« July 2005 | Main | September 2005 »

47 posts from August 2005

Aug 31, 2005

PRIDE 29

ついにシウバが負けてしまいましたね。
パンチの手数も少なかったしグランドではアローナに対抗できず。
そのアローナに勝ったショーグン、強い!
ミドル級はよいよ世代交代ですかね。ショーグンまだ23歳だって!

ヒョードル対ミルコ、ミルコ2Rでスタミナ切れでヘロヘロ。
3R最後に放ったミドルキックの遅さには泣けました。
1Rのパウンド防御で体力を消耗してしまったようですね。
でも足でコントロールしてのパウンド防御は完璧だったし、
また挑戦してほしいなぁ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Aug 30, 2005

HOUSTON CALLS / A COLLECTION OF SHORT STORIES

HoustonCalls-ACollectionOfShortStories sample
Drive-Thru傘下のRushmore所属のポップパンクの1st。
Drive-Thruらしい聴きやすい哀愁ポップパンク。
流さずに丁寧に作られた強力なフックのあるメロディ、一本調子にならないよう変化を付けた練られた展開、効果的に取り入れられた巧みなKey.アレンジと、作曲能力の高さが分かるかなりのハイクオリティです。
強力なフックラインを持つ王道ポップパンク "Sunrise Goodbyes"、
ピアノをフィーチャーした明るくキャッチーなパンク "Bob And Bonnie"、
爽快なKey.に前向きなメロディが感動的な名曲 "One More Won't Hurt"、
サビの多重メロディが心地良い "A Bottle Of Red, A Bottle Of Spite"、
哀愁全開のサビメロが胸を打つ "A Line In The Sand" 他捨て曲無しです。
しかし問題があって、同系統のSIMPLE PLANやNEW FOUND GLORYなどに
楽曲のクオリティは負けていないのですが、個性が無くインパクトに欠けるため
一聴しただけではピンと来ないのです。私も3聴目で良さに気が付きました。
メロディアスパンク・ファンには是非とも聴いてもらいたいです。
(90点)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

購入CD 8/30

30 SECONDS TO MARS / A BEAUTIFUL LIE

CONTENT PROTECTEDの表記があって、CCCD?と思って調べたけど分からなくて、
CDWAVE32+午後のこ~だでリッピングしたらあっさりmp3化できた。
知っている人がいたら教えて下さいm(__)m

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Aug 29, 2005

1周年

昨年8月29日からこのblogを始めて1年経ちました。
このblogのタイトルですが、メロハーを紹介しているblogだとすぐ分かるような名前に
したいなと考えていました。膨大な数のblogがあることですしね。
当初Melodic○○○というのを色々考えたんですがイマイチ良いのが浮かばなくて、
じゃあそのままメロハーって付けちゃえってことで「メロハーなblog」になりました。
しかしもはやメロハーblogとは言えない状況になってしまい(汗)、
名前を変えようかな~とも思ったんですが、めんどくさいんでそのままにしてます。

しかし始める時に思い描いていた構想とだいぶ違っちゃいました。

1.メロハー中心のblogにする
しかも誰もが知っているメジャーどころはあえて避けて、マイナーだけどいい作品を
紹介していきたいと思っていたんですが、実際はエモが多くなってきてメロデスや
スラッシュメタルまで載っている始末です(笑)

2.毎日更新する
自分が回っているサイトで毎日更新しているところは楽しみなんですね。
だから自分も・・・・・と思っていたんですが、すぐ断念。
ネタはあるんですが時間と気力が続かないのですよ、これが。
毎日更新しているサイトはホント尊敬します。

3.イマイチな作品でもレビューする
マイナーな作品を検索すると日本語のサイトが全然ヒットしないといことが結構あって、
その作品が良いのか悪いのかどういう方向性なのか分からない。
だから良くないならどう良くないのかも書く必要があるんじゃないかなと思ってました。
でも実際は単純なことで、イマイチな作品は書く気がしない(笑)

ということで、2年目スタート!

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Aug 28, 2005

THE CLICK FIVE / GREETINGS FROM IMRIE HOUSE

TheClickFive-GreetingsFromImrieHouse sample
アメリカのパワーポップ・バンドが05年に発表した1st。
現在BACKSTREET BOYSの前座でツアー中。
甘酸っぱくキャッチーなギターパワーポップ。
思わず体が動くノリのよさと口ずさめるキャッチーなサビの楽曲のクオリティは非常に高く、新人離れしています。
メロディは超キャッチーですがバックはギター中心のパワフルなサウンドで、
ポップパンクの要素も感じさせます。
また、ポップさを引き出すKey.が効果的に使われています。
キャッチーで甘いサビが良いシングル "Just The Girl"、
ノリノリのキャッチーさにガッツポーズの名曲 "Catch Your Wave"、
ロマンティックなバラード "I'll Take My Chances"、
分かりやすい王道パワーポップ "Friday Night"、
懐かしさを感じさせる青春パワーポップ "Pop Princess"、
青春ポップパンク風の爽やかなポップス "Time Machine"、
甘く切ないメロウなバラード "Say Goodnight" など、
パワーポップど真ん中の極上メロディが満載です。
(90点)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

電車でレビュー

仕事の帰宅途中の電車で読む雑誌も無いし暇だったんで、
THE CLICK FIVEを聴きながらレビュー用にメモを取っていました。
気が付いたことや感想を思いついたらすぐメモ。
時間が経つのが早かったですね。
これは結構良いかも。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入CD 8/28

JOURNEY / GENERATIONS
TERRA NOVA / ESCAPE
PHILIP BARDOWELL / IN THE CUT

やっと来たよamazon。

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Aug 27, 2005

FM / TOUGH IT OUT + BONUS

FM-ToughItOut sample
イギリスのメロディアスハード・バンドが89年に発表した2ndにボートラ7曲を追加した再発盤。
BON JOVIの英国版といった趣のメインストリームHR。
プロデューサーにNeil Kernon、ミックスにNigel Green、作曲にDesmond Childと、強力な布陣で作られたハイクオリティな作品で、
シングルカット出来そうなヒット性を持った楽曲が揃っています。
1stのハードポップ路線と比べてサウンドがパワフルになっています。
Steve OverlandのソウルフルなVo.はやはり絶品で、
作品のクオリティを1ランク引き上げていますね。
ブリッジからサビへの高揚感がたまらない超名曲 "Bad Luck"、
Mark Free、AIRKRAFTも採り上げたメロハースタンダード "Someday"、
マイルドなメロウバラード "Everything I Think Of You"、
サビが爽快なハードポップチューン "The Dream That Died"、
ハーモニーが美しいバラード "Can You Here Me Calling"、
超キャッチーなガッツポーズハードポップ "Does It Feel Like Love" が特に素晴らしい。
ボートラはシングルに収録されていた楽曲で、
本編と比較すると落ちますがファンなら持っておきたいですね。
(88点)

| | Comments (149) | TrackBack (0)

Aug 26, 2005

amazonまだ~?

世間ではJOURNEYだTERRA NOVAだと湧いておりますが、私は未だ未購入です。
amazonで一週間くらい前に予約したのに来ないんです(泣)
キャンセルして昨日買いに行こうと思ったら台風ですし。
いや、聴いてないCDはいっぱいあるし別にいいんですけどね。
ただ何となく取り残された気分・・・・・

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入CD 8/26

THE CLICK FIVE / GREETINGS FROM IMRIE HOUSE

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 25, 2005

CAUTERIZE / SO FAR FROM REAL

Cauterize-SoFarFromReal sample
カナダのポップパンクバンドが03年に発表した1st。
"Choke"がゲーム「1080」に使われ名前が知られました。
メロディアスでカッコいいポップパンク。
バックのギターはハードながら、シンガロングできるキャッチーなメロディが満載です。
ドライブ感のあるギターに緩急付けた展開に強力なフックラインのメロディと、
楽曲のクオリティは高く捨て曲無しです。
超カッコいいイントロのハードポップパンク "Something Beautiful"、
ドライブするメロディックなサビが気持ちいい "My Everything"、
キレのあるリフにキャッチーなメロディがたまらない "Killing Me"、
ミドルテンポの切ないメロディを持つ "Stiil Breathing"、
キャッチーなメロディがガッツポーズな "Shooting Star"、
ハーモニーが心地良いキャッチーなサビの "Shine" 他良い曲ばかりです。
ポップパンクファンは必聴ですよ!
(89点)

| | Comments (32) | TrackBack (0)

CAUTERIZE / PAPER WINGS

Cauterize-PaperWings sample
カナダのエモバンドが05年に発表した2nd。
HM的なハードギターのメロディアスなエモ。
前作のポップパンク要素が無くなって、ギターはよりハードにメロディもシリアスになっています。
パンクというよりエモに近く、JUST SURRENDERあたりを
思い起こさせるカッコいいサウンドです。
メロディのフックは健在で、緩急付けた展開で聴かせて、
「楽曲が似通っている」というこの手のバンドの弱点をクリアしています。
ツーバスのハードドライビングチューン "Wake To The Sun"、
グルーブ感のあるカッコいいロック "Tremble"、
メロディアスなメロウバラード "Minor Key Symphony"、
ピアノをフィーチャーしたドラマティックなバラード "Porcelain"、
テンポアップするメロディアスなサビが良い "My Favorite Patient" が特に好き。
前作のファンはがっかりするかもしれませんが、クオリティの高さは流石です。
(86点)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

頭痛薬

私頭痛持ちで月3回ほど起こるのですが、先日も起きて我慢できなくて
仕事の帰宅途中にドラッグストアに寄りました。

「CMでやっている空腹時でも飲める頭痛薬下さい。」
「はい、これですね。でも出来れば空腹時は避けてほしいんですけど。」
「え?そうなんですか?」
「はい。これ(別の品)は胃にやさしくて効き目も強いですよ。」
「じゃあそっち下さい。」

う~ん、あのCMはウソなんだろうか?
どんな薬でも結局胃に良くないってことかな。
仕様が無いんで松屋に入ってキムチ丼食べたんですが、
頭痛からか気持ち悪くなって半分残して、頭痛薬を飲みました。
でもこの薬効き目あって、2時間後ぐらいには頭痛がおさまってきました。
バファリンは飲み過ぎているせいか、6時間くらい経たないと効かないんですよ(汗)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Aug 24, 2005

SURRENDER / BETTER LATER THAN NEVER

Surrender-BetterLaterThanNever sample
アメリカのメロディアスハードバンドが91年に発表した唯一の作品が、ボーナストラック3曲を追加してこの度再発されました。
爽やかで躍動感のある80年代型のメロハー。
産業ロックテイストが入ったきらびやかなプロダクションと分厚いハーモニーで爽快なメロディアスハードを聴かせるという、80年代であったら
間違い無くメインストリームであったであろう音楽性です。
哀愁と爽快さを持った楽曲のクオリティも非常に高く、
シングルヒットしそうなメジャーな雰囲気が感じられます。
哀愁漂うダイナミックなメロハー "Claire"、
キャッチーで躍動感のあるキラーチューン "Last Time I Say Goodbye"、
切ないメロディのパワフルなメロハー "Later"、
メロウな産業バラード "Carrie" がお薦め。
メロハーファンは必聴でしょう。メロハーど真ん中!
(90点)

| | Comments (37) | TrackBack (0)

Aug 23, 2005

BLOOD STAIN CHILD / IDOLATOR

BSC-Idolator sample
日本のメロデス・バンドの3rd。
モダンなKey.をフィーチャーしたドラマティックなメロデス。
SOILWORKを思い起こさせるエレクトロニクスなKey.を大幅にフィーチャーしており、1stのようなシンフォニックなKey.は殆ど聴かれなくなっています。
このKey.アレンジが絶妙で、ドラマティックさやデジタルの無機質さを表現して、
サウンドの幅を拡げていると言えるでしょう。
Vo.においても、ささやくようなディープVo.を加えたことにより、またデスVo.の迫力も
増してパワフルになったことで、対比による効果的な緩急が生み出されています。
ドラマティックな悶絶疾走チューン "Hyper Sonic"、
冷たいピアノの音色に、哀しいメロディを唄う慟哭の叫びが
胸を締め付けるメランコリックな名曲 "Embrace Me"、
INFLAMESを彷彿とさせるカッコいいメロディックチューン "Void"、
B.S.C.流のトランスインストチューン "Nuclear Trance"、
シンフォニックなKey.フレーズを持つ、ガッツポーズなカッコよさの名曲 "Type-N" 他、
楽曲のクオリティはかなり高いです。
LUNA SEA "True Blue" をメロデス風にアレンジしてカバーしていますが、
Vo.ラインが殆ど分らずメロデスのカッコよさも感じられず、正直イマイチです。
SOILWORKやINFLAMESを感じさせるところが多く、オリジナリティはありませんが、
本家以上のこのクオリティならば文句は出ないでしょう。
(89点)

| | Comments (11) | TrackBack (1)

購入CD 8/23

CAUTERIZE / PAPER WINGS
FM / TOUGH IT OUT + BONUS
SURRENDER / BETTER LATER THAN NEVER

幻の名盤、SURRENDERが再発!
MR-XでDLした音源は持っていたんですが、うれしいね。
しかしAOR HEAVENは相変わらず早いね。実は日本にあるんじゃないの(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 22, 2005

購入CD 8/22

HOUSTON CALLS / A COLLECTION OF SHORT STORIES
RYAN MALCOLM / HOME
BLOOD STAIN CHILD / IDOLATOR

BSCかなり良い!ここに来る人の99%は興味無いと思うけど(笑)
R.Malcolm、CCCDだった・・・・・携帯プレーヤーで聴けないじゃん。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 21, 2005

UMBRELLAS / A SELF TITLED RELEASE

Umbrellas-ASelfTitledRelease sample
The Militia Group所属のアメリカのエモバンドの1st。
エモーショナルで儚げな繊細さを持つエモ。
ピアノやクリアトーンのギターによる幻想的で包み込むようなサウンドで、繊細で美しいメロディを聴かせてくれます。
Vo.も線の細いエモーショナルな歌唱で、この音楽性にマッチしています。
ピアノのイントロでガッツポーズの美メロエモ "The City Lights"、
幻想的でうつろげな "Sleep Well"、
マイルドで温かみのあるポップチューン "Broken Ice" などが良いね。
ただ全曲同じような雰囲気で起伏に欠けるため、後半ダレてしまいます。
1曲1曲は良いのに、作品全体では印象が薄くなっているのです。
(82点)

| | Comments (229) | TrackBack (0)

Aug 20, 2005

リングの魂~橋本真也特集

この番組を見て、改めて橋本の素晴らしさを感じましたね。
ケロちゃんの本でも分かるようにリング外ではガキ大将で子供ですが、
リング内ではケサ斬りでぶったたき蹴りまくってDDTで決めるという、
剛直な強さを感じさせる魅力的なレスラーでした。

負けたら即引退の対小川戦は今見てもスリリングで、
当時、どうせ橋本が勝つストーリーになっているんだろ、と思って見ていた私は
橋本が負けて非常にショックを受けたのを思い出します。

それにしても橋本がいた90年代の新日本は凄いね。
長州藤波がいて、三銃士がいて、馳健がいて、ベイダーがいて、
試合内容も充実していたんですから。

橋本への愛情が感じられるいい番組でした。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 19, 2005

購入CD 8/19

UMBRELLAS / A SELF TITLED RELEASE

オフィに注文したらメンバー直筆サイン入りのジャケットが来た。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

BS夜話~まるごとガンダム

富野監督のインタビュー、凄く面白かったですねぇ。
ガンダムというネーミングの過程、おもちゃ会社との葛藤、
キャラクター名に対する当時の思いなど、興味深い話が聞けて良かったです。
変人と言われているから、訳分からない話をすると思っていただけに(笑)

朝早いのに「哀・戦士編」、その後のモビルスーツ夜話まで見ちゃいましたよ。
今見てもムチャクチャ面白いね。
モビルスーツ戦のカッコよさ、人間の悲哀を描いたストーリー、やはり最高!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 18, 2005

FFH / READY TO FLY

FFH-ReadyToFlysample
クリスチャン・ポップ・バンドの2003年発表の4thアルバム。
男女1人ずつのツイン・ヴォーカルとなっています。
Vo.ハーモニーがきれいな、爽やかでキャッチーなポップス。
アメリカンなノリのよい、ちょっとカントリーテイストを感じさせる、ハーモニーを活かしたマイルドなメロディは、爽やかでとても心地良く聴かせてくれます。
男性Vo.のJeromyの力強くエモーショナルな歌唱がとても魅力的。
ノリノリの懐かしい感じのポップス "You Found Me"、
哀愁を感じさせるサビが良い明るいポップス "Good To Be"、
Jeromyの伸びやかなVo.が堪能できる感動的なバラード "Ready To Fly"、
ツインVo.のハモリが心地良いキャッチーなアメリカンロック "I'll Join The Rocks"、
しみじみとしみるメロウなバラード "Follow Love"、
パワフルなノリノリポップス "Never Gona Be Alone"、
サビの盛り上がりが素晴らしく良いアメリカンポップ "Ready For A World"、
超爽やかなメロディがたまらないガッツポーズな "His Love Goes On Forever"、
壮大で感動的な美メロバラード "Here I Am" など、捨て曲無しの名盤。
CCM好きはマストですよ!
(92点)


| | Comments (23) | TrackBack (0)

FFH再レビュー

ひろしさんのHPでFFHが高評価だったんですが、
自分の中では正直それほどではなかったんですね。
04年9月17日に書いたレビューを読むと、こう書いてありました。
「そつなくまとまっているが、まとまり過ぎてこじんまりしている。
 サビで突き抜けてほしい。(82点)」
もう一度聴いてみるかと聴き直したところ・・・・・・・うおー素晴らしい!
何がこじんまりしているんでしょうか?
思いっ切りサビで突き抜けてますよ、おい(笑)
いや~不思議ですねぇ(汗)

と言う訳でレビューを書き直しました。
ひろしさん、ありがとう。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 17, 2005

PUR / SEILTANZERTRAUM

Pur-Seiltanzertraumドイツのポップロックバンド、PURが93年に発表した2nd。
産業テイストが入った爽やかなポップロック。歌詞はドイツ語。
華やかなプロダクションに躍動感のあるキャッチーなメロディのポップスで、80年代後期のメジャーサウンドといった趣です。
Vo.がKevin Croninに似ているためかREO SPEEDWAGONを華やかにした、あるいは後期TOTOを華やかにした印象の楽曲もあります。
軽やかで爽やかなポップス "Hor Gut Zu"、
力強いノリのポップロック "Seiltanzertraum"
感動的な王道産業バラード "Neue Brucken"
ホーンをフィーチャーしたキャッチーなハードポップ "Hey Du"、
希望溢れる爽やかなサビがガッツポーズの "Heimlich" など、
楽曲のクオリティは高く、安心して聴けるお薦めの作品です。
(87点)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Aug 16, 2005

購入CD 8/16

PUR / SEILTANZERTRAUM

yas-noさんお薦めのこの作品、確かに良いね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ゴイゴイさん死去

sakusakuの「ご意見番」こと金田真人さんが、クモ膜下出血のため亡くなりました。
月曜日のsakusakuの冒頭でこのテロップが流れ、凄くショックでした。
彼のちょっとしたつっこみはsakusakuにとってなくてはならないものでした。
来週の放送はつらいものになりそうです。
ご冥福をお祈りします。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 15, 2005

前田日明のインタビュー

週刊プロレスに掲載されていたW-1に対する前田の発言ですが、
ハッキリ言って非常に不愉快でした。
「健介、ダメだよ。勘違いしている。あいつは頭が悪いよ。」
「今回で何がダメといったら、リズムが途切れる。観客が手品師の手品を
 見ているみたいで、帽子からこんなん出しましたって待っているのよ。」
「(秋山選手の評価は?)まあ・・・あれくらいで普通ですよ。」

自分の現役時代を棚に上げて、まぁよく言ってくれましたね。
あまりプロレスが上手いわけじゃなかったのに、リズムうんぬんとは・・・。
秋山選手に対しても普通とはあきれますね。
あまり前田にはプロレスに関わって欲しくないです。
プロレス好きじゃないんでしょ?

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Aug 14, 2005

JAKE / ARMY OF LOVE

Jake-ArmyOfLove sample
カナダのPenner3人兄弟によるクリスチャン・ポップ・グループが02年に発表した2nd。プロデューサーはMatt Brouwerの1stを手がけたEldon WinterとStephan J. Rendall。
爽やかで少々ダンサンブルなボーイズポップス。
ハーモニーを活かした甘くキャッチーなメロディは正にWESTLIFEやNATURALといったボーイスサウンドと同質です。
打ち込みのリズムがダンサンブルで最初は気になりますが、
ユーロビートのように強力ではないので、許容範囲で慣れるでしょう。
清涼感のある爽やかなポップス "Brighter"、
切ないメロウなメロディの王道バラード "This Is Love"、
しっとりと和むバラード "Now I See"、
WESTLIFE "When You're Looking Like That" を彷彿とさせる、
ノリのよい超キャッチーなガッツポーズもののポップス "Crazy"、
マイルドで美しいメロディがたまらない "Been A Long Time" が非常に良いね。
何曲かリズム先行のイマイチな曲があるのが残念ですが、
ボーイズサウンドが好きな人は必聴でしょう。
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 13, 2005

JUST SURRENDER / IF THESE STREETS COULD TALK

JustSurrender-IfTheStreetsCouldTalk sample PV "Tell Me Everything"
アメリカのエモバンドのデビューアルバム。
ハードなギターにエモーショナルな唄メロが乗るエモ。
骨太なギターはかなり激しいですが、ツインVo.による唄メロが非常にエモーショナル。
所々でスクリームが入りますが、真性スクリーモのようなブチ切れスクリームではないので暑苦しくなく、カッコよく効果的になっています。
ANBERLINを彷彿とさせるメロディアスなエモ "I Can't Barely Breathe"、
エモーショナルな哀愁メロディを持つ "Of All We've Know"、
漢クサくカッコいいハードドライヴィングなロック "Tell Me Everything"、
切ないメロディがたまらない "In Your Silence"、
この1~4曲目の流れが兎に角強力。
楽曲が似通っているのと後半の楽曲が弱いのが残念ですが、
大きな可能性を持った新人と言えるでしょう。
(85点)

| | Comments (34) | TrackBack (0)

Aug 12, 2005

お盆

お盆ということで、世間は連休に入っていてうらやましいかぎりですなぁ。
某ペコさんは11連休とか(いいなぁ)
私は一日しか休みがありません。それがスーパーの宿命・・・・・・

パソコンの熱暴走がひどいので、クーラーガンガンかけて
扇風機の強風を直接当てて何とか抑えています。
それでも突然フリーズするから、小まめに保存をしています。
電源ボタン長押しを頻繁にやっているから絶対HDDによくないよねぇ。不安。

最近やたらスパムメールが増えたなぁ。
毎日20通くらい来るよ。
見ないで即削除だから無駄ですよ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入CD 8/12

AIR SUPPLY / LOST IN LOVE
AIR SUPPLY / AIR SUPPLY

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 11, 2005

THE GOO GOO DOLLS / A BOY NAMED GOO

GooGooDolls-ABoyNamedGoo sample
アメリカの3ピースバンドが95年に発表した5th。
漢くさい骨太さのあるエモーショナルでメロディアスなアメリカンロック。
飾り気の無いカッコよさを感じさせるギターに、フック満載のメロディアスで哀愁を感じさせる唄メロが乗る、これぞロックといったサウンドです。
パンクの荒さとポップスの分かりやすさを見事に融合させた、
非常にクオリティの高い作品で、現にアメリカで200万枚のセールスを記録。
悶絶もののカッコよさを持つ超キラーチューン "Long Way Down"、
力強いロックサウンドと哀愁メロディがたまらない "Naked"、
大ヒットした切なく美しいアコースティックチューン "Name"、
哀しげなフックのあるメロディを持つ "Ain't That Unusual"、
ノリのよいキャッチーなメロディが良い "Eyes Wide Open" が特に素晴らしい。
エモファンの琴線にも触れること必死の名盤。
(92点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

THE GOO GOO DOLLS / DIZZY UP THE GIRL

GooGooDolls-DizzyUpTheGirl sample
98年に発表された6th。400万枚の大ヒット。
前作にあったパンクぽい荒さが無くなって、落ち着いたアコースティック色の出た哀愁サウンドに変化しています。
とは言ってもエモーショナルなメロディは健在で、ちょっと枯れた感じが哀愁度を増している印象を受けました。
激しくも哀しげなメロディのアコースティックロック "Slide"、
爽やかでキャッチーなアメリカンポップス "Broadway"、
ストリングスをフィーチャーした切ないバラード "Black Balloon"、
影を落としたメロディが激しく盛り上がる名曲 "All Eyes On Me"、
大ヒットバラード "Iris" が特に好き。
全編哀愁たっぷりの流石のクオリティ。
日本盤のみ "Iris" のアコースティックVer.収録。
(89点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

THE GOO GOO DOLLS / GUTTERFLOWER

GooGooDolls-Gutterflower sample
ベスト盤をはさんで02年に発表された7th。
またまた前作と変わってアコースティック色が薄くなり、普遍的なアメリカンロックの王道サウンドになっています。
ギターが前に出た、若干重いメロディが中心となっています。
そのため哀愁や爽やかさと言った要素が減ってしまったのは残念です。
切れのよいギターのアメリカンロック "Big Machine"、
カントリーテイストのあるキャッチーな "Think About Me"、
重い雰囲気の壮大なロックチューン "Here Is Gone"、
ノリのよい爽やかなロックチューン "You Never Know"、
アコースティックギター1本で唄うメロウナンバー "Sympathy" が良い。
(84点)

| | Comments (69) | TrackBack (0)

Aug 10, 2005

DAY AT THE FAIR / THE ROCKING CHAIR YEARS

DayAtTheFair-TheRockingChairYears sample
アメリカのポップパンク・バンドの1st。
哀愁のメロディを持つエモ寄りのポップパンク。
パワフルな演奏をバックに、メロディアスで哀愁のあるメロディをピアノやハーモニーを効果的に使って聴かせてくれます。
メロディが丁寧に作られておりアレンジが練られているので、
楽曲のフックが強力で耳を心地良く捕らえます。
シンガロングできるカッコいいメロディアスパンク "Code"、
切ないメロのポップチューン "And My Name's Dignan, So What?"
GOO GOO DOLLSの "Name"を彷彿とさせる哀しいメロディが胸を締め付ける
"This Is Why We Don't Have Nice Things" 、
ドラムのリズムが気持ち良い、キャッチーな "Eastern Homes And Western Hearts"
キャッチーなメロディがエモい "The Blame Anxiety" など捨て曲無しです。
オリジナリティは全くありませんが、楽曲が良いのでOKっす。
(88点)

| | Comments (21) | TrackBack (0)

何となく聴きそびれ

E.L.O.とAIR SUPPLY、どちらも評価高くて気になっていたんですが、
何となく後回しになっていました。
で、E.L.O.は電車男で、AIR SUPPLYはTVのCMで聴いてすぐ購入しました。
どちらも素晴らしい内容で、もっと早く聴いておけばよかったと後悔。
特にAIR SUPPLYは藤木氏が盛んにお薦めしていたのに何で聴かなかったんだろ?
みなさんもそういうアーティストいませんか?

さて、次はTHE GET UP KIDSかな・・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 09, 2005

AIR SUPPLY / THE ONE THAT YOU LOVE

AirSupply-TheOneThatYouLove sample
オーストラリアのAIR SUPPLYが82年に発表した2nd。
ストリングスをフィーチャーした甘く爽やかなポップス。
「ペパーミント・サウンド」の名のとおりの、透き通るような青空を感じさせる爽やかでドラマティックなポップスで、それをRussell Hitchcockの驚異的なハイトーンによって仕上げています。
爽やかながらNEW ENGLANDにも通ずる泣きを発散しており、
只のポップスでは終わらない感動を与えてくれます。
甘く感動的なバラード "The One That You Love"、
大仰に展開する超ドラマティックチューン "Sweet Derams"、
甘く爽やかなバラード "I'll Never Get Enough Of You"、
哀愁のメロディがたまらない "Tonite" 他名曲の宝庫です。
評判どおりの素晴らしい名作でした。
(92点)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Aug 08, 2005

KURT HOWELL / KURT HOWELL

KurtHowell sample
アメリカのシンガー・ソング・ライターが92年に発表した唯一の作品。
Steve Lukather, Neil Schon, Tommy Funderburkなどが参加。
都会的に洗練された、産業ロックテイストのあるAOR。
マイルドなメロディを華やかなビッグプロダクションで聴かせるAORで、キャッチーなポップスから産業バラードまで高品質な楽曲が揃っています。
Kurtの伸びやかなVo.はこの音楽性にピッタリです。
ブライトでキャッチーなサビがガッツポーズな "Let' Run With It"、
CHICAGOを彷彿とさせる大盛り上がりバラードのキラーチューン "Labor Of Love"
爽やかなメロディが心地良い "Keep Telling My Heart"、
希望溢れるメロディがたまらない "Cold As A Stone" が特に素晴らしい。
何曲か能天気系の曲があるのが残念だが、CCMが好きならお薦めします。
(86点)

| | Comments (8) | TrackBack (0)

購入CD 8/8

JUST SURRENDER / IF THESE STREETS COULD TALK
MATTHEW / EVERYBODY DOWN

ひろしさんお薦めのJUST SURRENDER、エモい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Aug 06, 2005

購入CD 8/6

DAY AT THE FAIR / THE ROCKING CHAIR YEARS
ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA / DISCOVERY

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花火大会

仕事を終えてグッタリとして駅に着くと入れない。
ちょうど花火大会が終わったところとかち合ったらしく、
ホームに人が溢れているので、入場規制しているらしい。
うおー!俺は仕事で疲れているんだよー!
遊びの奴等は排除して俺を入れろー!
結局5分ほどで入れましたけどね。
でも電車の中もいつもはすいているのにめちゃ混み。
おまけに大声で話したりしてうるさいうるさい。
私も負けじと大音量で音楽を聴いてました。
いつもは音が漏れないよう小さ目にしているんですが、
お前らには遠慮しないよ。
非常に疲れた・・・・・・

と書いていたら、またもや大きな地震が。こわー。
近い将来、東京にも大地震が来るのかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Aug 05, 2005

BROKE[N]BLUE / THE WAITING

brokenbluethewaiting sample
男女2人のVo.をフィーチャーしたスウェーデンのメロディアスハード・バンドの2nd。
繊細で美しいメロディを持つメロディアスハード。
淡い哀愁メロディを北欧らしい透明感のあるプロダクションでゆったりと聴かせてくれます。
切ないサビがガッツポーズのキラーチューン "Perfect Match"、
ドライブするG.とメロディアスな唄メロがGoodな "Endlessly"、
メロディアスなG.フレーズとシリアスなフックのある唄メロを持つ "Found It Down"、
感動的なバラード "First Time" が非常に素晴らしい。
しかし他の曲は起伏に欠けあっさりとしており、印象に残りませんでした。
男性Vo.の歌唱が淡々としてあまり感情的でないのも原因の一つでしょう。
良いメロディを書けるだけにもったいない気がします。
まぁメロハーファンなら "Perfect Match" 一曲で買いでしょう。
(82点)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Aug 04, 2005

電車男とぷっすま

私が楽しみにしている番組です(笑)
電車男は原作とは違ったオリジナルストーリーを盛り込んでいますが、
これはこれで面白くて良いんじゃないでしょうか。
電車男役の伊藤淳史がハマり過ぎ(笑)

ぷっすまはもう4,5年?くらい見ていますが、あのぐだぐだ感がいいですねぇ。
この前は「絵心バトル」だったんですが、草薙画伯のセンス大爆発でした。
もう腹が痛くなるくらい大爆笑。
いつまでも続いて欲しいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 8/4

AIR SUPPLY / THE ONE THAT YOU LOVE
BROKE[N]BLUE / THE WAITING
AIR / VOL.5

しっかしHMVは何でCD一枚をあんなでかい箱に入れるのかねぇ。資源の無駄。

| | Comments (5) | TrackBack (0)

Aug 03, 2005

長時間通勤はつらい・・・・・

新しい職場にも慣れて少しずつ早く帰れるようになってきたのですが、
どうしても慣れないのが通勤。
90分~100分かかる&座れないということでグッタリ。
本を読む気にもなれず音楽を聴いてますが、
ぼーっとしていて半分聴いてません(笑)
家の近くにも店はいっぱいあるのに何でこんな遠くへ?
交通費もかなりかかるし良いことなんか無いよ。
あ~、早く異動したいなぁ・・・・

| | Comments (11) | TrackBack (0)

Aug 02, 2005

FUNERAL FOR A FRIEND / HOURS

FuneralForAFriend-Hours sample
イギリスのエモバンドの2nd。
HM的なG.をフィーチャーしたメロディアスでカッコいいエモ。
1stはスクリーモということで未聴だったのですが、本作ではスクリームパートは殆ど無く、HM的な硬質でキレのある流麗なG.と漢クサい哀愁のある唄メロが作り出すサウンドは非常にカッコいい!
ハードなサウンドとは裏腹にメロディ自体はかなりメロディアスで、
きっちりした構成と相成って聴きやすいものです。
キレのあるG.とメロディアスなVo.ラインがカッコいい "All The Rage"、
G.リフが紡ぎ出す高揚感と疾走感が心地良い超名曲 "Streetcar"、
クリアなG.が美しい哀愁メロウチューン "History" がお気に入り。
特に "Streetcar" に大ハマリで繰り返し聴いてます。
カッコいいエモが聴きたいなら、この作品はマストですよ。
(88点)


| | Comments (3) | TrackBack (0)

Aug 01, 2005

SENTENCED / THE FUNERAL ALBUM

Sentenced-TheFuneralAlbum sample
フィンランドの雄、SENTENCEDの8thにしてラストアルバム。
前作では絶望感漂うメランコリックメタルを聴かせてくれましたが、今作では打って変わって躍動感すら感じさせるパワフルなサウンドになっており、エネルギーの向きが内側から外側に変わった印象です。
近作のゴシック路線に初期のアグレッションが加わった、
まさにラストにふさわしい作品に仕上がっています。
もちろんあのメランコリックなメロディは健在で、
"We Are But Falling Leaves" "Her Last 5 Minutes" "Consider Us Dead"
"Lower The Flags" といった前作を踏襲したノーザンメランコリック路線では
胸を締め付けるような哀しいメロディが聴けます。
一方 "May Today Become The Day" "Ever-Frost" "Vengeance Is Mine"
"A Long Way To Nowhere"といったアップテンポなHMチューンでは
メランコリックながらもメタルのカッコ良さが出ていて、これはこれで素晴らしい。
そしてラストの "End Of The Road"。
あまりにも哀しいこのメロディはまさに「Funeral Song」です・・・・・・・・
(90点)

| | Comments (5) | TrackBack (1)

« July 2005 | Main | September 2005 »