« September 2005 | Main | November 2005 »

24 posts from October 2005

Oct 31, 2005

ABANDONED POOLS / ARMED TO THE TEETH

AdandonedPools-ArmedToTheTeeth sample 
Tommy Walter<Vo.・Key. ・G.・B.・作曲>のソロバンドの2nd。 
エモーショナルで幻想的なエモ。
G.・Key.が幾重にも折り重なった幻想的で美しいバックにファルセットを駆使した繊細なVo.が乗り、壮大で魅惑的なおとぎの世界を作り出しています。MEWを分かりやすくした音楽性とも言えます。
心地良い音の洪水に対しても埋もれず、美しいハーモニーをまとったVo.ラインの
存在感の大きさはかなりのものです。
この絵本のような世界観はMAE 「THE EVERGLOW」に通ずると思われます。

暗いバックと温かいVo.が見事に一体となって盛り上がる名曲 "Lethal Killers"、
POPにやさしく包み込むメロディが心地良い "Rabble"、
重く幻想的なサウンドに乗る妖しくも美しい唄メロが魅力的な "Tighter Noose"、
やさしさに溢れた温かいメロディが感動的なキラーチューン "Hunting"、
クールでむちゃくちゃカッコいい "Armed To The Teeth"、
うっとりしてしまうほど美しく感動的なバラード "Maybe Then Someday"、
物語のラストに相応しい、劇的な盛り上がりを見せるバラード Goodbye Song" と、
ハイクオリティな楽曲が揃っています。

一聴する限り暗く情報量の多いサウンドにとっつきにくさを感じるかもしれませんが、
聴き込むつどに新たな発見と感動があるスルメ型の作品なので、
ヘッドフォンでその絵本の世界に入り込んで聴いて欲しいですね。
(93点)

|

音楽の聴き方

以前はCDは家のステレオで、本を読んだりネットを見ながら聴いていたのですが、
通勤時間が長くなって携帯mp3プレーヤーを買ってからは、通勤中が殆どです。
満員電車で集中して長時間繰り返し聴くと、「ながら聴き」では分からなかったものが
聴こえるようになるんですね、これが。
何回目かに突然気が付くメロディの良さ、細かいアレンジ、そしてヘッドフォンで
聴くことによって包み込むようなハーモニーの心地良さなどです。
地味な美エモ系などは以前だったら何回か聴いてピンとこなくて終わりだったかも。
長時間通勤の唯一のメリットですね。


| | Comments (12) | TrackBack (0)

Oct 27, 2005

機動戦士ガンダムさん / 大和田秀樹

GundamsanopGundamsan







ファーストガンダムのパロディマンガですが、登場人物がアホになっていて笑えます。特にシャアの崩れ方がハンパじゃなく、原作がカッコよかっただけにそのギャップが激しく、ララアやキシリアに突っ込まれて完全に三枚目扱いです。

| | Comments (254) | TrackBack (0)

購入CD 10/27

MAN ALIVE / OPEN SURGERY
I AM GHOST / WE ARE ALWAYS SEARCHING
VISION DIVINE / THE PERFECT MACHINE

HMVで元LOST HORIZONのVo.ダニエルの新バンドHEEDを試聴。
う~ん、「今のサビ?」と言うくらい曲が弱くて残念。
ダニエルは相変わらず凄いのにもったいない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2005

送料高~い

ペコさんがTOPページで紹介している作品のサンプルページを
ブックマークしておいて、後でまとめて聴いてます。
先日そこからChristianbook.comに5枚注文したのですが、
送料20ドルはちょっと高いんでないか?
ここを使うのは半年振りくらいで、確認もせずに注文したんですけどね。
ま、amazon使っても同じくらいだから別にいいっか!

私安く買おうとあんまり努力しないんですよね。
GemmやSmartpunk.comで一枚だけ平気で注文しちゃうし。
そこでしか買えないとなると、金額無視で特攻します(笑)
あ、ヤフオクではさすがに7000円くらいで撤退しますよ。
学生のときはDisk Unionで1000円以下の中古CDしか買えませんでしたが、
今は金銭的余裕があるのでね。
その分時間的余裕が無いのがつらい(泣)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 25, 2005

ALLISTER / BEFORE THE BLACKOUT

Allister-BeforeTheBlackout sample
Drive-Thru所属のALLISTERの3rd。
ポップでカッコいい王道ポップパンク。
メロディアスで躍動感のあるポップパンクで、漢の哀愁を感じさせるタフな面もあります。疾走するドライブ感のあるG.とキャッチーなメロディが一体となって作り出すサウンドが気持ちいいですね。
パンクらしいシンガロングパートを盛り込んだ楽曲も練られていて、
勢いだけでない彼らのメロディセンスの良さがうかがえます。
カッコいい漢の哀愁パンク "Waiting"、
ハードドライブするG.に漢クサいメロディの "D2"、
胸キュンパワーポップ風パンク "From The Ground Up"、
ノリノリキャッチーなポップパンク "Rewind"、
超キャッチーな気持ちいいポップパンク "You Lied"、
強力なフックの、爽やかガッツポーズパンク "The Legend Of Pegleg Sullivan" 他
佳曲揃いのポップパンクファンにお薦めの一枚です。
ちなみに日本盤ボートラは "島唄" のカバーで、日本語で唄ってます。
(87点)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

朝は不機嫌

「おはよー!!」
「おはようございます(ボソ)」
「なんだ元気ないなー!!」
「はあ」
私の上司は朝一から異常に元気です。ウザイくらいに(笑)
反対に私は不快指数MAXで最高に機嫌が悪い。
朝が弱いのに加えて90分以上の通勤で、機嫌がいいほうがおかしいです。
通勤中は私の不快指数を上げるヤツが多いです。
ラッシュなのにリュックを背負ったままのヤツ、
足を前に投げ出して座っているヤツ、
携帯見ながらチンタラ歩いてるヤツ、
禁煙なのにホームでタバコを吸うヤツ、
独裁スイッチがあったら速攻消してやるのに。
でも開店したら無理矢理でもスマイルしてます(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 24, 2005

THE JULIANA THEORY / DEADBEAT SWEETHEARTBEAT

JulianaTheory-deadbeat sample
アメリカのエモバンドの4th。
ハードドライビングなG.にメロディアスな唄メロのエモ。
SEA HAGSやVAINといった80年代後半のロックンロールバンドを思い起こさせるノリとメロディがあり、骨太なG.ながら強力なフックを持つクセになるメロディで引き込んでくるので聴きやすい。ロックンロールといってもルーズなゆるいノリではなくカッチリしたシャープなノリで、そこに現代的なエモさを加えたサウンドです。
ハードロックンロールとエモが見事に融合しているといった印象。
Vo.も感情を込めてキッチリ唄い切っており、官能的な声質が魅力的ですね。
カッコいいGリフとグルーブで引き込む "This Is A Lovesong...For The Loveless"、
80年代的な、キャッチーでカッコいいエモ "We Make The Road By Walking"、
カッコいい80s風メインストリームロックなキラーチューン "Shotgun Serenade"、
軽快なG.の、爽やかで切ないポップエモ "Leave Like A Ghost (Drive Away)"、
クールで超カッコいいエモ "My Heart Is A Soldier" が特に素晴らしい。
カッコいいエモを聴きたいならお薦めです。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

幸せ

今日は仕事を一切忘れて、溜まったサンプルやビデオを見てダラダラとしてました。
仕事を気にせず休みを過ごす、この当たり前のことが凄く幸せに感じる。
「生きるために働く」のではなく「働くために生きる」状況は良くない!

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Oct 23, 2005

MEST / PHOTOGRAPHS

Mest-Potographs sample
シカゴのメロディックパンク・バンド、MESTの4th。
キャッチーなポップパンクと哀愁メロディックパンクの2本立て。
"Photographs" のような胸キュンポップパンクを書くTony、"Kiss Me, Kill Me" のような漢の哀愁パンクを書くJeremiahと、二人のソングライターが自分の書いた曲でVo.を取るという形態を取っており、どちらの路線も非常にクオリティが高いです。
ポップセンス溢れるメロディのフックが強力なだけでなく、Key.の効果的な導入、
練られたハーモニーアレンジや工夫された展開と、全てにおいて隙がありません。
軽快なG.に乗る超ポップなメロディにガッツポーズな "Photograhs"、
突き抜けるような爽やかさがたまらない "Dying For You"、
この2曲は特に素晴らしい鳥肌モノの超名曲!
明るく躍動感のある王道ポップパンク "Take Me Away"、
シンセをフィーチャーした、切ない哀愁メロがしみる "Kiss Me, Kill Me"、
漢の哀愁を感じさせるカッコいいパンク "Cursed"、
強力な切ないメロに「Forever~♪」のフレーズがガッツポーズな "Last Kiss" 他
名曲満載の完成度の高い名盤です。
コワオモテなルックスに騙されないように(笑)
(93点)


| | Comments (2) | TrackBack (0)

腐ってやがる@巨神兵

えー、久々の更新でございます。混乱・怒号の10日間でありました。
事の起こりは15日に本部から送られてきた来週の「売場展開」変更の指示でした。
それも半端ではない大幅な変更で、既に計画・発注も終わっているところでの
この変更は、ハッキリ言ってありえません。
計画・展開・発注は連動しているので、全部やり直しですわ。
で、チラシ前日に夜遅くまでかかって売場を作ったら、翌日店長にダメ出し!
また夜遅くまで作り直してもうヘロヘロ(>_<)
おかげでデスクワークが溜まりまくって休日出勤するはめに。
ホントもうカンベンしてください。
更新しようと思っても、夜中は激重で全然開かないし(-_-メ)

これからは通常に戻ると思います。多分・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 17, 2005

購入CD 10/17

ABANDONED POOLS / ARMED TO THE TEETH
MEST / PHOTOGRAPHS

ALLISTERの日本盤が出てたよ、ボートラ入りで_| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 12, 2005

購入CD 10/12

BRUCE HORNSBY AND THE RANGE / THE WAY IT IS
MOTION CITY SOUNDTRACK / I AM THE MOVIE
LUX COURAGEOUS / REASONS THAT KEEP THE GROUND NEAR
ALLISTER / BEFORE THE BLACKOUT

ひろしさんお薦めのLUX COURAGEOUSエモッ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

コンビニへの疑問

1.雑誌は袋を別にしますか~?
いつの頃からか必ず聞かれるようになったけど、凄くウザイ。
わざわざ別にする必要ないよね。
して欲しい人だけ自分で言えばいいだけのことであって。
世間では環境への配慮から袋を減らす方向だというのに。

2.週刊プロレスが置いてない
週刊ゴングだけしか置いてないところが結構ある。
週刊プロレスのほうが売れているんじゃないの?

3.少年マガジン・サンデーが無い
うっかり買うのを忘れていて金曜日になると売切れている店ばっか。
もっと入荷してもいいんじゃないの?
スピリッツとかモーニングは結構残っているのに。

| | Comments (18) | TrackBack (0)

Oct 11, 2005

PATRIK ISAKSSON / VI SOM ALDRIG LANDAT

PatrikIsakasson-Visom sample
スウェーデンのAORアーティストが04年に発表した3rd。
前作とは変わってストリングス・ピアノ・女性ハーモニーをフィーチャーした華やかでダイナミックな音楽性になっており、AORというよりポップスといっていいでしょう。特にJim Steinmanばりのゴージャスなハーモニーワークには驚かされ、思わずクレジットを確認してしまいました(笑)。
ピアノ・ストリングス・ハーモニーが一体となって爆発的に盛り上がる "1985"、
心地良い爽やかさのメロディが女性ハーモニーと共に昇天する "En Chans Till"、
この2曲はガッツポーズものの超キラーチューンです!
冷ややかな哀愁メロディが胸を締め付ける "Visom Aldrig Landat"、
しっとりしたメロディから爽やかなサビへ展開する "Det Kunde Varit Jag"、
懐かしく切ないメロディがドラマティックに盛り上がる "Som Pa Film"、
超爽快アップテンポポップス "Sla Sig Fri" と、強力なチューンが満載の名盤です。
(91点)


| | Comments (10) | TrackBack (0)

Oct 10, 2005

PATRIK ISAKSSON / TILLBAKS PA RUTA 1

patrik_isakssontillbaks_pa_ruta_1スウェーデンのAORアーティストが01年に発表した2nd。
メロディのクサさが若干増していますが、前作と同様のAORです。
プロダクションに軽さが無くなってウエット感が出ています。
マイルドなメロディにパワフルなサビの "Ruta 1"、
切ない哀メロがグッとくる "Alorig Mer"、
しっとりメロディからの躍動感のあるサビへの展開がGoodな "Hur Kan Du Lova Mig"、
軽快なG.に爽やかな分厚いハーモニーがたまらない "Valkommen Hem" が
なかなか良い佳曲です。
ただ他の曲はメロディは悪くないのですがマッタリと落ち着きすぎて、
正直あまり楽しめませんでした。
"Valkommen Hem"路線で行って欲しいのですがこの曲、作品の中で浮いてます(笑)
(78点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新日ドーム大会

10月8日の新日本プロレスのドーム大会をTVで見ました。
レスナー・蝶野・藤田の3WAY戦は予想通りレスナーの完勝。
まぁ新日の中でレスナーに勝てそうな選手は正直いないね。
これからレスナーが新日でどういう展開をしていくのか楽しみ。
新日の選手より外敵との絡みが面白そうですよ。
高山や健介、川田など想像するとワクワクしますね。

それよりも驚いたのが長州の現場監督復帰。
驚いたというよりあきれた。
今更長州を呼び戻してどうするつもりなんでしょう。
西村との因縁再発ですかぁ?
徹底的に長州に反発してほしいね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2005

メタル離れ

最近よいよHM離れが進んでいるなぁとつくづく感じます。
昔だったら間違いなく買っていたであろうGAMMA RAY、CHILDREN OF BODOM、
NOCTURNAL RITES、PRIMAL FEAR、ARCH ENEMY、DESTRUCTIONなどなど、
全部パス。それらの新譜を聴いても買う気が起こりませんでした。
彼らの昔のアルバムは今聴いても良いと思うんですけど。
人の趣向は時と共に変わっていくものだと思いつつちょっと寂しい。
HELLOWEENの新譜は多分買います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 08, 2005

JACK'S MANNEQUIN / EVERYTHING IN TRANSIT

JacksMannequin-EverythingInTransit sample
SOMETHING CORPOLATEのAndrew McMahon<Vo.・Piano>のサイドプロジェクト。ドラムはTommy Lee。
ピアノを前面に出した、とろけるようなメロディのエモ。
SOMETHING CORPOLATEが影を落とした切ないパンクであったのに対して、この作品は爽やかで温かいメロディのエモとなっています。
それにしてもこのとろけるメロディときたらたまらないエモさで、
ピアノと一体となってやさしく包み込んできてもうメロメロです(笑)
Andrewのポップセンス溢れる作曲能力とエモーショナルなピアノは流石です。
ボーカリストとしてもS.C.よりも表現力豊かになっていると感じました。
温かく幸せな気分にさせてくれるエモ "Holding From Real"、
切ないピアノの音色が沁みる "The Mixed Tape"、
躍動感のある切なく美しいメロディが感動的な "Bruised"、
ほんわかと温かく懐かしいポップス "La La Lie"、
爽快なメロがガッツポーズもので、後半の盛り上がりが凄い名曲 "Dark Blue"、
エモーショナルで切ないポップス "Miss Delaney" など
キラーチューン満載のエモエモな名盤。
(94点)


| | Comments (9) | TrackBack (0)

Oct 07, 2005

PATRIK ISAKSSON / NAR VERKLIGHETEN TRANGER SIG PA

PatrikIsakasson-narスウェーデンのAORアーティストが99年に発表した1st。
落ち着いた寂しげなメロディが沁みるAOR。
前半は冷ややかなトーンの哀愁たっぷりなサウンドで、後半はアコギをフィーチャーしたラフなポップスが中心となっていて、前半のMikael Erlandsson 「THE 1」 を思い起こさせる楽曲が素晴らしい!
Vo.は感情を高ぶらせること無くメロディをなぞるように唄う味わい深いものです。
躍動感のあるサビが感動的な名曲 "Hos Dig Ar Jag Underbar"、
ピアノとバイオリンをバックにしっとりと聴かせるムーディーなAOR "Nell"、
クサいバイオリンが堪らない哀愁MAXバラード "Du Far Gora Som Du Vill"、
ブリッジから駆け上がるキャッチーで爽やかなサビがGoodな "Kom Genom Eld" と、
前半が超強力なのですが、後半が弱いのが残念。前半だけなら90点。
(85点)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

今週のからくりサーカス

karakuriやばかったですねぇ、このシーンは。
電車の中で読んでいてもう少しで泣くところでした(汗)
憎まれ口を叩きながらもマサルのことを好きになっていったコロンビーヌ。
死ぬ最後の最後で抱きしめられて喜んで・・・・・・・
こういうのに弱いんです。

| | Comments (39) | TrackBack (0)

Oct 06, 2005

CARTEL / CHROMA

Cartel-Chroma sample
The Militia Group期待の新人、CARTELの1stフル。
ポップでキャッチーな王道エモ。
前後半で音楽性が別れていて、1~6曲目がポップで7~12曲目がハードなサウンドになっているのですが、レコードのノイズとジュークボックス音が最初と最後と6曲目の最後で聞こえることから、
意図的なものであると考えられます。
最初の数曲で感じた違和感はEPと比較してポップになったということで、
ポップセンス溢れるカッコよさが減ってしまっていました。
良く出来たポップなエモという感じで正直物足りないかな。
ただ7曲目のEPからのリメイク "Luckie St." からは一転してハード目の
サウンドになっていて、カッコいいエモを聴かせてくれます。
ポップサイドの曲も聴き込むとこれはこれでなかなか良いです。
キャッチーな青春エモ "Say Anything"、
やっぱり超カッコいい名曲 "Lukie St."、
ハードなG.のカッコいいエモ "If I Fail"、
ストリングスとビッグドラムの、壮大なバラード "The Minstrel's Prayer"、
希望溢れるキャッチーなサビが素晴らしい "Q"、
スケールの大きいドラマティックで感動的な盛り上がりを見せる9分以上の大作 "A" と、
後半の充実振りは素晴らしいものがあります。
前半84点後半90点ということでこの点数。
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一週間振りの更新

多忙プラス風邪で更新できませんでした。
ただでさえ月末は忙しいのに、1日にビッグチラシが入るということで更に大忙し。
土日をのり切ったと思ったら、急に寒くなったせいか風邪を引いてしまい、
のどが痛くて鼻水が止まらなくなってしまい、ボーっとしてました。
そのためデスクワークが溜まりに溜まって家にお持ち帰りするんですけど、
すぐ寝落ちしちゃうんで体調も良くならない(汗)
今日休みで家でデスクワークを進めて何とかめどが立ちました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 05, 2005

購入CD 10/5

CARTEL / CHROMA
JACK'S MANNEQUIN / EVERYTHING IN TRANSIT
THE JULIANA THEORY / DEADBEAT SWEETHEARTBEAT
I'VE / COLLECTIVE
AIR / IN SUMMER

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »