« April 2005 | Main | June 2005 »

31 posts from May 2005

May 31, 2005

DAYS AWAY / MAPPING AN INVISIBLE WORLD

DaysAway-Mapping sample
3枚のEPを発表してきたペンシルバニアのエモバンドの1st。
繊細で美しいメロディを聴かせるエモ。
幻想的で浮遊感のあるサウンドは、マイルドでやさしく包み込むような温かさを感じさせます。
美メロエモの王道を行く "God And Mars"、
軽快でエモーショナルなポップチューン "Ideas"、
アコギをフィーチャーした、ハートウォームな "The Fight"、
マイルドで美しいギターに幻想的な唄メロが印象的な "It Happens" が好き。
ただもう一つのめり込めないのは、サイケな気だるさが漂っているためだろうか。
爽快感が感じられないのです。
クオリィティは高いのだが、そこが個人的趣向と外れていて残念。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2005

重い重い重い!

ここ数日、異常に重くなっています。
blogを見るだけで1分以上かかります。
記事をアップしても反映中で止まってしまいます。
夜中じゃなくて真昼間ですよ。ありえない。

ココログの悪いところは改善経過を報告しないところ。
HASHバグにしてもそうだけど、
直す気が無いと思われても仕様が無いですよ。
途中経過を報告すれば、「今がんばっているんだな」と感じて、
もう少し様子を見ようと思うんだけどなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2005

SCAR SYMMETRY / SYMMETRIC IN DESIGN

ScarSymmetry-SymmerticInDesign sample
スウェーデンのメロディック・デスメタル・バンドの1st。
全くの新人ではなく、THEORY IN PRACTICE・CARNAL FORGE・UNMOOREDなどに在籍していたメンバーで結成されたバンドです。
デスVo.とクリーンVo.を使い分け、Key.をフィーチャーしたそのサウンドからは、SOILWORKが思い起こされます。
このVo.のクリーンパートでの歌唱力は素晴らしく、
メロデスシーンではトップクラスではないでしょうか。
Key.アレンジがドラマティックかつキャッチーで、クリーンパートの唄メロも
非常にメロディアスなので、非常に聴きやすくなっています。
ドラマティックなKey.にメロディアスなサビが印象的な "Dominion"、
カッコいいデスパートからキャッチーなサビに流れるキラーチューン "Reborn"、
ブルータルなサウンドから爽快なサビに一転する "Hybrid Cult"が聴きどころ。
ただ、全体的にクリーンパートが目立ちデスパートのプルータルさが物足りないのと、
楽曲が似通っており後半ダレてしまうのが、今後の課題でしょう。
(85点)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

May 28, 2005

シスコはロックシティ

ベストヒットUSAでSTARSHIPの "We Built This City" のPVがかかりました。
というか、私の世代にとっては "シスコはロックシティ" ですよね!
このPVは初めて見たんですが、まぁPVとしてはイマイチでしたね。
ただ楽曲自体は80年代を代表する超名曲で、
何百回も聴いていたので今でも唄えました。
「KNEE DEEP IN THE HOOPLA 」 は産業ポップの名盤ですね。

他にもPaul Young "Everytime You Go Away"、
Kim Wilde "You Keep Me Hangin' On" がかかりました。
懐かしい~♪
80sのPVだけかける番組できないかなぁ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

May 27, 2005

FOREVER CHANGED / THE NEED TO FEEL ALIVE

ForeverChanged-TheNeedToFeelAlive sample
フロリダのクリスチャン・エモ・バンドの1st。
モダンなオルタナティヴロックの要素を持つエモ。
ヘヴィなギターに少々暗いメロディアスな唄メロという流行のスタイルで、正直オリジナリティは感じられませんが、哀愁のある唄メロのフックが強力で、ギターもヘヴィながらメロディアスなので、聴きやすく一般チャートでも
受け入れられるサウンドです。
時折美しくエモーショナルなパートを盛り込んだ展開も練られており、
デビュー作としてはかなりのクオリティではないでしょうか。
クールでカッコいいリフで始まるキラーチューン"The Last Time"、
キャッチーでカッコいいシングル"Encounter"、
美しいギターの音色が印象的なメロディアスチューン"The Need To Feel Alive"、
エモーショナルで切ない"Knowlidge"他、佳曲揃いです。
エモファンは是非一聴を。
(87点)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

May 26, 2005

COPELAND、WAKING ASHLAND来日決定

ソースはクリエイティブマンHP

これは絶対行かねば。凄く楽しみです。
OCEANLANEって知らなかったんでサンプル探して聴いたんだけど、
美メロエモでなかなか良さげだね。

エモは来日ラッシュだけど、メロハーは?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 25, 2005

購入CD 5/25

DAYS AWAY / MAPPING AN INVISIBLE WORLD
HARTMANN / OUT IN THE COLD

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 24, 2005

BRUNOROCK / INTERACTION

Brunorock-Interaction sample
イタリアのVo./G.であるBruno Kraler率いるBRUNOROCKの3rd。
プロデューサーにMichael Wagner、ゲストにRachel Bolan(SKID ROW)・Fredrik Bergh(STREET TALK)などが参加しています。
ギターオリエンテッドな80年代欧州型メロディアスハード。
ハードエッジなギターにメロディアスな唄メロが乗るそのスタイルは、BONFIREやJADED HEARTを思い起こさせるところもあります。
Brunoの、HR的にパワフルで伸び伸びと唄うVo.がまた素晴らしい。
ドライブ感のあるカッコいいHRチューン"It's All Been Done The Truth"、
Fredrik作曲の、STREET TALKぽいメロウチューン"Let Me Be The One"、
爽やかなサビが印象的なポップチューン"Hard Working Day"、
イタリア語のメロディアスロック"La Fonte Dei Songni"などがお気に入り。
佳曲揃いなのですが、コレといったキラーチューンが無いのが残念。
クオリティは高いだけに、アピールできる一曲が欲しいところです。
(83点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 23, 2005

購入CD 5/23

TRANSMATIC / TRANSMATIC
CALLENISH CIRCLE / MY PASSION//YOUR PAIN
BRUNOROCK / INTERACTION
TAL BACHMAN / TAL BACHMAN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

めぞん一刻

mezon
コンビニで「めぞん一刻」のコミックが250円で売っていたのでつい購入。
当時アニメで知って、コミックは全巻持っているんですけどね。

やきもち焼の響子さんと頼りない五代君の勘違いとすれ違い、
一刻館の住人が巻き起こす騒動は今読んでもホント面白いです。
四谷さんがまたイイ味出してますなぁ(笑)

アニメの最終回で二人が赤ん坊を連れて一刻館の前で
「ここはね、パパとママが初めて会った場所なのよ。」
と言うシーンは泣けました。
素晴らしい名作です。

| | Comments (202) | TrackBack (0)

May 22, 2005

THE STARTING LINE / BASED ON A TRUE STORY

TheStartingLine-BasedOnATrueStory sample 
ポップパンク・バンド、THE STARTING LINEの3rd。
SIMPLE PLANやBOWLING FOR SOUPのような、ポップセンス溢れるキャッチーなメロディが満載のパンク。
Key.やピアノをフィーチャーして、より洗練された印象を受けました。
またフックのあるメロディも全編に渡って充実しており、パンクらしいシンガロングパートやギター・スクリームもあるものの、ポップスに近い楽曲もあります。
思わず口ずさむキャッチーな唄メロを持つ、シングル"Bedroom Talk"、
ドライブ感のあるギターに切ないサビがたまらない"Surprise,Surprise"、
ライトでキャッチーなポップロック"Stay Where I Can See You"、
ポップパンクの王道のような、ノリのよいシンガロングソング"The World"、
このあたりが特に好き。
ポップパンクファンは要チェック。
(85点)

| | Comments (994) | TrackBack (0)

May 21, 2005

レビューの時間

みなさんはレビュー1本書くのにどれくらいかかりますか?
私は30分から45分くらいですね。
えー、あれだけなのにそんなに時間かけてんのかよ、とお思いでしょ(笑)
最初に検索してバイオやディスコグラフィーを調べ、
ザクッと聴き直して、あれこれ考えながら書いて、
サンプルがないか探して、ジャケットをアップして、
気が付くと時間が経ってしまうんですね。
もっとサクサク書きたいよ~。

| | Comments (22) | TrackBack (0)

May 20, 2005

WAKING ASHLAND / COMPOSURE

WakingAshland-Composure sample
04年発表の自主制作EP「I AM FOR YOU」に続く1st。
日本盤ボートラに「I AM FOR YOU」から2曲収録されています。
ピアノをメインにしたエモーショナルでちょっと切ないエモ。
心が癒されるようなマイルドでやさしく包み込むサウンドは、KEANEをエモにした感じかな。
普遍的なポップス性があり、エモの枠に囚われないヒットの可能性を秘めています。
哀愁漂うエモーショナルで美しい超名曲"I Am For You"、
寂しげな懐かしさを感じさせる"Edinger"、
前EPから再録された、美しく胸に染み入る"Long Shot"、
希望溢れるキャッチーで爽やかなメロディが心地よい"Silhouettes"他
ハイクオリティな楽曲が目白押しです。
MAE、COPELANDが好きな人はもちろん、メロハーファンにも聴いてもらいたい名盤。
(94点)

| | Comments (17) | TrackBack (0)

May 18, 2005

PRIEST AT BUDOKAN

JUDAS PRIESTの18日武道館公演に行ってきました。
RobのVo.はさすがに衰えを感じさせるもので、
伸びが無かったりスクリームが雑だったり・・・でもそれがどうした!
必死の形相で魂を込めて唄うRobに釘付け。
あの圧倒的な存在感、RobはやっぱりMeatl Godでした。

気になったのが、全体的にテンポが遅めだったこと。
そのためちょっとノリにくい時もありました。
特に"The Ripper"は遅すぎでしょ。

素晴らしいパフォーマンスに数々の名曲、とても楽しめました。
特に"PainKiller"では狂ったようにヘッドバンギングしちゃいました。
あと"Hellrider"がめちゃカッコよく、
他の名曲に引けをとらないくらい感動的でしたね。

ただ今日のRobを見ていると、次の来日公演はあるのだろうかと
不安になったりもします。
あと10年もあのライブを続けられるとは思えない・・・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 5/18

WAKING ASHLAND / COMPOSURE
THE STARTING LINE / BASED ON A TRUE STORY

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2005

RAM IT DOWNサイコー!

JudasPriest
当時ダビングしたカセットに入れてあったFMステーションからの切り抜き。

「TURBO」への批判から無理やりヘヴィにしたと言われた「RAM IT DOWN」ですが、
今聴くと(当時も思ってましたが)凄くメロディアスかつドラマティック。
"Ram It Down"の2回目のサビの後の唄メロや"Hard As Iron"なんてポップです。
"Blood Red Skies"のドラマティックさには悶絶ですよ。ライブで聴きたい~。
来日公演では"I'm A Rocker"しかやってないのに、アルバム全部ヘヴィローchu。
Go Johnny Go Go Go~♪

| | Comments (42) | TrackBack (0)

May 16, 2005

HDDの整理

今日は休みだったので、いらないファイルやソフトを整理してバシバシ削除。
いや~、懐かしいものが色々出てきました。
一時期はメロスパーだったので、へなちょこなメロスピの音源や動画がいっぱい。
今聴くと何でハマっていたんだろうと思いますね。
ま、若気の至りということで(笑)
MR-XでDLしたレア音源はCDに焼こうと思ってCD-Rを買ってきておいたんだが、
時間が無くできなかった。
結局空き容量が3.65Gになったけど、これじゃ埋まるのは時間の問題だなぁ。
HDDを増設するしか無いですね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

May 15, 2005

HOUSE OF SHAKIRA / LINT

HouseOfShakira-Lint sample
スウェーデンのメロディアスハード・バンド、HOUSE OF SHAKIRAが97年に発表した1st。ボートラ2曲を追加して、この度再発。
GOTTHARDを彷彿とさせる、ギターオリエンテッドなメロハー。
ドライブ感のある骨太なギターに、厚いハーモニーを持つ唄メロという音楽性は、北欧らしさは無くアメリカンロックに近いという印象です。
張りのあるパワフルで伸びやかなVo.が兎に角素晴らしい。めちゃウマ!
このVo.のおかげで、作品のクオリティが更に上がっているのは間違いありません。
1曲目 "Mourning Over Morocco"OPでのイスラム風のVo.SEが退きますが、
その後はハードドライビングなギターにキャッチーなメロディがスイングします。
「High High High♪」というポップなサビが気持ち良い"Method Of Madness"、
アコギをフィーチャーした、メロウでしみじみさせるバラード"Nr.8"、
ノリのよいキャッチーなアメリカンロック"Who's Lying Now"が特に素晴らしい。
中盤の楽曲がちょっと落ちるのが残念。
メロディアスハードの良さが詰まった一枚です。
(88点)


| | Comments (28) | TrackBack (0)

May 14, 2005

SPITALFIELD / STOP DOING BAD THINGS

Spitalfield-StopDoingBadThings sample1 sample2
シカゴのエモバンド、SPITALFIELDの3rd。
カッコいいストロングなギターに、フックのある唄メロが乗るエモロック。
ガツッとくるグルーブ感のあるバックはヘヴィですが、エモーショナルなパートを盛り込み、フックのあるメロディを展開させて引き付けてきます。
キレのあるギターにキャッチーなサビを持つ"So Heard You Joined A Convent"、
グルーブなブリッジとパワフルなサビがカッコいい"Gold Dust Vs. State Of Illinois"
淡くマイルドなエモーショナルチューン"Restraining Order Blues"他、
カッコいいエモが満載。
明るいポップさが無いので最初はとっつきにくいかもしれませんが、
聴き込むほどにハマるスルメ型の作品です。
(86点)

| | Comments (11) | TrackBack (0)

May 13, 2005

MAEのライブ動画

ASE'S BASEMENTでMAEのライブを見たのですが、
またまたハーモニー無し_| ̄|○
MAEは来日したら絶対観に行こうと思っていたのですが、
これを見るとアルバムの繊細さが出ていなくてちょっとビミョー。

つーかエモバンドよ、ハーモニー入れてくれ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 12, 2005

購入CD 5/12

RICHARD MARX / RUSH STREET
MICHAEL LEARNS TO ROCK / PLAYED ON PAPER
椎名へきる / FACE TO FACE

超久しぶりにBOOK OFFで購入。安いね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 11, 2005

プリーストモード

18日のJUDAS PRIESTライブの予習のため、他のCDは放置です。
新譜の曲は名曲群と比べると弱いかなと感じてましたが、
聴き込むとなかなか良いですね。
"Hellrider"のG.ソロなんて最高にカッコいい。

ただアンコールの定番"You've Got Another Thing Comin'"と
"Living After Midnight"ってそんなに良いかなぁ。
アメリカ人受けは良さそうだけど、日本人だったらそれより"The Sentinel"とか
"Hard As Iron" "Before The Dawn"などをやって欲しいのではないかな。
個人的には"Johnny Be Goode"が凄く聴きたいんだけど、無理ですね(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 09, 2005

RAPTURE / SONGS FOR THE WITHERING

Rapture-SongsForTheWithering sample
フィンランドのゴシックメタル・バンドが02年に発表した2nd。
胸を締め付けるメランコリックなメロディが満載のゴッシクメタル。
メランコリックながら分かりやすくキャッチーなメロディとノリのよいリズムのため、絶望感のようなものは感じられず、聴き易いサウンドになっています。
重低音デスVo.とクリーンVo.によるツインVo.のコンストラストが
激しさと悲しさを引き立てていて、かなり効果的です。
1,2曲目は淡々としたメロディをデスVo.が一本調子に唄っていたため、
これは失敗したかと思いましたが、3曲目の"Two Dead Names"で
荘厳で美しくまさにゴシックなメロディが出てきて一安心。
続く"Transfixion"はアップテンポのリズムにメランコリックなメロディを刻むギター、
淡々と唄うデスVo.から一転して美しいサビメロを唄うクリーンVo.、
そして高揚感を誘う畳み掛ける展開と、ガッツポーズものの超名曲です。
"Raintracks"も同系統の、メランコリックなメロディとデス・クリーンVo.の対比が
見事な名曲。この2曲は本当に素晴らしい。
メランコリックな美しいメロディが堪能できる作品。
デスVo.が全くダメな人にはお薦めしませんが。
(88点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 08, 2005

ACCEPTANCE / PHANTOMS

Acceptance-Phantoms sample1 sample2
03年のEP「BLACK LINES TO BATTLEFIELDS」に続く、
1stフルアルバム。
CARTELのようなポップでストレートなエモに、COPELANDのようなエモーショナルさをまぶしたようなサウンドです。
メジャーレーベルCOLUMBIAに移籍したためか、前EPのような混沌とした泥臭さが無くなって、ピアノやストリングス・ハーモニーアレンジが洗練されて聴きやすくなりました。
キャッチーになったメロディのフックも強力になって、HOOBASTANKのようにヒットする可能性を持っているくらいのメジャー感が漂っています。
ピアノから始まりハーモニーになだれ込む展開にガッツポーズな名曲"Take Cover"、
シングルカットされた、非常にエモーショナルな"Different"、
THE POLICEぽいカッコいいロックチューン"Over You"、
キレのあるG.にエモいメロディがカッコいい名曲"Permanent"など、
捨て曲無しの佳曲名曲揃いで、エモファンは間違いなく必聴!
(92点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 07, 2005

CCCDやめれ

先日HMVに行ったところ、RELIENT K「MMHMM」の日本盤が出てました。
ジャケットをメンバーショットに、タイトルを「BE MY ESCAPE」に変更して。
いや~めでたいとCDを手に取ったところ・・・・・・ん?
こ、これはまさかCCCD?
裏を見るとやっぱり東芝EMIでした(ガックシ)
せっかく日本盤が出たのにこれじゃ誰も買わないよ。
ボートラも良い曲なのにー。

しっかしEMIもホント何考えているんでしょうか。
CCCDにすることで逆に売れなくなるのに。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 06, 2005

購入CD 5/6

JUDAS PRIEST / ANGELS OF RETRIBUTION
SPITALFIELD / STOP DOING BAD THINGS
ACCEPTANCE / PHANTOMS
RAPTURE / SONGS FOR THE WITHERING

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 05, 2005

BOYSTOWN / ANGELS WITH DIRTY FACES

Boystown-AngelsWithDirtyFaces sample
アメリカのメロディアスハード・バンドが90年に発表した1st。
混じり気無しのポップなメロハーで、Key.の音色が80年代北欧メタルぽいですね。ソウルフルで力強いVo.が地味ながら上手く、かなりの実力と思われます。
メロディにフックがあり、アレンジや展開が工夫されていて所々でハッと
耳を奪われました。
ハードでカッコいい"Somthing In The Way You Touch"、
間奏のドラマティックなKey.は悶絶モノです。
キャッチーで爽快な"I Need Shelter"、ギターソロがまた素晴らしい。
切ないメロディを持つポップチューン"Boy Inside A Man"、
北欧メタルなKey.をフィーチャーしたマイルドなメロハー"Way Of The World"など
80年代を通過してきたメロハーファンにはツボな楽曲が揃っています。
普通過ぎてサンプルを聴く限りではインパクトはありませんが、
非常に良質の作品です。
(88点)


| | Comments (6) | TrackBack (0)

May 03, 2005

OUTRIDER / NO WAY OUT

Outrider-NoWayOutアメリカのOUTRIDERが91年に発表した1st。
TOTOの「THE SEVENTH ONE」を思い起こさせる、都会的な洗練されたメロディアスハード・AOR。
マイルドなVo.、クリアトーンのG.、ツボを押さえたKey.アレンジ、
それぞれが自己主張すること無く上手くまとめ上げられています。
マイルドながらロックのダイナミズムも取り入れてあって、起伏のあるドラマティックな
展開を見せているので、マッタリとした印象はありません。
サックスをフィーチャーしたポップチューン"Mourning Rain"、
モロTOTOなハードロック"Love Is Killing Me"、
ドラマティックなパワーバラード"Baby Get Back"、
フックに富んだメロディとハイセンスなアレンジが絶妙な
"I've Been Gifted By Your Love"、
スケールの大きい感動的なバラード"Bigger Than Blue"他、
楽曲のクオリティは非常に高い。
AOR的なメロディアスハードが好きな人にお薦めしたい作品です。
(87点)

| | Comments (189) | TrackBack (0)

May 02, 2005

ユーロ高っ!

クレジットカードの請求書が来たのですが、明細を見ると1ユーロ=141.2円。
ニュースとかでドルはよく見るので少しは気にしていたんですが、
ユーロは全くノーチェック。1ユーロ=130円くらいだと思ってました。
でも私は購入時に為替レートとか送料とか考えてません。
欲しいCDを欲しい時に買うだけです(笑)
まとめ買いして1枚当りの送料を安くするなんてことはしないしね。
ぶっちゃけ1枚でも買います。
ええ、買い物下手だと思いますわ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 01, 2005

ゴールデン・ウィーク

世間ではゴールデン・ウィークで長期連休ですが、
スーパーではもちろんそんなものはありません。
私の実家は昔販売店をやっていたので、
子供の時も長期連休なんてもちろん無し。
私の人生はゴールデン・ウイークとは無縁。
別にうらやましくなんか・・・・・・・・・いいなぁ(ボソ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

購入CD 5/1

SCAR SYMMETRY / SYMMETRIC IN DESIGN
AIR / VOL.2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »