« October 2004 | Main | December 2004 »

36 posts from November 2004

Nov 30, 2004

A THORN FOR EVERY HEART / THINGS AREN'T SO BEAUTIFUL NOW

athornforeveryheartthingsarentsobeautifulnow.jpg sample
エモバンドの2004年発表のデビューアルバム。
クールでハードな面とメロディアスな面の対比が絶妙で、
唄メロのフックが強力なので、ぐいぐい引っ張り込まれました。
時折メロディアスなVo.のバックに絶叫スクリームが入ったりして、
Vo.の美と激の共存が面白いですね。
どの曲もクオリティ高いですが、
特に、美しいピアノがバックに流れるタイトルトラックは
哀愁漂うドラマティックなメロディが堪らない名曲で、
この1曲で買いだと思います。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 29, 2004

LAST AUTUMN'S DREAM / II

lastautumnsdreamii.jpg
Mikael ErlandssonとAndy Malecekのプロジェクトの2nd。
前作と同様のピュア・メロハーですが、"Fire With Fire"や"Running"のような
アップテンポチューンは新たな方向性です。
楽曲のクオリティも大きく向上し、出来にバラつきがあった前作と比べ、
今作では捨て曲は見受けられません。
特に"Up In Paradise" "Helpless" "Over & Out"の
爽やかでキャッチーなメロディのフックは強力で魅力的です。
バラードの"So Much Love In The World" "Brand New Life"も
感動的で心に染み入ります。

現TALISMANのB.&Drがタイトな演奏でいい仕事をしており、
AndyのG.のメロディアスなプレイも素晴らしいです。
ただ残念なのが薄く軽いプロダクション。
このためインパクトが弱まり良作止まりになってしまっています。
メロディ・演奏のクオリティが高いだけにもったいないですね。
(86点)

| | Comments (11) | TrackBack (2)

Nov 27, 2004

購入CD 11/27

LAST AUTUMN'S DREAM / Ⅱ

amazon遅過ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 26, 2004

FORTUNE / FORTUNE

fortune2004.jpg sample
ボストンのFORTUNEが85年に出した唯一のアルバムが
ボートラ3曲を追加して再発されました。
モロ80年代の産業ロックという感じで、メジャー感たっぷりです。
アメリカンな明るさ・爽快さは無く、マイルドかつウェットなプロダクションで、
泣きや哀愁漂うメロディが中心となっています。
特に"Smoke From A Gun"の哀愁度は凄まじく、
NEW ENGLANDの"Explorer Suite"を思い出しました。
G.は適度にハードかつメロディアスなプレイをし、
Key.がドラマティックに盛り上げるその楽曲は
フック満載の素晴らしいものばかりで、
メロハーファンには堪らないものがありますよ。
(90点)

| | Comments (3) | TrackBack (1)

猪木さん、マジっすか

週刊プロレスの猪木ノインタビュー。
「棚橋対中邑はわざと変えたんじゃなくて、それがファンの望んでいること。」
・・・・・・・あのー、本気で言っているんでしょうか。

しかし新日本隊も誰も猪木に噛み付かないよなぁ。
一人も「猪木ふざけんな!」って言う人がいないもんね。
反発した人は外に飛び出してもうYESマンしかいないのでしょうか。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 25, 2004

RUSSELL / WALL OF LOVE

Russell-WallOfLove.jpg
LONG ISLAND RECORDSから出た95年の作品。
ライトでキャッチーなポップロックで、サックスなど
フューチャーされて、マイルドで落ち着いた雰囲気です。
Vo.がEddie Money似のちょっとかすれた声質で、
この音楽性にマッチしている淡々とした唄い方をしています。
どの楽曲も、派手な盛り上がりはありませんがフックがあり、
アレンジもツボを押さえてあり、佳曲揃いです。
(85点)

| | Comments (340) | TrackBack (0)

