« March 2006 | Main | May 2006 »

28 posts from April 2006

Apr 29, 2006

ROOKIE OF THE YEAR / THE GOODNIGHT MOON

Rookieoftheyearthegoodnightmoon sample
フロリダ産エモバンドの2nd。
哀愁漂う繊細な美メロエモ。
はかなげで繊細なメロディが深く染み入るエモで、アコギを巧みに取り入れたエモーショナルなギターも哀愁満載の美しいプレイを聴かせてくれます。
ふわっと包み込むようなメロディは優しく癒してくれるかのようです。
ファルセットを時折織り交ぜた、ちょっと頼りなげなVo.もエモいですね。

ダイナミックでエモいメロディがたまらない "Poison Like Your Own"、
しっとりした切なさが沁みる "Silhouettes"
ダイナミックな展開をする美しくエモーショナルなキラーチューン "Sign Of Her Glory"、
美しいメロディが深く沁みる感動的な名曲 "Liars And Battlelines"、
爽やかで和む "Pop Destroyed The Scene"、
ピアノをフィーチャーした、消えそうに繊細な "The Weekend"、
繊細ながら力強くドラマティックな "Enjoy This Drive" 他捨て曲無しです。
COPELANDIVORYが好きな人なら必聴です。
(90点)

| | Comments (34) | TrackBack (0)

購入CD 4/29

THE GOO GOO DOLLS / LET LOVE IN
NICHOLE NORDEMAN / BRAVE
VALENCIA / THIS COULD BE A POSSIBILITY
SEVEN GLORY / OVER THE ROOFTOPS
VALENTINE / THE MOST BEAUTIFUL PAIN

| | Comments (44) | TrackBack (0)

Apr 27, 2006

ANDERS JOHANSSON / ANDERS JOHANSSON

Andersjohanssonスウェーデンのアイドル、Anders Johanssonの3rd。
爽やかでスウィートなポップス。
10曲中8曲がバラードと、前作と比較して爽快ポップチューンが減っており、大人の雰囲気が増した今作ですがクオリティは相変わらず高いです。
前作と同じソングライターがKent Larssonだけというのも、
意図的に前作と違うものを作ろうとした結果なのかもしれません。
スウィートなバラードから爽やかポップスまで珠玉のメロディが満載で、
細部まで練られたハーモニー・ストリングスアレンジ、クリアなプロダクションと、
全く隙の無い完成度となっています。

スウィートで和む爽やかポップチューン "Last One To Know"、
突き抜けるような超爽快ガッツポーズキラーチューン "Help Me"、
スウィートなメロディが沁みる王道ボーイズバラード "Turn Around"、
マイルドでドラマティックなバラード "Lie To Me"、
しっとりと味わい深いバラード "Protect You...(From Me)"、
ドラマティックで感動的なバラードの名曲 "Miss You When I'm Dreaming" が好き。

爽快チューンが減ったのはちょっと残念ですが、それでも非常にクオリティが高く、
メロディアスハードファンからボーイズファンまで必聴の作品でしょう。
(93点)

| | Comments (817) | TrackBack (1)

購入CD 4/27

SEVEN PLACES / HEAR US SAY JESUS
SANCTUS REAL / THE FACE OF LOVE
KUTLESS / HEARTS OF THE INNOCENT
MERCY ME / COMING UP TO BREATHE

クリスチャン系どっちゃり来た。未聴CDがどんどん溜まるよ...

| | Comments (36) | TrackBack (0)

Apr 26, 2006

amazonの謎

amazonShayne Wardの新譜を予約したのが3月26日
で、発売が4月17日なのですが、いつまでたっても来ないので
発送状況を見たところ、何と「通常3~5週間以内に発送」
はぁ?何で3月26日に予約して↑なんですか?
「Amazonには本当に欲しい商品は注文しないほうがいいのです」
以前読んだこのサイトを思い出しましたが、そういうことなんですね。
HMVを見ると「通常24時間以内に出荷します」だったので、
amazonをキャンセルしてHMVに注文しました。

以前にも、24時間以内に発送の書籍といっしょに新譜を予約して、
発売されても来ないからおかしいと思って確認すると、
その書籍が何と品切れになっていたということがありました。
注文の時点でその書籍はキープしておくのが普通だと思うんですけどね。

amazonの注文システムはおかしいです。

| | Comments (40) | TrackBack (0)

Apr 25, 2006

購入CD 4/25

BEAUTIFUL SIN / THE UNEXPECTED
TAKING BACK SUNDAY / LOUDER NOW
EDITORS / THE BACK ROOM

恒例のHMV詣でに行って来ました。
SURVIVORの新譜はやっぱりそこそこといったところ。購入見送りです。
それよりもPRIDE OF LIONSのライブがやっぱり良かったですね。
"I Can't Hold Back"を聴いてガッツポーズ...は店では流石に出来ません(笑)
買いたいのをグッと我慢我慢。
JACK'S MANNNEQUINの日本盤が出てました。遅いよ。
ボートラが1曲収録されていたんですが、それは試聴できませんでした。気になる。

3枚買って、今月はもう買わないぞと決心...したのもつかの間、
ああ、ひろしさんのHP見たらMERCY MESANCTUS REALが発売されているよ。
新譜が出るのは分かっていたんだけど忘れてました。
と言う訳でポチッと注文。もう病気ですわ orz

| | Comments (105) | TrackBack (0)

Apr 24, 2006

LASTPAGEFIRST / GET YOUR STORY STRAIGHT

Lastpagefirstgetyourstorystraight sample
L.A.のポップパンクバンドが05年に発表した1st。
甘いメロディの元気な青春ポップパンク。
BLINK182NEW FOUND GLORYを思い起こさせるような、ノリノリキャッチーなポップパンクで、若さ溢れる青臭さがプンプンします。
アレンジや展開があっさりしていて物足りないのですが、
とろける様な胸キュンな甘いメロディを持つポップセンスはかなりのものなので、
今後に大いに期待できると思います。

甘くポップなメロディが心地良い "Some Sweet Story"、
胸キュンな切ないメロディが沁みる "Pretender"、
哀愁のあるポップなメロディがGoodな "Better Than That"、
とろけるような甘~いパワーポップ "Don't Call"、
青臭さ炸裂の王道青春パンク "Song For You"、
懐かしい雰囲気のパワーポップ "Perfect Girl" が好き。
ポップパンクファンにお薦め。
(84点)

| | Comments (93) | TrackBack (0)

Apr 23, 2006

よみがえれ新日

TVで新日4・16後楽園大会を見ました。
山本尚史 対 崔領二、今や黄金カードになったこの2人の闘いは、
絶対に負けたくないという感情むき出しでした。
試合後新日とZERO-ONEが乱闘、止めに入った長州までキレる。キレてますよ(笑)

永田裕志 対 石井智宏、永田が村上戦のようなキラー振り。ゾクゾクします。
永田はエグイ蹴りに関節技と攻めまくるが、石井も立ち上がって反撃。
この試合の永田は非常に魅力的です。

今の新日に無かったものが復活した気がします。
それは感情むき出しの熱い闘い。
今の新日は兎に角試合が全然ダメで、それでファンが離れていってしまったんです。
復活の兆しが見えてきました。

| | Comments (66) | TrackBack (0)

GyaO FUJIYAMA

Fujiyama
「ROCK FUJIYAMA」、もうご覧になったでしょうか?
「ヘビメタさん」のロック版みたいな感じで、メタルに限らずロック全般を扱ってます。
まぁそこそこ面白いんですけど、カラ回りしていて今ひとつなんですよね。
ただ「GyaO FUJIYAMA」、ROCK FUJIYAMAの楽屋版ということで、
リラックスしてちょっとグダグダ感もあって、非常に面白いです。
私のパソコンがCPU850M・メモリー256Mという超低スペックなせいか、
映像がコマ落ちのカクカクなんですが(笑)

| | Comments (102) | TrackBack (0)

Apr 22, 2006

購入CD 4/22

ANDERS JOHANSSON / ANDERS JOHANSSON
ANTHONY EVANS / LETTING GO

Anders Johanssonは期待を裏切らない内容ですよ。
バラードが増えたかなって気がするけど、それも素晴らしい。
Anthony EvansTOMさんが紹介していた作品。
これもハイクオリティポップスでGood!

| | Comments (74) | TrackBack (0)

Apr 20, 2006

JONATHAN COUR / A MOTION PICTURE SCENE E.P.

Jonathancoura_motion sample
アメリカのシンガーソングライターの6曲入りEP。
爽やかなアメリカンポップロック。
アコギを巧みに取り入れた、大地の匂いを感じさせるようなポップロックで、爽やかで元気の出るメロディが心地良い。
リバーブをかけた奥行きのあるプロダクションはBLACK LABを思い起こさせます。

ノリのよい爽やかチューン "Motion Picture Scene"、
淡い哀メロをしっとり聴かせる "Never Come Around"、
広がりのある爽やかなメロディがじわりと沁みる "Softer"、
アコギをかき鳴らす爽快ポップチューン "Easily Erased"、
哀愁漂う切ないバラード "When I Fall" が好き。
フルアルバムが大いに期待できる新人です。
(86点)

| | Comments (36) | TrackBack (0)

購入CD 4/20

ROOKIE OF THE YEAR / THE GOODNIGHT MOON
WALTHAM / WALTHAM

| | Comments (146) | TrackBack (0)

Apr 19, 2006

FIGHTSTAR / GRAND UNIFICATION

Fightstargrandunification sample
BUSTEDCharlie Simpsonが結成したバンドの1st。
プロデューサーにBULLET FOR MY VALENTINEFUNERAL FOR A FRIENDを手がけたColin Richardsonを起用。
HM的なG.に漢クサいメロディのエモ。
ヘヴィなG.リフに流麗なフレーズを絡めた構築美のあるG.サウンドに、
漢クサい哀愁を漂わせた唄メロを乗せたエモを聴かせてくれます。
ツインVo.と言うことで、スクリームも若干入ります。

ヘヴィでカッコいいG.と哀メロを聴かせる "Grand Unification Pt1"、
漢の哀愁全開のエモーショナルなメロウチューン "Waste A Moment"、
美メロとヘヴィネスの対比が見事な "Sleep Well Tonight"、
エモーショナルでメロディアスなハードチューン "Paint Your Target"、
クリアトーンG.でエモい美メロを聴かせる "Open Your Eyes"、
美しく繊細で切ない "Mono"、
ハードG.と漢クサいエモーショナルなメロディがたまらない "Hazy Eyes"、
静と動による展開でエモいメロディを聴かせる "Call To Arms" がお薦め。
爽やかさやキャッチーさが無いので聴き込みが必要ですが、
FUNERAL FOR A FRIENDのようなカッコいいエモが聴きたいなら要チェックです。
(85点)

| | Comments (37) | TrackBack (0)

Apr 16, 2006

借金は身を滅ぼす

アイフルのニュースを聞いて思い出したのがこのサイトでした。
「借金は身を滅ぼす」

ごく普通の大学生が軽い気持ちで借金をして、気が付くと400万円も借金をして、
人生を転がるように落ちていく様子が生々しく書かれています。
金額がどんどん増えていくところは恐怖すら感じました。
メルマガバックナンバーに掲載されています)

| | Comments (39) | TrackBack (0)

Apr 15, 2006

STARBOARD / IF TONIGHT IS A SCENE TO BE WITH YOU

Starboardiftonightis sample
日本のエモバンドが2年ぶりに発表した2nd。
じわっとくるキャッチーなポップエモ。
親しみやすいポップなメロディを優しいハーモニーでつつんで、ポジティブなエネルギーを持った躍動感のあるリズムに乗せて聴かせてくれます。
エモーションと哀愁と爽やかさを織り込んだこのポップセンスには脱帽です。
きちんとしたプロモーションをすれば絶対ブレイクします。

卓越したポップセンスが炸裂したエモい曲 "The Endless Wave"、
哀愁とエモーションを発散して疾走する名曲 "Moving Staircase"、
じっくりとエモいメロディを聴かせる "Faster"、
繊細で美しい "Guideline"、
躍動感溢れる爽やかチューン "Someday"、
澄み切った爽やかさが感動的な "Overcomes Foundation"、
サビの切なさが胸に沁みる "In Reverse"、
ポジティブさを感じさせるポップなメロディが美しい "Stable Typewriter"、
COPELANDばりに繊細でエモーショナルな "Awkward Holiday" と捨て曲無し。
日本のバンドだからといってスルーするのは非常にもったいないですよ。
(90点)

| | TrackBack (0)

購入CD 4/15

C21 / C21

HMVから5日くらい前に入荷のメールが来ていたのに全く気が付きませんでした。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

Apr 14, 2006

PRIDE OF LIONSのライブCD

Prideoflionsliveinbelgiumtoby1_14月26日に発売されるPRIDE OF LIONSのライブCDからのサンプルがMelodicRock.comにアップされています。
"Sound of Home"
"The Courage To Love Somebody"

Disk2は未発表&シングル曲を収録。"Black Ribbons" も収録されているんで、シングルを買ってない人は是非。
"Feels Like Another Planet" (previously unreleased)

私は5月24日発売のDVDのほうを買う予定です。

| | Comments (30) | TrackBack (0)

Apr 12, 2006

EVER WE FALL / WE ARE BUT HUMAN

Everwefallwearebuthuman sample
ポートランドのエモバンドが発表したEPに続く1st。
幻想的なクリアG.によるポップエモ。
透明感のある繊細なG.サウンドに乗るエモーショナルなメロディをテンションの高いハイトーンVo.で聴かせます。
MEWの幻想感とJULIANA THEORYのハイテンションをミックスした印象ですね。
アレンジや音作り、G.フレーズまで非常に良く練られていて、
ハイテンションで緊迫感のあるバックながらポップで親しみやすいメロディなので、
聴きやすくグイグイと引き込まれていきました。

懐かしいメロディのキャッチーなエモ "Youth Like Tigers"、
アップテンポのカッコいい "Late Night Dance Party"、
エモーショナルでポップな "Schoolyard Crush"、
緊迫感のあるハードでカッコいいエモ "No Sleep For Dreaming"、
畳み掛ける幻想サウンドに圧倒される "'G'"、
ハイテンションで突っ走るカッコいいエモ "State Bird The Mosquito" が好き。
エモファンは要チェックです。
(87点)

| | Comments (50) | TrackBack (0)

前田はいらない

タイトルは永田がビッグマウスラウド徳島大会の時に言ったことですが、
正にそのとおりだと思います。
週刊ゴング4/19号に前田のインタビューが掲載されていて、
スーパーUWFは昨年から言っていて上井も了承していたと書いてあります。
その点は私も誤解していて、前田が一方的に言って辞めたと思ってました。

だがこのインタビューでハッキリしたのは、今のプロレスに対して全く愛情が無く、
学生プロレス呼ばわりすらしているということです。
1/4に永田と鬼気迫る試合をした村上にも恥を知れと言っていました。

前田はもうプロレスには関わらないで下さい。

| | Comments (208) | TrackBack (0)

Apr 11, 2006

MAIN ATTRACTION / KEEP ON COMING BACK...

Mainattractionkeeponcomingback sample
ノルウェーのON THE RISEにいたBennech Lyngboe<Vo.>の新バンドの1st。プロデュースも担当し、曲も全て書いています。
躍動感と哀愁のある、王道メロディアスハード。
アメリカンなノリを持ちつつ欧州的なウェットさが感じられるキャッチーなメロディアスハードで、Key.アレンジやハーモニーがいちいちメロハーファンの琴線に触れてきます(笑)
強力なフックラインのメロディももろメロハーファン好みで、STAGE DOLLS
220VOLT、WINGER、JOURNEY、FIREHOUSE、HAREM SCAREMなどが
思い起こされるメロディ・アレンジがちらほらと出てきます。
G.も地味ながらツボを押さえたプレイで、ソロではHRらしいカッコよさも見せてくれます。
プロダクションが少々薄く、特にKey.がバックで鳴っていない時はスカスカなんですが、
だからこそKey.が入ってくるとバッキングながら耳を捕らえるのかもしれません。

北欧らしい透明感と哀愁がたまらない名曲 "Calm Before The Storm"、
爽やかなサビがいい "Remember"、
HRらしいG.とキャッチーなメロディを聴かせる "Until You"、
アップテンポのカッコいいメロハー "Over The Top"、
Key.とサビが悶絶もののキラーチューン "Blue Jean Girls"、
ロマンティックなバラード "Beyond The Edge" がお薦めです。
メロハーファンにとってはたまらない作品。
(88点)

| | Comments (50) | TrackBack (0)

Apr 10, 2006

儲けが無い

最近ウチの店では競合店に勝つために、ディスカウント路線を打ち出しています。
安くすることで確かに客数も売上も伸びました。
しかし!それによって利益はガタ落ちです。
利益率を落としても売上を伸ばすことでカバーしようという計画だったんですけど、
まぁそう上手くはいきませんわ。
日替わりの目玉商品は利益が全く入っていないし、それしか売れないし。
ハッキリ言って、儲けが無い商品がいくら売れてもちーっとも嬉しくない!
儲けが無いステーキを何百枚も切っていると空しくなりますね。
生産量は増えて忙しくなったのにパートの労働時間は増えていません。
つまり社員にしわ寄せが行くわけです。
商売は儲けてなんぼなんですから、もう止めて欲しいなぁ。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

購入CD 4/10

REUBEN MORGEN / WORLD THROUH YOUR EYES
MAINSTAY / WELL MEANING FICTION
STARBOARD / IF TONIGHT IS A SCENE TO BE WITH YOU

| | Comments (35) | TrackBack (0)

Apr 07, 2006

購入CD 4/7

BEBO NORMAN / TRY
THE AFTERS / I WISH WE ALL COULD WIN
JONATHAN COUR / A MOTION PICTURE SCENE E.P.

| | Comments (73) | TrackBack (0)

37th Annual GMA Music Awards

ペコさんのHPに載っていた37th Annual GMA Music Awards
このような賞があることを初めて知って、私もチェックしてきました。

まぁ当然のごとく知らないアーティストばっかりで(笑)、
Cristianbook.comで片っ端から聴いてみましたが、
結構良いんですけど購入するまでに至ったものはありませんでした。
David Crowder Bandとかは良さげだったんですけど。
Rock Album of the YearRELIENT K 「MMHMM」が受賞してました。オメデトウ!
それにしてもMAEが全く絡んでいないのが残念というか不思議。
「THE EVERGLOW」を世紀の名盤だと思っているのは私とペコさんだけでしょうか(笑)

| | Comments (35) | TrackBack (0)

Apr 05, 2006

ANTHONY CALLEA / ANTHONY CALLEA

Anthonycallea sample
Australian Idol第2シーズンの準優勝者が04年に発表した1st。
甘くマイルドで美しいポップス。
一聴して気が付くのはVo.の上手さ。伸びやかで時にオペラティックに唄い上げるその表現力は、オーディション系アイドルの中でも頭一つ抜けていると感じました。
スィートで艶やかな色気を発散している声質も非常に魅力的です。
Vo.を活かした、しっとりと唄い上げる落ち着いたバラードが多く、
アレンジもプロダクションもバッチリのハイクオリティです。
R&B色の強い楽曲が何曲かあって、それは苦手ですが。

ドラマティックなオペラ風スローチューン "The Prayer"、
突き抜ける爽快なサビにガッツポーズの名曲 "Rain"、
美しくロマンティックなバラード "When I Get There"、
オーケストラをバックにエモーショナルに唄い上げる "Per Sempre"、
切なさ満点の哀愁ポップス "Take It To The Heart"、
希望を感じさせるメロディが感動的なポップチューン "Into Your Heart" が好き。
アイドルボーイズポップス好きは必聴ですね。
(88点)

| | Comments (39) | TrackBack (0)

Apr 04, 2006

逆流性食道炎

ここ数年胸やけがいつも起こっていたんですが、最近特に酷いんです。
ネットで色々調べたところ、どうも逆流性食道炎らしい。
このままだとヤバイので、まず食事の量を減らしました。
食べ過ぎによって胃酸が過剰に出てそれが逆流するとのこと。
あと炭酸飲料とコーヒーも一切禁止。
そして食べて3時間は横にならない。これも胃酸の逆流を防ぐためです。

以上のことを守って一週間経ちましたが、明らかに胸やけが減りました。
まだ完全というわけじゃないんですけど。
ただ食べて3時間は横にならないというのが結構つらい。
眠くなって横になりたくて仕様が無いんですよね(笑)

| | Comments (45) | TrackBack (0)

購入CD 4/4

HAWTHORNE HEIGHTS / IF ONLY YOU WERE LONELY

| | Comments (104) | TrackBack (0)

Apr 03, 2006

CHICAGO / CHICAGO XXX

Chicagoxxx sample
通算30枚目となる、「CHICAGO21」以来15年ぶりのスタジオ作品。
私16から19までしか聴いてませんが、6曲目まで全てバラードで、どこを切ってもCHICAGOサウンドです。
洗練されてホーンがさりげなく入っていて後半大盛り上がりのパターンで、似通っているんで聴き込みが必要ですけどね。
7曲目からはノリ先行のブラスポップスで、個人的趣向からは完全に外れてます。

しっとりしたロマンティックバラード "King Of Might Have Been"、
パワフルでエネルギッシュなバラード "Caroline"、
女性Vo.とのデュエットのバラード "Why Can't We"、
後半の大盛り上がりな展開がたまらない "Long Lost Friend" と、
バラードにおいては満足な出来です。
点数は6曲目までに対して。
(85点)

| | Comments (44) | TrackBack (1)

« March 2006 | Main | May 2006 »