« 購入CD 6/12 | Main | PAUL BALOCHE / A GREATER SONG »

Jun 13, 2006

CCMを広めたいっ!

もどかしい。
Paul Balocheを聴いていてそう思ってしまいました。
こんな素晴らしい作品が、日本では知られずに埋もれていってしまうのは罪です。
Paul Baloche/A Greater Songで検索しても日本のサイトはひっかかりません。

Krystal MeyersBrian Littrellの日本盤が出ても、
CCMというカテゴリーについては紹介されず、認知度は変わっていません。
ちょっとでも紹介されて興味を持ってくれればと期待していたんですが。

これまでも、そしてこれからも多くのCCMアーティストが知られずに、
過ぎ去っていってしまうのでしょうか。
TOMさんがこちらで書かれているように、アメリカではセールスを上げているので、
日本で知られなくてもどうってことないのかもしれませんが...
TOMさんやペコさんが詳しく紹介していますが、私も微力ながら
一人でも多くの人に聴いてもらえるように紹介していきたいと思います。

ところでBURRN!の藤木氏はCCMは聴いていないのでしょうか。
今月の記事で読者から送られてきて初めて聴いたという、
Anders Johanssonが紹介されていましたが、
私もMark SchultzPaul Balocheを送ってみようかと思っていまいましたよ(笑)
藤木氏の影響力は絶大なものがありますからね。

|

« 購入CD 6/12 | Main | PAUL BALOCHE / A GREATER SONG »

Comments

こんばんは。
いや~、何か勢いだけで書いてしまいました。

>キチンと具体的に、そして、継続的に紹介する媒体がなければ
全くその通りですね。
クオリティはもはや問題無いので、知ってもらえさえすれば、
私のようにハマってくれると思われるんですが、
今の状況では難しいでしょうね。
blogでの草の根運動では限界がありますが、
それでも良い作品を紹介したいと思います。
押忍!

Posted by: RABI | Jun 15, 2006 at 11:47 PM

こんにちは、RABIさん!押忍。気合入りまくりの今回の記事メチャメチャ感動しながら読ませて頂きました。(涙)「CCMを広めたいっ!」この素直で、単純な気持ちがビンビンに伝わってきました。これこそが、「CCM魂!!!」(すみません、なんか体育会系ののりになってしまいますが!)

日本でのCCMの紹介の仕方は、どうしても商法的な手法がCCM本来のカテゴリーを抜きにしたものになっており、そうしなければ売れないという固定概念があるように思われます。異文化・宗教・習慣といった背景を前面に出すと「売れない」といった気質があるのでしょう!でもそういった本質的な部分を無視して、果たして永続的に消費者に受け入れられるということはないと思うんです。(あかん、熱くなっています・・・)

「いいものは、いい!」単純なことなのですが、これだけを連呼するだけでは、ダメで、それをキチンと具体的に、そして、継続的に紹介する媒体がなければ、普及することはありえませんよね!営利的な活動ではないのですが、その手法は考えていかなければと日夜頭を悩ませておりやす!
BURRN!の藤木氏、このブログを見ておくれやす・・・・!そして、RABIさん有難うございます。なんか、メチャPOWERを頂きました。(20年前に空手をやっておりましたが、少し復活して自分自身に「闘魂」を注入しなおさなくてはいけないと思っている、TOMでした!)すみません、長いコメントになってしまいました。

Posted by: TOM | Jun 15, 2006 at 11:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51297/10511845

Listed below are links to weblogs that reference CCMを広めたいっ!:

« 購入CD 6/12 | Main | PAUL BALOCHE / A GREATER SONG »