Nov 24, 2004

購入CD 11/24

FENIX-TX / LECHUZA
A THORN FOR EVERY HEART / THINGS AREN'T SO BEAUTIFUL NOW
下川みくに / キミノウタ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 23, 2004

購入CD 11/23

FOUR SQUARE / INDUSTRY AT HOME
JORN / STARFIRE
FORTUNE / FORTUNE
RPM / RPM

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 22, 2004

MARK SCHULTZ / STORIES & SONGS

markschultzstoriessongs.jpg sample
CCMアーティストの2003年発表の3rd。
前作同様の非常にクオリティの高いポップロックで隙がありません。
フックのあるメロディをマイルドで伸びやかに唄い上げ、
清涼感のあるハーモニーがそれを包み込み、感動を更に深めてくれます。
前作よりバラードタイプの曲が増えていますが、
どの曲も素晴らしい出来なので飽きることはありません。
特にストリングスが大仰に盛り上げる"He Will Carry Me"、
爽やかな風が吹く草原を思い起こさせる"Time That Is Left"、
涙無しでは見られないPVが感動的な"Letters From War"
この3曲は超名曲です。これほどのアーティストなのに日本では
殆ど知られていないのはもったいないですね。
(90点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 21, 2004

ロック・サウンド

88年頃にNHK-FMで放送していた西森マリーのロック・サウンド。
ROCK TODAYやROCK EXPRESSで決してかからないマイナーな
メロハーをかけてくれて、毎週エアチェックして曲だけダビングしていました。
SHY、SKAGARACK、MAD MAX、MONRO、KARO、STRAGEWAYSといった
ヨダレものの選曲で、今考えると夢のような番組ですね。
今もどこかでこのような番組をやっているのでしょうかね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

購入CD 11/21

DAYS LIKE THESE / CHARITY.BURNS.GREEN

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 20, 2004

FURTHER SEEMS FOREVER / HOW TO START A FIRE

FurtherseemsForever-HowToStartAFire.jpg sample
アメリカのエモバンドの2003年発表の2nd。
アグレッシブにグイグイとメロディが畳み掛けてくるエモで、
エモーショナルな繊細さとハードなG.が見事に共存しています。
Vo.はハードにスクリームしたかと思うと、はかなげに唄ったりと、
緩急のある歌唱で素晴らしいですね。
G.がまた美しいメロディを奏でており、ゾクッとするフレーズが出たりします。
"On Legendary"の透明感のある美しいメロディは感動的です。
「HIDE NOTHING」と共に必聴の作品。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 11/20

MARK SCHULTZ / STORIES & SONGS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 19, 2004

SENSE FIELD / LIVING OUTSIDE

SenseField-LivingOutside.jpg sample
カリフォルニアのエモバンドの4thアルバムにしてラストアルバム。
Vo.が現FURTHER SEEMS FOREVERのJon Bunchだけあって、
曲の雰囲気は似ていますね(って逆か)。
ストリングスやピアノを使った、ハーモニーが幾重にも折り重なった
哀愁漂うエモなところはFSFと同じなのですが、こちらのほうがハードです。
フックのあるメロディとツボを抑えたアレンジ、
そして力強く伸びやかかつエモーショナルなJonのVo.、素晴らしい。
爽快で高揚感のある"Running Behind"が一番好き。
FSF同様、エモファンは押さえるべき作品。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 18, 2004

PRIDE OF LIONS / BLACK RIBBONS(VOICES OF THE WORLD)

PrideOfLions-BlackRibbons.jpg sample
3月11日にスペインのマドリードで起きた列車爆破テロの犠牲者のための
チャリティー・レコードで、3曲入り。
タイトル曲は切なく静かに始まり、サビで感動的に盛り上がるバラード。
トビーが感情込めて力強く歌い上げて、やはり素晴らしい。
残り2曲はライブで1stの”Gone"とSURVIVORの”I Can't Hold Back"。
ライブでもトビーのVo.はスタジオ盤と変わらぬ素晴らしさで、
むしろライブのほうがより魅力的に聴こえます。
特に”I Can't Hold Back"は原曲以上の出来ではないでしょうか。
感動で鳥肌が立ちました。
是非とも来日公演を実現してほしいものです。
(90点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 17, 2004

新日は何をやっているんだか・・・

週刊プロレスで新日大阪ドーム大会のカードが
変更されたことを知りました。しかもまた猪木の横槍で。
川田対天山、中邑対棚橋を変更してまで
小川を参戦させる必要があったのでしょうか。
新日に猪木はいらないです。藤田もいらないです。
ファン心理がまるで分かってない。
話題作りに走ってファンを裏切っているのが分からないんですかねぇ。
新日には本当にがっかり。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

購入CD 11/17

PRIDE OF LIONS / BLACK RIBBONS(VOICES OF THE WORLD)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 15, 2004

NUMBER ONE FAN / COMPROMISES

NumberOneFan-Compromises.jpg sample
アメリカのエモバンドの1st。
エモど真ん中の、エモーショナルで切ないメロディが満載です。
Vo.もはかなげな歌唱で哀愁漂っており、この音楽性にマッチしています。
静と動の緩急付けた楽曲はクオリティ高く捨て曲無しです。
特に”The Distance"の美しさ、スケールの壮大さは素晴らしい。
エモ好きは聴かないともったいないですよ。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 11/15

GOODBYE TOMORROW / TIED BY MILES
RUSSEL / WALL OF LOVE
ELLIOTT / FALSE CATHEDRALS
SAVES THE DAY / STAY WHAT YOU ARE
FURTHER SEEMS FOREVER / HOW TO START A FIRE
SENSE FIELD / LIVING OUTSIDE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 14, 2004

丸藤 VS KENTA

TVで丸藤 VS KENTAを見たんですが、もう素晴らしいです!
KENTAの気迫溢れるファイトには思わず応援してしまうものがあります。
そして丸藤。彼のムーブメントはホント天才的です!
動き一つ一つに驚嘆してしまいます。
特にフィニッシュの不知火・改は凄すぎ。
NOAH Jr.最高!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 13, 2004

BECK

今一番楽しみなアニメは「BECK」ですね。
撮り貯めてあった5話まで一気に見たんですが、
これを見ると俺も高校生の時にバンドやればよかったなぁと思っちゃいます(笑)
「BECK」の曲はまだ出てきてないですが、今時のラウド系ですかね、やっぱり。
これがショボイと話の説得力が無くなってしまいますからねぇ。

バンドアニメでは「快感フレーズ」のルシフェルは好きでした。
歌詞はアレですが曲は良かったと思いますよ。
よくカラオケで唄いました。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Nov 12, 2004

NAME TAKEN / Hold On

NameTaken-HoldOn.jpg sample
アメリカのエモバンドの2nd。
ルーズな歌唱のVo.が唄うメロデイは非常にエモーショナルで
どこか寂しげなところがあり、じわりと入り込んできます。
G.は激しくリフを刻んでいますが、所々メロディアスなフレーズが
出てきて緩急のあるプレイを聴かせます。
ラウドでありながらエモーショナルであるこのG.と哀愁の唄メロが
一体となったときの盛り上がりはたまらないものがあります。
いかにもエモらしい素晴らしいバンドですね。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 11, 2004

STRUNG OUT / EXILE IN OBLIVION

StrungOut-ExileInOblivion.jpg sample 
アメリカのパンク・バンドの5th。
BAD RELIGIONのような男の哀愁を感じさせるカッコいいパンクで、
メタル度がかなり高く、キターリフはザクザクで、ギターソロまであったりします。
Vo.もちょっと影のある硬派な雰囲気でキレのある唱法が男クサくてしびれます。
キレのあるG.が疾走する楽曲はフックがあり、どの曲もカッコいいです。
プロダクションはクリアで分離がいいのでかなり聴きやすい。
この音楽性はメタルファンにも間違いなく支持されると思います。
カッコいい音楽を聴きたいなら是非!
ジャッケットのイメージと全然違いますから(笑)
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 10, 2004

