« September 2004 | Main | November 2004 »

48 posts from October 2004

Oct 31, 2004

THE LADDER / FUTURE MIRACLES

TheLadder-FutureMiracles.jpg sample
元FMのSteve Overland(Vo)とPete Jump(Ds)が結成したバンドの1st。
G.は元TENのVinny Burns、プローデューサーはHEARTLANDのSteve Morrisです。
今作はFM・SO!・WILDLIFEの未発表曲をレコーディングしたものだそうです。
FMの1st・2ndのようなハードポップからAOR・ブルージーな曲と色々ですが、
未発表だったのが不思議なくらいの楽曲が揃っています。
特に”Like Lovers Do"”Too Bad"のようなFMの1stを彷彿とさせる
爽快なハードポップチューンは個人的にかなりツボでした。
SteveのVoは相変わらずソウルフルで非常に魅力的で、
これにVinnyのメロディアスなGが組み合わさり、熟年の技といった雰囲気です。
このバンド、続いてほしいものです。
(85点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 29, 2004

PRIDE OF LIONS / THE DESTINY STONE

PrideOfLions-TheDestinyStone.jpg sample
Jim PeterikとToby Hitchcockのバンドの2nd。
一点の曇りも無いメロディアスハードで、
全ての面において前作より飛躍的に向上していました。
希望を与えてくれるような高揚感溢れる哀愁メロディは更に強力になり、
楽曲全編にフックがちりばめられ、また展開も素晴らしく、
1曲の中で山場が何度も作られています。
Key.やG.までいちいちメロディアスでたまらないです。
Tobyの伸びやかで力強いVo.は文句の付けようも無く、
Jimの作り出す楽曲をよりスケールの大きい感動的なものにしています。
究極のメロディアスハードここにあり!
(95点)

| | Comments (7) | TrackBack (1)

部屋の掃除

昨日は久々に部屋の掃除。
そりゃあ酷いものでまるで「汚宅訪問」みたいな惨状でした。
部屋のあちこちにペットボトルや雑誌・CD・ゴミが散乱し、
布団をひくスペースがようやく取れる状態。
机の上は書類が山のようになっていました。
2時間かかってやっと現状復帰できました(パチパチ)

ま、1週間もすればまた汚宅になるんですけどね(笑)
職場では整理整頓しろと口うるさいのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 28, 2004

DEMON DRIVE / ...FOUR PLAY!

DemonDrive-FourPlay.jpg sample
Michael Voss率いるドイツのバンドの4th。03年発表。
シンプルで地味なプロダクションで、
音楽性は今までと同様のアメリカンメロディアスハードです。
地味ですが、聴き込むと哀愁のあるメロディが随所に見受けられる、
味わい深い良質の作品であることが分かります。
#3・4・5・7・11が特にお気に入りです。
この曲はメロディアスハードファンには大いにアピールするでしょう。
”Devil Woman"のカバーはSHYに軍配が上がりますね。
(83点)

| | Comments (56) | TrackBack (0)

購入CD 10/28

DRAGONLAND / STARFALL
LOVEDRUG / PRETEND YOU'RE ALIVE
3INCHES OF BLOOD / ADVANCE AND VANQUISH
THE LADDER / FUTURE MIRACLES
PRIDE OF LIONS / THE DESTINY STONE

HMVに行くと試聴してつい買い過ぎてしまいます。
というか今月買い過ぎだよ_| ̄|○
HDDプレーヤーも買ったのに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 27, 2004

CHRIS TOMLIN / ARRIVING

ChrisTomlin-Arriving.jpg sample
クリスチャン・ロック・アーティストの04年発表の3rdアルバム。
ギター中心の大地の香りがするようなポップ・ロック。
楽曲は落ち着いた感じの聴かせるタイプが中心で、派手さは無いが
じわりと心に沁み込むメロディがかなり秀逸です。
Vo.もちょっとかすれた味わい深い感じで、この音楽性にピッタリでしょう。
物足りない楽曲がいくつかあるのが残念。
地味だが良質のメロディが味わえる作品ですね。
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 26, 2004

MARK SCHULTZ / SONG CINEMA

MarkSchultz-SongCinema.jpg sample
CCMアーティストの2002年発表の2nd。
CCMらしからぬダイナミックでエネルギー溢れるポップロックです。
MarkのVo.もマイルドで伸びやかでありながらパワフルで素晴らしい。
プロダクションがまた高品質で、ハーモニーやストリングスなどが
幾重にも折り重なり、奥行きのある透明感を作り出しています。
1曲目の”When The Mountains Fall"でメロハーファンはガッツポーズでしょう。
感動的なバラード”Back In This His Arms Again”
Rachael Lampaとのデュエット”Think Of Me"
MR.MISTERの名曲のカバー”Kyrie Eleison"他、捨て曲無しです。
心洗われます。
(92点)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

購入CD 10/26

DEMON DRIVE / ...FOUR PLAY!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 25, 2004

SIMPLE PLAN / STILL NOT GETTING ANY...

SimplePlan-StillNotGettingAny.jpg sample
カナダのポップパンク・バンドの2年振りの2nd。
一聴して感じたのはパンク色が弱くなっているということ。
あと、ミドル~スローチューンの叙情性が強くなっているという2点です。
もちろん”Shot Up!"や”Thank You"といったスピーディなパンクもあります。
パンク色が弱まっていると感じさせるのは、プロデューサーBob Rockが要因でしょう。
”Welcome To My Life"”Everytime"”One"といったエモーショナルな曲が
哀愁たっぷりで魅力的です。
パンクの枠を超えた素晴らしい楽曲がつまった一枚。
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

PVサラッとレビュー

22~24日とメチャ忙しく、おまけに寝落ちして布団で寝てないから
疲れが取れなくて、更新する気力が無くなっていました。

メロコムMR-XとROCK TRACKSでDLして見ていなかったPVを一気に見ました。
FATEの”I Won't Stop”はやっぱ良いですね。Keyバリバリで大好き♪
EUROPEの”Got To Have Faith"は・・・・・・だめだ。うねるG.がつらいっす。
TRIUMPHの”Somebodys Out There"、Rik Emettoがカッコいい。
Michael Monroe”Man With No Eyes”、TOKYO DOME公演の映像を使ったPV。
この曲改めて聴くと凄く哀愁があってキャッチーで素晴らしい。名曲ですね。
John Farnham”That's Freedom”、大御所でオーストラリアのサブちゃんだって(笑)
CCMぽい洗練された大人のロックって感じ。早速注文しました。
WARRENT”Heaven"、当時はお揃いの衣装とか振り付けがバカにされていたけど、
今見ると華やかでいいよね。今のロックに欠けているところではないでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 24, 2004

購入CD 10/24

SIMPLE PLAN / STILL NOT GETTING ANY...
CHRIS TOMLIN / ARRIVING
MARK SCHULTZ / MARK SCHULTZ
MARK SCHULTZ / SONG CINEMA

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 22, 2004

ASIAN KUNG-FU GENERATION / ソルファ

asiankungfugeneration.jpg sample
昨年メジャーデビューしたエモバンドのシングル4曲を含む2ndアルバム。
プロダクションが生々しくライブ感溢れています。
生々し過ぎて最初はちょっと辛かったんですがね(笑)
かき鳴らすG.にぶっきらぼう(失礼)なVo.が乗るのですが、
唄メロが意外とキャッチーなので荒々しい感じはあまりせず、
メロディが聴き易く耳に残りましたね。
私が彼らを知った「鋼の錬金術師」OPの「リライト」は最高にカッコいいです。
POPな「君の街まで」、クールで切ない「サイレン」、
キャッチーなリフが印象的な「Re:Re:」が特に素晴らしいですね。
エモファンは聴いてみてください。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感動したっ!

To Heart第3話、涙腺ウルウルでした。
麦わら帽子で早くも涙腺が(弱っ)
マルチの乗るバスを追いかける浩之。
「お前が覚えてなくても俺が覚えてんだよっ!」
そして忘れた記憶を思い出すマルチ。
「浩之さん・・・また会えた。また会えました。浩之さん!」
うおおおおお!マルチ~!
いや~いい話だったな。
あかりの後姿が何か気になりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 21, 2004

ANDERS JOHANSSON / WHEN I BECOME ME

AndersJohansson-WhenIBecomeMe.jpg sample
スェーデンのアイドル(?)の2ndアルバム。
前作と同様の非常に爽やかなポップ・ロック満載のアルバムです。
能天気にカラっと爽やかなのではなく、
ウエットで哀愁がほんのり漂っているところがいいですね。
加えてハーモニーアレンジが秀逸で、楽曲のスケールをより大きくしています。

雲一つ無い青空を感じさせるタイトル曲に思わずガッツポーズです。
バラードの王道を行くIt's Not Just Me、
サビの盛り上がりが感動的でちょっと切ないポップスのIs He The One、
しっとりと落ち着いた哀メロがたまらないHold Me For A Moment、
ストリングスが盛り上げるパワーバラードのSnow In Juneあたりが
聴き所ですが、他の曲も素晴らしい出来です。
非常にクオリティの高い感動的な一枚。必聴!
(93点)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 20, 2004

JIMMY EAT WORLD / FUTURES

JimmyEatWorld-Futures.jpg sample
前作から3年ぶりの通算4thアルバム。
切なさ・哀愁といった叙情性を前面に打ち出したメロディは絶品で、
さらにストリングス・Key・ハーモニーのアレンジが楽曲を
ワンランク上に押し上げています。

サビがTHE POLICEのMessage In A Bottleを感じさせるJust Tonight、
アコースティックギターが印象的な切ないKill、
軽快なノリに爽やかさが心地よいThe World You Love、
しっとりと静かに、しかし壮大なスケールの23と
様様なタイプの楽曲がありますが、非常にクオリティ高いです。

JIMMY EAT WORLDのメロディに浸れる名盤。
(94点)

| | Comments (12) | TrackBack (0)

購入CD 10/20

ASIAN KUNG-FU GENERATION / ソルファ
DENVER HARBOR / SCENIC

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 19, 2004

DVD & HDDプレーヤー購入

TOSHIBAのRD-XS43が今日到着。やっほー♪
前のVTRの映りがかなり悪くなっていたのと、
撮りたい番組が同時刻に重なることがあるため、
ダブルチューナー搭載のヤツを買ったわけなんですよ。

サクッと設置しようかと思ったらこれが一苦労でした。
配線がぐちゃぐちゃで訳分からんです。
BSデコーダーとVTRとHDDプレーヤーをつなげなくてはならないので。

設置が終わったら今度はチャンネル設定が難しい。
ウチのマンションはCATVのため、通常と設定が違うのです。
しかもどうやってもTVKが映らない。
ネットで調べたりして3時間ほどかかって結局断念(うう・・・・・)

そして一番の誤算が・・・・・ネットにつながないとEPGが見れない(ガーン!)
DPEGいうTOSHIBA独自の企画らしい。
パソコンとTVは結構離れているので無線LANじゃないと無理ぽい。
というか無線LANってよく分かりません。
調べたときはアンテナ接続方式のEPGだと書いてあったと思ったんだけどなぁ。
こんなことならDIGAのDMR-E330Hにすればよかったですよ。
結局手入力で予約(笑)

物凄く時間がかかってしまったのでレビューはパスしま~す。
JIMMY EAT WORLDの新譜を書こうと思ってたんですけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 10/20

MICHELLE TUMES / CENTER OF MY UNIVERSE
STILL LIFE PROJECTOR / THE DANCE RIOT
BELINDA CARLISLE / HEAVEN ON EARTH

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 18, 2004

BRYAN ADAMS / ROOM SERVICE

BryanAdams-RoomService.jpg sample
BRYAN ADAMSの6年振りの11thアルバム。
前々作あたりから楽曲の出来にかげりが出ていましたが、
新譜はメロディが丁寧に作られていてフックが戻ってきています!
地味な音作りでVo.もより渋くなっていて、歳を取ったなぁとしみじみ(笑)
その分味わい深く、聴き込むほど良さが出てきます。
She's A Little Too Good For Meあたりは全盛期のようなノリでたまらんです。
祝復活!
(86点)

| | Comments (5) | TrackBack (0)

新日しっかりしろ

新日本プロレス10月9日両国大会をTVで見たのですが・・・・・
どうして新日は試合自体をおろそかにするのでしょうか。
長州の新日登場はまぁ良しとします。永田に期待です。
しかしその他は裏切り、乱入、不可解な結末等最悪!
話題作りを優先して会場に来たファンを裏切っていては
この先来なくなることくらい分からないのですか。
NOAHがあれだけファンに愛されているのは決して裏切らないからです。
取り合えずCTUはいらないので解散して下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 17, 2004

TWILIGHTNING / PLAGUE-HOUSE PUPPET SHOW

Twilightning-PlagueHousePuppetShow.jpg sample
フィンランドの正統派HMバンド1年ぶりの2ndアルバム。
前作と比べてスピードが抑えられ北欧らしい叙情性が減ったので、
最初は正直イマイチな印象でした。
しかし聴き込むとスピードが抑えられた分、唄メロが練られて
フックが強力になっている感じを受けました。
ギターリフやハーモニー、Keyアレンジ等もレベルアップしています。
どの曲もポップとまで言えるくらいキャッチーなメロディが配されており、
それでいてHMらしいカッコよさも共存している、クオリティの高い一枚です。
ボートラのGoodes Of Fortuneはドラマティックでカッコいい
ハイスピードチューンなので、買うなら日本盤ですよ。
(89点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 16, 2004

購入CD 10/16

ANDERS JOHANSSON / WHEN I BECOME ME
JIMMY EAT WORLD / FUTURES
JIMMY EAT WORLD / CLARITY

ANDERS JOHANNSONのCDケースに対角線に渡る豪快なひびが_| ̄|○

| | Comments (0) | TrackBack (0)

SUM 41 / CHUCK

Sum41-Chuck.jpg sample
カナダのポップパンクバンドの2年振りの3rdアルバム。
ギターのリフが硬質でTHRASH METAL的な時すらあります。
激しいリフに唄メロとハーモニーが乗るスタイルは
パンク+HMといったところでしょうか。
唄メロはキャッチーで哀愁があり強力なフックを持っています。
激しいパートとメロディアスなパートの緩急が見事です。
ちなみにThe Bitter EndはMETALLICAのBatteryそっくりなのですが、
「パロディというよりオマージュかな。METALLICAは大好きだし。」とのこと。
日本盤のボートラもいい曲なので買うなら日本盤を。
(88点)


| | Comments (3) | TrackBack (0)

Oct 15, 2004

購入CD 10/15

SUM 41 / CHUCK
TWILIGHTNING / PLAGUE-HOUSE PUPPET SHOW
NEVER HEARD OF IT / 11 DAYS
LINKIN PARK / METEORA
BRYAN ADAMS / ROOM SERVICE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

MICHAEL W. SMITH / THIS IS YOUR TIME

MichaelW.jpg sample
CCMアーティストの99年発表10thアルバム。
風格溢れる荘厳かつ落ち着いた雰囲気が感じられます。
プロダクションも奥行きのあるスケールの大きい作りになっています。
OPのイントロから続くHey You It's Meはノリのよいリズムに乗るピアノが
心地よいメロディアスな曲です。
タイトル曲は哀しげなメロディが心に染み入る名曲。
後半でのバグパイプの導入部は感動的ですらあります。
地味ですが聴き込むほどに良質なメロディが詰まったアルバムです。
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 14, 2004

STEVEN CURTIS CHAPMAN / ALL THINGS NEW

StevenCurtisChapman-AllThingsNew.jpg sample
CCMの大御所Steven Curtis Chapmanの新譜。
キャリアの長さを感じさせる隙の無い、高品質CCMを聴かせてくれます。
今作は緩急あるダイナミズムを感じさせる楽曲が多い気がします。
All Things Newは出だしはピアノをバックに落ち着いた雰囲気ですが、
サビになるとG.Key.ハーモニーが一体となって畳み掛けてきます。
パワーバラード、アーシーな曲、明るいPOPな曲、どれも今まで以上に
パワフルかつダイナミックで壮大な印象を受けました。
流石の一枚。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 13, 2004

BLIND GUARDIAN / IMAGINATIONS THROUGH THE LOOKING GLASS

BlindGuardian-Live.jpg
ドイツのパワーメタル・バンドBLIND GUADIANが2003年6月13・14日に
開催した「BLIND GUADIAN OPEN AIR」を収録したライヴDVD。

画質・音質・演奏とも非常に高品質です。
カメラワークの切り替えがテンポに合わせてかなり早くなっています。
目まぐるしい印象は無く、スピード感が出てカッコいいですね。
HansiのVo.は時々フェイクしたりキーを下げたりしていますが、
曲の良さを損なうほどではなく、許容範囲内でしょう。
と言っても、私の脳内で唄メロが補完されているからかもしれないですが(笑)

映像は臨場感たっぷりで、TVの前で私も唄いまくりです(笑)
Banish From Sanctuary、The Script For My Requiem、Valhalla、The Last Candle
Mirror Mirrorといったスピードチューンでは血が煮えたぎって逆流しそう。
圧巻なのが超大作And Then There Was Silenceで、次から次へと展開する様に
画面に食い入るように見入ってしまいました。

BLIND GUADIANファンは間違いなく買いです。
(95点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 12, 2004

BLIND GUADIANとの出会い

89年、私は浪人生で、夜ラジオを聴きながら勉強していました。
和田誠さんのFM富士「THE ROCK」という番組です。
そこでかかったのがValhallaだったんです。
「うおー!かっちょえー!!」

次の日すぐリクエストの葉書を出しました。
「Valhalla感動しました。他の曲もかけて下さい。」
次の週、私の葉書が読まれ、別の曲がかかりました。
Banish From Sanctuaryでした。
「うおー!かっちょえー!!」(笑)

それから小遣いの日まで録音したテープを何度も聴いて我慢ですよ。
そして待ちに待った小遣いの日、予備校の帰りにタワレコに寄りました。
「あったー!FOLLOW THE BLIND!これこれ!」
日本盤はまだ出ていなくて輸入盤でした。
何百回聴いたことでしょう。
その内2ndの日本盤が出て、1stも出ました。

3rdで彼らは大きく成長し、4thで一つの完成系を作り上げました。

そして遂に遂に初来日公演です。
もう喜びのあまり狂ったようにヘドバンして唄ってました(笑)
ファンとバンドが一体となった素晴らしいライヴでしたね。

BLIND GUADIANは私にとって特別なバンドです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 10/12

BLIND GUARDIAN / IMAGINATIONS THROUGH THE LOOKING GLASS
STEVEN CURTIS CHAPMAN / ALL THINGS NEW

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 11, 2004

VOW WOW / Ⅴ

Vowwow-V.jpg
日本のバンドの87年発表の5thアルバム。
人見元基Vo、山本恭司G、厚見玲依Key、新見俊宏Dr、Neil MurrayB。
ドラマティックな湿った正統派メロディアスHRで、Keyが大活躍。
Vo.が凄まじくパワフルで上手く、またKey.もドラマティックに楽曲を演出しています。
個々の演奏能力は非常に高く、楽曲もハイクオリティです。
アップテンポチューンで悶絶ものカッコよさのSomewhere In The Night、
切なく哀しいバラードのCry No More、
Key.のフレーズが印象的な正統派HMのWaited For A Lifetime、
John Wetton作詞・プロデュースの超ドラマティックチューンDon't Leave Me Nowと、
名曲が目白押しの名盤です。
日本のHRということでこのアルバムを聴かないのは本当に損をしています。
全曲英詞ですし、ジャパメタクサさは皆無。
(90点)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 10, 2004

DIVING FOR PEARLS / DIVING FOR PEARLS

DivingForPearls.jpg sampleの8曲目
アメリカのバンドで89年発表の1st。
プロデューサーはFIREHOUSEの1stやD.THEATERの2ndを手掛けたDavid Prater。
どうりで聴いたことのある音作りだと思いました。
サウンドはメジャー感のある華やかなメロディアス・ハードです。
明るくキャッチーなアメリカン・ロックのGimme Your Good Lovin'、
アップテンポで前向きなメロが心地良いNever On Monday、
このアルバムのハイライトで、壮大なスケールを感じさせるYou're All I Knowなど、
良質なメロディと絶妙なアレンジを聴かせてくれるアルバムです。
メロハーファンなら、きっと感じるものがあると思います。
(89点)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

ガンダムSEED DESTINY

連合の3バカが簡単にガンダムを奪取して萎え。
セキュリティが弱過ぎじゃないですか?

あとインパルスの合体シーン。
コンバトラーVかと思いましたよ(古い?)
最初から合体して出てくればいいのに、何か意味があるんでしょうか。

デュランデルは池田秀一さんがCVだから、まるでシャアですね(笑)

何かスーパーロボットものとリアルロボットものの中間みたいな感じ。
う~ん、イマイチ楽しめませんでした。
でも暫く見よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 09, 2004

BROKE[N]BLUE / NORTHERN LIGHT

brokenbluenorthernlight.jpg sample
女性Vo.Evaと男性Vo.Peterを擁するスウェーデンのバンドの1st。2001年発表。
曲によってVo.を分けており、7曲目のみデュエットとなっています。
音楽性は非常に北欧らしい透明感のある哀愁メロディアス・ハードです。

1曲目のI Will Be Thereが特に素晴らしく、限りなく美しいメロディが感動的なチューン。
この1曲の為に買うべきと言えるくらいの超名曲です!

他も佳曲揃いで、Here She Comes・Back Again・Oriental Eyesが聴き所でしょう。
ALYSON AVENUEやDANTE FOXが好きな人は是非一聴を。
I Will Be Thereに悶絶して下さい(笑)
(88点)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 08, 2004

SONATA ARCTICA / RECKONING NIGHT

SonataArctica-ReckoningNight.jpg sample
フィンランドのメロディック・スピードメタル・バンドの4thアルバム。
前作で懸念された楽曲の類型化・唄メロの弱さ・展開の単調さが
如実に現れてしまった作品ではないでしょうか。
一番唄メロが練り込まれていると感じさせるのが初めてヤニが提供した
My Seleneというのも、トニー・カッコの作曲能力の限界を見た気がします。
またスローチューンが弱く、特に2曲目のBlinded No Moreがここにあることによって、
アルバム全体の印象を良くないものにしてしまっています。
とは言ってもMisplaced、Ain't Your Fairytale、My Selene、日本盤ボーナスの
Wrecking The Sphereなどは、盆百のメロスピバンドには書けない流石の出来です。
ちなみに曲順を3・1・5・7・6・8・11にするとかなり好印象になりました。
(85点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Google

当blogがGoogleに引っかかるようになりました。うれしー♪
これで見てくれる人が増えるといいな。

11月の出勤シフトを作成したのだが、労働時間予算以内は無理っす!
何で前年より50時間も減っているのさ。
おまけに部下がヘッポコなのに。
自分の店より売上げの低い店のほうが労働時間多いのは解せないです。
無理なものは無理なので予算オーバーで提出しちゃいます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 07, 2004

GARY HUGHES / STRENGTH OF HEART

GaryHughes-StrengthOfHeart.jpg
89年の1stソロアルバム「BIG BAD WOLF」に4曲加えて91年に再発されたもの。
GaryのマイルドなVo.に合った、ウェットで落ち着いたメロディアス・ハード。
佳曲揃いのアルバムなのですが、コレ!といったキラーソングが無いんです。
それでもモロメロハーなOnly True Love Lasts Forever、感動的なバラード
Strength Of Heart・Christine、ドライヴするVigilanteなどはかなり良いですね。
(85点)

| | Comments (18) | TrackBack (0)

CDクリーナー

最近CDの音とびが酷かったんで修理に出さないとだめかなぁと思っていたら、
こんな商品があったんで、安いし購入してみました。
クリーナをかけると、あら!音とびがしなくなりましたよ。Good Job!

明け方新番組「リングにかけろ」を見ました。
リアルタイムで漫画を読んでいた時は熱中していたんですが・・・・・・
アニメで見ると違和感ありまくり。
必殺技が飛び交う模様は失笑ものです。
中学生の大会で球場が超満員なのも何だかねぇ。
でもおもしろいんでしばらく見続けます。

| | Comments (31) | TrackBack (0)

Oct 06, 2004

地震

かなり長い間揺れてましたね~。
私はというとCDラック2台をしっかりと抑えておりました。
これが倒れるとシャレにならんので。

最近ビデオの映りが激しく悪い。
ビデオを通して見るTV放送の映りが悪いから、多分もう寿命なのでしょう。
HD&DVDプレーヤーがもの凄く欲しい!しい!しい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 10/6

SONATA ARCTICA / RECKONING NIGHT
森下由美子 / Somebody To Believe

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Oct 05, 2004

KING OF HEARTS / 1989

KingOfHearts-1989.jpg
1stアルバムの5年前にレコーディングされていた未発表アルバム。
Tommy funderburk(Vo.)、Kelly Keagy(Vo.Dr.)、George Hawkins(Vo.B.)
Bruce Gaitsch(G.)の4人がメンバー。
メンツから想像できるように、高品質のメロディアス・ハードが収められています。
特にRemember Whenは悶絶モノで、ブリッジからサビへの高揚感や
間奏前のKey.による盛上がりは、メロハー聴いていて良かったと思わせてくれます。
他にもWorking Man、Hold On To Love、King Of Heartsなど名曲目白押しです。
これぞメロディアス・ハード!
(92点)

| | Comments (237) | TrackBack (0)

せっかくの連休なのに・・・

9日連続出勤が終わって4、5日と連休だったのに、昨日風邪を引いてしまいました。
気温が18℃と下がったのに、窓全開・Tシャツで寝落ちしたのが原因です(あほや)
昨日は頭痛&ダルイで一日寝ていました。
今日は大分良くなっていたので、溜まっていた書類を終わらせ、病院に行って終わり。
いや~、充実した連休でしたねー(涙)

B!11月号はあんまりコレというのは無かったですね。
ブラガのDVDが出るのをすっかり忘れていたんで、あさって買いに行こう。
CASANOVAの新譜のジャケット・・・・・・・
BOWLING FOR SOUPが74点だったのはちょっとがっかり。
価値観は人それぞれなんで別にいいんですが、点数見てスルーされたら残念だなと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 04, 2004

WESTLIFE / COAST TO COAST

Westlife-CoastToCoast.jpg sample
イギリスのボーイズ・コーラス・グループの2000年発表の2nd。
彼らの特徴と言えば美しいハーモニーと甘いバラードなんですが、
1曲目のMy Loveから正にそれ。切なく美しい感動的な名曲バラード。
バラードが多く、どの曲もフックのあるメロディとアレンジで素晴らしい出来です。
アップテンポのWhen You're Looking Like Thatがまたいいんです。
キャッチーで前向きなメロディにグイグイ引き込まれます。
Billy JoelのカバーのUptown Girlも原曲に忠実でいい感じです。
ボーイズ・グループかと聴かず嫌いせず、是非聴いてもらいたい一枚。
初期のCDにはUpdown Girlが収録されていないのでご注意を。
(89点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 10/4

KING OF HEARTS / 1989

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Oct 03, 2004

まんがライフMOMO

まんがライフMOMOには好きな漫画が結構あります。
「せんせいのお時間」はみかセンセがかわいくていいっすねぇ。
あと「天使のお仕事」が笑えます。
「お菓子な片想い」がいいですね。ちまのドキドキが萌えます。

マイナーなのか、コンビニにあんまり置いてないんですよ。
廃刊にならないか心配。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 02, 2004

MOURNING SEPTEMBER / A MAN CAN CHANGE HIS STARS

MourningSeptember-AManCan.jpg sample
クリスチャン・ロック・バンドのデビュー・アルバム。
April DreamsとLights And JewelsにFURTHER SEEMS FOREVERの
Jon Bunchが参加しています。
音楽性はエモど真ん中としか言いようが無いですね(笑)
クールでカッコよく哀愁があって、そしてメロディのフックが強力です。
特にGloriettaやRunningのような切ない曲が非常に魅力的なんです。
エモファンは是非一聴を。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Oct 01, 2004

GOOD CHARLOTTE / THE CHRONICLES OF LIFE AND DEATH

GoodCharlotte-TheChronicles.jpg sample
メロディアス・パンク・バンドの3rdアルバム。
パンクとは言っても、非常に多様な楽曲が並んでいます。
しかしどの楽曲もアレンジ・メロディともよく練らているので、散漫な感じがしません。
それぞれの方向性において素晴らしい楽曲ばかりです。
OPではシンフォニックなバックに日本語が出てきて思わず苦笑。
S.O.S、Predictableなどは、いかにもメロディアス・パンクな哀愁があって好きですね。
異色なI Just Wanna Live、The Worlds Is Blackなども不思議な魅力があります。
パンクの枠に囚われない、また一歩進化したアルバムでしょう。
(92点)

| | Comments (208) | TrackBack (0)

購入CD 10/1

GOOD CHARLOTTE / THE CHRONICLES OF LIFE AND DEATH
MOURNING SEPTEMBER / A MAN CAN CHANGE HIS STARS

| | Comments (0) | TrackBack (1)

CCCD終了

SONYがレーベルゲートCD仕様を終了すると発表しました。

残るはTOSHIBA EMIですな。
簡単にリッピングできて全然P2P対策になってないんだからやめましょうよ。
日本盤が避けられて逆効果なのにね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »