMで、時折ハーモニーも聴かせるエッジの立ったG.はヘヴィメタルからの影響を強く感じます。
Vo.がメロディを丁寧になぞりながらも漢クサい無骨さを漂わせていて、
かなりカッコいいですね。
アレンジ・プロダクションを含めてまだ新人らしい未熟さはあるものの、
曲作りのセンスは感じられ、大いに期待が持てます。

美しいG.ワークにキャッチーなサビの "Left Here"、
ザクザクしたリフがカッコいい "Our Horizons"、
カッコよく疾走する漢クサいメロディの "Endless Struggle" が好き。
カッコよさは保障付きです。
【85点】

| | Comments (471) | TrackBack (0)

Dec 14, 2006

JEREMY CAMP / BEYOND MEASURE

Jeremycampbeyondmeasure SAMPLE  Video"Tonight"
Bec Recordings所属、クリスチャンSSWの4th。
エモーショナルで漢くさい王道アメリカンロックで、NICKELBACKLIFEHOUSEをポップにした感じがします。
Jeremyの漢くさいディープヴォイスはカッコよく、この音楽性にピッタリです。
土くさいながらもアレンジがよく練られていて洗練されていて、
メロディもエモーショナルで味わい深く、壮大なスケールを感じさせる
キャッチーでヒット性のある聴きやすいロックに仕上がっています。

高揚させる爽快なサビにガッツポーズの王道ロック "Tonight"、
明るくポジティブなポップチューン "What It Means"、
ジワリと沁みるエモーショナルなメロディの "Let It Fade"、
男の哀愁を感じさせる超カッコいいロック "No Matter What"、
心洗われるような高揚感を味わえるメロウチューン "Take A Little Time"、
アコギをバックにしっとり唄いあげる "Give Me Jesus" がお薦め。
CCMファンは当然要チェックです。
【88点】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 13, 2006

モラルの低下

図書館の本、傷だらけ…「切り抜き」「線引き」横行
あのねぇ、図書館の本はあなたの物じゃないでしょ。
そんなことも分からないんですかね。

給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」
お金があるのに払わないなら、その子供には給食を出さないようにすべきです。
これじゃ食い逃げと同じです。ああ、恥ずかしい。
こんな親に育てられたらそりゃ子供もモラルがあるわけないですよね。

増える救急車出動/有料化は必要か
タクシー代わりに使っている間に本来助かる命が助からなくなるかもしれない、
ということを考えないんですかね。
こういう人はブラックリストに載せて電話が掛かってきても無視すべきです。


日本人はいつからこんなにもモラルが低くなってしまったのでしょうか?
周りや他人に対するほんのちょっとの気遣いをするだけでいいのに...
新聞を読むたびにいつも怒りと情けない気持ちになります。

結局自己中な人が増えて、自分さえ良ければ他の人はどうでもいいんでしょう。
ちゃんとルールやモラルを守っている人達が損をするのはおかしいです。


| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 12, 2006

ANTHONY CALLEA / A NEW CHAPTER

Anthonycalleaanewchapter SAMPLE
Australian Idol第2シーズンの準優勝者の2nd。
今作では1曲を除いて彼自身が作曲に関わっています。
スウィートで美しいメロディのボーカルポップスで、前作と比べてポップチューンにおいてロック色が出ていて力強くなっているのはうれしい変化でした。
AnthonyのVo.はオーディション・アイドル系としては卓越した表現力を持っていて、
その存在感と説得力は圧倒的です。
バラードはストリングス中心の大仰でドラマティックなものが多く、
凄まじい歌唱力で聴き手を引き込んできます。
アレンジ・プロダクションとも文句無しのハイクオリティで、
さすがのバックアップ体制ですね。

アダルトな雰囲気の哀愁バラード "A New Chapter"、
大仰でドラマティックなパワーバラード "Perfect Mistake"、
爽快でカッコいいポップロック "Addicted To You"、
極上のVo.でうっとりさせるバラード "Best I Can Be"、
オーケストラをバックに壮大に唄い上げるキラーバラード "Live For Love"、
ポジティブなメロディが素晴らしいロックチューン "Stranded"、
G.をフィーチャーしたメロハーチューン "There's Always Time"、
切なく美しいメロディが沁みるポップス "Almost"、
NELSONを思わせる爽やかチューン "Runaway"、
オーケストラをフィーチャーした壮大で感動的なバラード "Now You're Gone" と、
名曲佳曲揃いの捨て曲無しです。
ボーイズポップスファンは必聴です。坊主はやめてほしいけどね(笑)
【92点】

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Dec 11, 2006

購入CD 12/11

MY CHEMICAL ROMANCE / THE BLACK PARADE
BOWLING FOR SOUP / THE GREAT BURRITO EXTORTION CASE
SOFIA LOELL / RIGHT UP YOUR FACE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 10, 2006

PRIDE OF LIONSの新曲

Poltheroaringpic1

PRIDE OF LIONSの新譜「THE ROARING OF DREAMS」から4曲が
Frontiers Recordsで公開されました。

変わらずの超王道メロディアスハードです(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Dec 07, 2006

HAREM SCAREM / HUMAN NATURE

Haremscaremhumannature SAMPLE
カナダのメロディアスハード・バンドの11th。
躍動感のあるG.にビッグ・ハーモニー、キャッチーなメロディと、メンバーの「ファンが望む1st・2ndのころの音楽性を目指した」と言う発言どおりのメロディアスハードです。
方向性に全く迷いが感じられません。
骨太な力強いG.とハーレム印のハーモニーをまとった
高揚感を呼び起こすメロディが高い次元で見事に融合しています。
個人的には1st・2ndに続くクオリティの作品だと思います。

ビッグハーモニーのサビがHaremらしい "Human Nature"、
明るく突き抜けるサビのポップセンスが見事な "Next Time Around"、
ポジティブなメロディが素晴らしいハードポップ "Reality"、
哀愁漂うパワーバラード "Hanging On"、
QUEEN風ハーモニーが気持ち良い "Don't Throw It Away"、
メロウで優しいメロディが包み込む "Starlight"、
ドラマティックなサビに悶絶のキラーチューン "Tomorrow May Be Gone" が好き。
メロハーファンはもちろん、かつてのHaremファンも必聴です。
【88点】

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Dec 06, 2006

購入CD 12/6

ANTHONY CALLEA / A NEW CHAPTER
THE SOPHOMORE YEAR / YOU ARE HERE...SHE IS THERE
AGNES / WHEN THE NIGHT FALLS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2006 | Main | January 2007 »