MARTIN STENMARCK / THINK OF ME

MartinStenmarck-ThinkOfMe.jpg sample
スウェーデンのポップシンガーの2nd。
前作はHAREM SCAREMぽいメロディアスロックだったのですが、
今作はグッと落ち着いたアメリカンポップロックで、バラードが多く収録されています。
前作の”Fallin'"のようなメロハーを期待していたこともあり
最初はがっかりしましたが、聴き込むと良質のメロディとフックがあることが分かり、
楽曲全体のクオリティは前作より上ではないでしょうか。
派手さはありませんが成熟したメロディが染み入る一枚。
(85点)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

Nov 09, 2004

COPELAND / BENEATH MEDICINE TREE

Copeland-BeneathMedicineTree.jpg sample
アメリカはフロリダのエモバンドの2003年発表の1st。
Vo.、G.、ハーモニー全てがエモーショナルで、やさしく心を包んで癒してくれます。
透明感のある美しくも儚げなサウンドに感動で心が震えました。
ファルセットを駆使した唱法のVo.は切なく哀愁漂っており、
じわりと胸に沁み込んで感情を揺さぶってくるようです。
ピアノで静かにはじまる”Brightest"でCORPELANDの世界に引きずり込まれます。
その後も次々とエモーショナルで美しいメロディが続き、
聴き終ったあと幸せな気持ちになる、そんなアルバムです。
エモ・メロハーファンは間違いなく必聴!
(95点)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 11/9

MARTIN STENMARCK / THINK OF ME

もう来た。早いな~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 08, 2004

M.ILL.ION / KINGSIZE

Million-Kingsize.jpg sample
スウェーデンのメロディックHRバンドの3年振りの5th。
80年代ぽい正統派HRで、PRETTY MAIDSやDEEP PURPLE、L.A. MEATLを
彷彿とさせ、オルガンが上手く使われています。
Vo.は個性的ではありませんが、力強く音程も安定しています。
PRETTY MAIDS風の”Eyes Of A King"やHRど真ん中の”Backdoor Queen"、
ネオクラでカッコいい”On And On"などが聴き所でしょう。
今一つな楽曲があったり、洗練されてなくてちょっとイモクサい所があったりしますが、
このような正統派メロディックHRは貴重ですし、方向性は好きなので期待ですね。
(82点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 11/8

NUMBER ONE FAN / COMPROMISES
COPELAND / BENEATH MEDICINE TREE
NAME TAKEN / HOLD ON
STRUNG OUT / EXILE IN OBLIVION

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Nov 07, 2004

WAKING ASHLAND / I AM FOR YOU

WakingAshland-IAmForYou.jpg sample
アメリカのエモバンドの6曲入りデビュー・ミニ・アルバム。
ピアノをフューチャーした切ない哀愁メロディが素晴らしく、
感情を抑えたVo.が楽曲にマッチしています。
特に"I Am For You(Don't Give Up)"は名曲で、
爆発的に盛り上がるサビとVo.のファルセットがたまらないです。
他の曲も同様にクオリティ高く、捨て曲無しです。
GOO GOO DOLLSを彷彿させるところがあったりして、
エモファンは要チェックですよ!
(86点)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Nov 06, 2004

MARK SCHULTZ / MARK SCHULTZ

MrakSchultz.jpg sample
CCMアーティストの2002年発表の1st。
2nd「SONG CINEMA」と比べると、やや落ち着いたAOR的な雰囲気を持つ
楽曲が多く、メロディやアレンジはやや未消化なところが見受けられます。
MarkのVo.は既に完成されている感があり、伸びやかかつ力強く、
感情豊かに歌い上げていて素晴らしいです。
ダイナミックなポップロック”I Am The Way"、
心洗われるような神々しさを持ったバラード”He's My Son"
ドラマティックなイントロから爽やかに展開する軽快な”Legend Of McBride"
などが聴き所で、私のお気に入りの曲です。
(84点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 11/6

WAKING ASHLAND / I AM FOR YOU
M.ILL.ION / KINGSIZE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 05, 2004

BURRN! 12月号

伊藤氏と広瀬氏の対談が面白かったね。
ROCK TODAYというと印象に残っているのが酒井氏。
「やめなさいっての(笑)」といって机をバンバン叩きながら、
葉書を読んで伊藤氏と面白トークをしていました。
あのころの葉書ってまるでオールナイトニッポンのように葉書職人がいて、
アーティストをいじったネタで笑かしてくれたなぁ。
大貫氏や和田氏をゲストに呼んでバカトークしたりね。
HMを聴ける唯一の番組だったから、番組自体物凄いパワーがあった気がします。
88年くらいになると他にもPURE ROCK、ROCK EXPRESS、THE ROCK、
ROCK SOUNDとHMの番組が増えてきましたけど。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 04, 2004

VANESSA CARLTON / HARMONIUM

VanessaCarlton-Harmonium.jpg sample
前作「BE NOT NOBODY」から2年ぶりの2nd。
プロデューサーはTHIRD EYE BLINDのStephan Jenkinsです。
ピアノを主軸にした、ウエットで透明感のある美しいメロディのポップスで、
ストリングスやオルガンを盛り込んだ落ち着いた曲が中心になっています。
VanessaのVo.は粘着系の印象的な声をしており、存在感があります。
シングルの”White Houses"は軽やかなピアノが印象的な
爽やかなポップスで名曲です。
ボートラのカバー、U2”Where The Strees Have No Name"では原曲のイントロの
カッティングギターをリバーブのかかったピアノでアレンジすることによって
幻想的な浮遊感を作り出していて、原曲よりもこちらのほうが好きです。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 03, 2004

購入CD 11/3

VANESSA CARLTON / HARMONIUM
GUN / SWAGGER
JOHN FARNHAM / WHISPERING JACK

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Nov 02, 2004

雑記

マガジン39号の「RAVE」泣きました。
ジーク、あんた漢だよ・・・・・

PRIDE、バーネット残念だったね。
大晦日に是非リベンジマッチを組んで下さい。
ノゲイラ VS ヒョードル最高に楽しみですなぁ。

最近気温が高いせいで肉が売れないっす。
あれほど売れていたシャブシャブやモツがさっぱり売れません。
あと西友の優勝セールがひびいていますね。
見切り率がとんでもない数字になっております。

HDDプレーヤーは便利でいいね。
確かにビデオにはもう戻れませんね。

| | TrackBack (0)

Nov 01, 2004

DRAGONLAND / STARFALL

Dragonland-Starfall.jpg sample
スウェーデンのメロディック・スピード・メタルの3rdアルバム。
シンフォニックなバックにクサい唄メロが乗るキラキラしたサウンドは
類型的と言えばそうなのですが、ドラマティックな高揚感のある楽曲は
その一言では片付けられないクオリティを持っています。
大空を飛ぶ鳥のような爽快な”As Madness Took Me"は鳥肌ものです。
他にもキャッチーな”Starfall"や、シンフォニックでアグレッシヴな
”Call My Name"、シリアスな”The Dream Seeker"など佳曲揃いです。
ただ組曲の”The Book Of Shadows"は展開にメリハリが無く、
長さを感じさせてしまうので改善すべき課題でしょう。
ちなみにカヴァーのX JAPAN "Rusty Nail"は日本語で唄っており、
発音がイマイチなのでハッキリ言って失笑ものですね(笑)
(83点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »