« April 2006 | Main | June 2006 »

22 posts from May 2006

May 25, 2006

PATRIK ISAKKSON / PATRIK ISAKSSON

Patrikisaksson sample
スウェーデンのAOR/POPSアーティストの4th。
前作にあった大仰さが無くなって、ほのぼのしたロマンティックでスウィートなポップスになっています。
とは言っても、前作で見せたストリングス・ハーモニーアレンジによるドラマティックさの演出によってメリハリを付けて、飽きさせずに聴かせてくれます。
ノスタルジーを感じさせるクサい哀愁メロディがじわりと沁みてたまりませんね。

ノスタルジーを感じさせるほのぼのポップス "Innan Klockan Slar"、
哀愁漂うロマンティックチューン "Var Sista Dag"、
懐かしくしっとりとしたサビがたまらない "Faller Du Sa Faller Jag"、
爽やかで和む "Vi Mot Dom"、
ドラマティックなスウィートバラード "Langt Harifran"、
ノリのよいダイナミックなポップチューン "Det Var Langesen"、
マイルドなハーモニーで聴かせる "Vinternatt" が好き。
コテコテ大仰チューンが無くなったのは残念ですが、
クオリティの高いポップスが楽しめる一枚です。
(88点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入CD 5/25

PAUL BALOCHE / A GREATER SONG
THE FRAY / HOW TO SAVE A LIFE
DISARMONIA MUNDI / MIND TRICKS

HMV池袋店でDISARMONIA MUNDIを買って来たら、
HMVから「DISARMONIA MUNDIの発送準備ができました」のメールが...
注文していたの忘れてたぁあああああ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 24, 2006

エマ 7巻(ネタバレ)

Ema7ついにエマ最終巻の発売です。
むちゃくちゃ分厚いです。通常の1.5倍くらいあります。

しっかし、すっきりしない終わり方ですなぁ。
ウィリアムとエマさんが結婚するのはいいんですけど。
ジョーンズ家の人達とエマさんがどう接していくのか、
感動的な結婚式のシーンも無いし、
結婚後の2人がどうなるのかetc...
これからといったところなのに。
正直言ってメイドのエマさんの話をもっと読みたかったなぁ。
外伝を書くということなので、それに期待しましょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 22, 2006

STARFIELD / BEAUTY IN THE BROKEN

Starfieldbeautyinthebroken_1 sample
カナダのクリスチャン・ロックバンドの2nd。
プロデュースは売れっ子Ed CashMatt Bronleewe
エモーショナルでパワフルなポップロック。
Cris TomlinBLACK LABと同系統の、土の香りがするアメリカンポップロックで、前作から大きくスケールアップしています。
味わい深くエモーショナルなVo.による、高揚感を呼び起こすポジティブなエネルギーに満ち溢れたそのメロディは素晴らしく、心を洗い清めてくれるかのようなすがすがしい感動を与えてくれます。
リバーブのかかったクリアG.とアコギのコンビネーションによる、
壮大で広がりのあるプロダクションも見事です。

モダンさを持ったパワフルなロック "My Generation"、
「You Are~♪」のフレーズに悶絶のキラー "Hand That Holds the World"、
しっとりとエモーショナルで沁みる "Son of God"(Featuring Cris Tomlin)、
高揚感のあるドラマティックなサビがたまらないキラー "Great Is the Lord"、
ポジティブなエネルギーに溢れたポップロック "Love Is the Reversal"、
突き抜けるような爽快さにガッツポーズの超名曲 "Glorious One" がお薦め。
全ての洋楽ファンに聴いてもらいたい、名曲揃いの名盤。
(94点)


| | Comments (3) | TrackBack (0)

タクシーはお釣りを用意してくれよ

先日、通勤でバスが目の前で行ってしまって次のバスまで15分以上あったので、
仕様が無くタクシーを利用して支払いになった時のことです。

5千円札と小銭しかなく5千円札を出すと、
「千円札足りないんですけど、細かいのありませんか?」
プチッ(怒)
はぁ?何でお釣りくらい用意してないのさ。
たった千円札3枚だよ?

「ありません!」
結局近くのコンビニで両替してくるので待ってて欲しいとのことで、
その場で3分ほど待たされました。

このような事は一度や二度ではありません。
そのためタクシーに乗るときはいつも千円札があるか確認しています。
何でお釣りをきちんと用意してないんでしょうか?
防犯上の問題とか色々あるのかもしれませんが、
ハッキリ言って客商売失格ですよ。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 20, 2006

購入CD 5/20

ANGEL & AIRWAVES / WE DON'T NEED TO WHISPER
CHICAGO / TWENTY 1

BLINK182のTom DeLongeの新バンドA&A、
"The Adventure"のPVをたまたま見てKOされました。
日本盤のみにそのPVが収録されていてお得ですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 18, 2006

TAKING BACK SUNDAY / LOUDER NOW

Takingbacksundayloudernow sample video "MakeDamnSure"
アメリカのエモバンドの3rdでメジャーデビュー作品。
ハードでメロディアスな胸キュンエモ。
かき鳴らすカッコいいG.、その中にハッとするようなエモーショナルなフレーズを盛り込み、時に泣きそうな声で感情を吐き出すVo.が唄う強力な破壊力の胸キュンなメロディ、まさにエモ中のエモです。
後半にドラマティックに盛り上がる展開は悶絶モノです。

グルーブ感のある超カッコいいエモ "What It Feels Like To Be A Ghost"、
エモいメロディで疾走する "Liar (It Takes One To Know One)"、
とても切ない胸キュンポップチューン "MakeDamnSure"、
エモーショナルでドラマティックな "My Blue Heaven"、
カッコいいG.にエモいメロディがたまらない "Twenty-Twenty Surgery"、
激しく疾走して漢の哀愁を撒き散らす "Spin"、
サビのエモさに悶絶の名曲 "Miami"、
激しいリフと泣きそうなサビがエモ過ぎのキラーチューン "Error Operator" と、
名曲揃いのエモファン必聴の名盤です。
(94点)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 17, 2006

残高400円!?

先日「保険料2ヵ月分未払い」の手紙が来まして、何かの間違いだろうと思いつつ、
同封されていた支払い用紙を持ってコンビニに行きました。
念のためコンビニのATMで残高を確認すると何と400円!

「あり得ない。この口座には何十万か入っていたはず...
まさか不正引き落としで全額引き落とされたのか?」

この口座はクレジットの引き落とし用で、キャッシュカードも通帳も家の引き出しに
何年もしまいっ放しで、スキミングされたり暗証番号を読み取られたりというのは
ありえません。

翌日銀行に行って何年か振りに記帳しました。
怪しい引き落としは無くホッと一安心。
2年半前に100万入金して毎月のクレジットの引き落としで400円になっただけでした。
つーか2年半で100万も使ったのか、ダメじゃん俺(汗)
念のため暗証番号を変えておきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 16, 2006

重過ぎで更新できません

最近のココログは夜が重過ぎで全然更新できません(怒)
投稿画面にたどり着くまでに一苦労で、
記事を反映させてようとしても、さんざん待たされたあげくにエラー。
書いた記事がパーになってしまうので、最近はメモ帳に一旦保存してます。

ムカツクのは、ココログ側がこの状況に対して何のコメントも出さないこと
放置プレイもいいかげんにせいよという感じです。

今は19時なのでさすがに投稿できますが、それでも少し重いなぁ。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

購入CD 5/16

STARFIELD / BEAUTY IN THE BROKEN
RUN KID RUN / THIS IS WHO WE ARE

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 15, 2006

購入CD 5/15

JOEL ENGLE / MADE FOR WORSHIP
DALTON / TASTE THE SKY
PATRIK ISAKSSON / PATRIK ISAKSSON

Patrik Isakssonの新譜、大仰さが無くなってマイルドになってるけどいいよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 13, 2006

GOO GOO DOLLS / LET LOVE IN

Googoodollsletlovein sample
アメリカンロックバンドの8th。
前作とは変わって、今作では吹っ切れたかのような希望に溢れたポジティヴなメロディ中心の、非常にメロディアスな洗練された作品になっています。これはプロデューサーのGlen Ballard(ex.PLANET3)によるところが大きいと思われます。
ストリングスやKey.が目立っており、ドラマティックさに大きく貢献しています。
ロック色が弱まって物足りない人もいるかもしれませんが、
楽曲の充実度は文句無く、強力なフックを持ったメロディラインが
深い感動をもたらしてくれます。
ただ、この方向性においてはRobbyのしゃがれたVo.はマッチしていなく、
違和感を感じるのが正直なところです。

ポジティヴなサビがガッツポーズものの超名曲キラー "Stay With You"、
切なく前向きなメロディが沁みるメロウチューン "Let Love In"、
穏やかで味わい深い "Feel The Silence"、
ストリングスがドラマティックに盛り上げる名曲 "Better Days"、
アコギをかき鳴らす王道アメリカンロック "Can't let It Go"、
ガッツポーズものの爽やかチューン "Strange Love"、
美しく心に沁みるバラード "Become" など名曲佳曲揃いです。
GOO GOO DOLLSの最高傑作と言える名盤です。
(94点)

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 12, 2006

HUNDRED REASONS / KILL YOUR OWN

Hundredreasonskillyourown sample
UKエモバンドの3rd。
漢クサいストロングなエモ。
骨太なG.にバキバキのB.、ラウドなDs.というグルーブ感のあるパワフルなバックに、漢クサい哀愁のあるメロディが乗るエモです。
硬派ど真ん中で爽やかさは皆無ですが、ぶっきらぼうながらサビのメロディが
しっかりしていてカッコいいフックがあります。
この生々しいプロダクションは聴いていると疲れるので、
体力が無いときはちょっとつらいですね(笑)

ヘヴィなグルーブ感のあるカッコいいエモ "Broken Hands"、
うねりながら畳み掛けてくる "Kill Your Own"、
キャッチーな哀メロがGoodな "Destroy"、
切ないメロディが非常にエモい "The Chance"、
漢の哀愁が漂うメロディアスチューン "The Perfect Gift"、
カッコよさにしびれるアップテンポチューン "Feed The Fire"、
高揚感を呼び起こす超カッコいいキラーチューン "Casual Friday" がお薦め。
ボートラ2曲が凄く良い曲なんで、日本盤をお薦めします。
(85点)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 11, 2006

Brianのソロは日本盤を買うべし

Brian
Brian Littrell「WELCOME HOME」日本盤には、
何とあの"In Christ Alone"がボートラで収録されます。
この曲はワーシップソングの名曲ですが、BrianのVo.が絶品です。
私はその1曲のために「Wow ♯1s」を注文してしまいました(泣)
と言う訳で日本盤がお薦めですよ~。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

May 10, 2006

SHAYNE WARD / SHAYNE WARD

Shayneward sample sample
UKのオーディション「THE X-FACTOR」優勝者の1st。
プロデュースをPer Magnusson And David Kreuger、Cutfather And Joe、Quiz And Larossi、Steve Macが担当。
って殆どWESTLIFEといっしょですね。
スウィートでマイルドなバラードアルバム。
1曲以外全てバラードという徹底振りで、しっとりと落ち着いた曲調でアレンジもシンプルにして、ShayneのVo.を最大限に聴かせる方向性のプロデュースになっています。
Shayneの甘くうっとりする声質のVo.はこの手のバラードと相性ピッタリですね。
特にファルセットが魅力的で好きです。
ただ落ち着いたバラードばかりで、最初は印象が薄いかもしれません。
"What About Me" のような感情を高ぶらせて熱く唄うバラードがもっとあれば
良いのにというのが正直なところで、聴き込みが必要な作品であると言えます。

"No Promises" はBryan Rice、"All My Life" はK-Ci & Jojo、
"You're Not Alone" はMichael Jackson、"I Cry" はWESTLIFE、
"What About Me" はMoving Pictures(Shannon Nollもカバー)、
"Back At One" はBrian McKnightのカバーです。

ロマンティックなバラード "That's My Goal"、
ファルセットVo.が非常に美しい "No Promises"、
伸びやかなVo.が堪能できる "Stand By Me"、
穏やかで和むスウィートポップス "All My Life"、
しっとりとアダルトな "You're Not Alone"、
壮大に唄い上げる感動的な "What About Me"、
ストリングス・ピアノをフィーチャーしたドラマティックな "Someone To Love"、
スウィートでロマンティックな "Something Worth Living For"、
ファルセットVo.が美しく感動的な "A Better Man" が好き(殆どじゃん)。
WESTLIFEのようなスウィートバラードが好きな人は必聴でしょう。
(90点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入CD 5/10

LAKOTA / HOPE FOR THE HAUNTED
STILL REMAINS / OF LOVE AND LUNACY

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2006

これはメタルだ!

Burrn6BURRN!6月号で「これはメタルだ!」という記事がありまして、最近のメインストーリームにはコテコテのメタルをやっているバンドが増えている、ということらしいので、もはやエセメタラーになってしまった私ですが(笑)、一応紹介されていた全バンドを聴いてみました。


AVENGED SEVENFOLD / CITY OF EVIL
昨年に買っていて殆ど聴いてなかったんですけど、
メロスピ+パンクって感じですね。
サビで突然明るくキャッチーになったりして、思わずニヤリ。
Vo.もクリーンに唄っているし、凄くメロディアス。良いっすね。

SHADOWS FALL / OF ONE BLOOD
これも何故か持ってました(笑)。
リフが今時らしからぬスラッシュメタルぽくて、Vo.はデスVo.と吐き捨てVo.。
ザクザクと切り裂くカッコいいリフの中に時折メロディアスさが見えて、
Vo.も吐き捨てパートはしっかりとメロディがあって、これは結構良いですよ。

KILLSWITCH ENGAGE / ALIVE OR JUST BREATHING
これも当時買ったヤツ。
おお~デスラッシュぽくて、G.フレーズが凄くカッコいい。
構成が練られていてメリハリがあってドラマティックです。しびれた。
クリーンVo.パートは思いっ切りメロディアス。

STILL REMAINS / OF LOVE LUNACY
これはネットで試聴しました。
サビがクリーンVo.でメロディアスというありがちなパターンなんですが、
そのサビがガッツポーズもののメロディアスさだったので、ポチッと注文しました。


他のバンドは自分にイマイチでした。
どのバンドもゴリゴリブルータル→クリーンVo.のサビと言うパターンで、
確かにG.リフとかはメタルなんですけど、ブルータルパートがみんないっしょ。
メロディが希薄なんで全然印象に残らないんですね。
エセメタラーが言うのも何ですが、これでは今一つ人気が無いのも分かる気がします。
そんな中でAVENGED SEVENFOLDの個性は抜きん出ていました。
これから人気出るんじゃないでしょうか。
個人的にはKILLSWITCH ENGAGEが凄く良かったですね。
このドラマティックさは正にメタルならではの高揚感を呼び起こしてくれます。


| | Comments (2) | TrackBack (1)

May 07, 2006

BRIAN LITTRELL / WELCOME HOME

Brianlittrellwelcomehome sample
BACKSTREET BOYSBrian Rittrellのソロアルバム。
優しく美しいメロディの王道CCM。
癒されるかのような美しさとマイルドながらダイナミックな抑揚のあるメロディが素晴らしく、プロダクション・ハーモニー・アレンジともに細部まで練られていて完璧です。
作曲陣もMark Harris、Joy Williams、Tony Wood、Dan Muckala、Billy Mann、
Dave Thomasと豪華で、当然クオリティは高いです。
BrianのVo.もスウィートかつ上手く、この手のCCMど真ん中サウンドにピッタリです。
まさにCCMの理想形と言える作品でしょう。

ストリングスが感動的に盛り上げる "My Answer Is You"、
切なく美しいメロディがたまらない "Wish"、
力強いポジティブさを感じさせる "Welcome Home (You)"、
マイルドで和むAORチューン " You Keep Givin・Me"、
爆発的な盛り上がりを見せるサビが素晴らしい "I'm Alive"、
ゆったりした優しさが心地良い "Grace Of My Life" がお薦め。
CCMファンはマストですよ、これは。
(91点)

*TOMさんがこちらでBrianの詳しいバイオを書かれています。

| | Comments (64) | TrackBack (1)

祝・GW終了(笑)

いや~、やっとGWが終わりましたね。よかったよかった(笑)
世間では5連休だ9連休だと騒いでいましたが、
人様が休む時に働くスーパー、私は2日しか休みがありませんでした。
GWはいつもより忙しいので毎日6時半に家を出ていました。
電車に乗ると、早朝だというのに大きな荷物を持ったグループが大勢います。
お出かけですか、いいですねぇ。
スーツ姿の人なんて私以外いませんよ(泣)

明日はお休みだ(喜)
みんなが働き始めると休む、う~ん幸せ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 06, 2006

購入CD 5/6

SEVEN PLACES / LONELY FOR THE LAST TIME
JADON LAVIK / LIFE ON THE INSIDE
DOMINOE / THE KEY

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 03, 2006

NICHOLE NORDEMAN / BRAVE

Nicholenordemanbrave sample
クリスチャン・シンガーソングライターが05年に発表した5th。
透明感のある美しいCCM。
張り詰めた雰囲気の中でしっとりと美しいメロディを聴かせるCCMで、Nicholeの時に重く時に美しく唄い上げるVo.が素晴らしく、圧倒的な存在感を示しています。
爽やかポップチューンが2曲で、あとはしっとりとシリアスな曲でメリハリに欠け、
後半がダレてしまうのが残念ですね。

キラキラキャッチーのガッツポーズ爽快チューン "Brave"、
悲しくも美しいメロディが沁みる "What If"、
しっとりと美しい哀メロを神々しく聴かせる "Someday"、
突き抜けるような爽やかなサビがたまらない "Real To Me"、
思い雰囲気から一転するサビが素晴らしい "Lay It Down" がお薦め。
女性Vo.の美しいCCMが好きなら要チェックです。
(84点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 02, 2006

購入CD 5/1・2

SHAYNE WARD / SHAYNE WARD
BRIAN LITTRELL / WELCOME HOME
DOMINOE / KEEP IN TOUCH
THE YEARS GONE BY / THE YEARS GONE BY
EVERY AVENUE / THIS IS WHY DON'T HAVE NICE THINGS

| | Comments (53) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »