« August 2004 | Main | October 2004 »

54 posts from September 2004

Sep 30, 2004

LUNATICA / FABLES & DREAMS

lunaticafablesdreams.jpg sample
スイスのシンフォニック・メタルバンドの2ndアルバム。
ミキシングとマスタリングにサシャ・ピートが起用されています。
音楽性としてはNIGHTWISHからオペラの要素を減退させた感じでしょうか。
EVANESENCE的なところも楽曲によってはありますね。
大仰でドラマティックなシンフォニックサウンドに、女性Vo.が淡々と唄っています。
この女性Vo.は澄んだ繊細な歌唱で、キャンディス・ナイトぽくもあります。
Avalon、The Spell、HymnなどHM的な要素が強い曲はドラマティックでカッコいい!
ただ一方、淡々と盛り上がりに欠ける曲もあるのは残念なところ。
(83点)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

Sep 29, 2004

BOWLING FOR SOUP / A HANGOVER YOU DON'T DESERVE

bowlingforsoupahangoveryoudontdeserve.jpg sample
パワーポップ・パンクバンドの2004年発表の7thアルバム。
Butch Walkerが作曲・プロデュース・バックVo.で参加しています。
CHEAP TRICKやENUFF Z' NUFFタイプの、楽しくキャッチーなパワーポップです。
楽曲が素晴らしく、楽しくも甘酸っぱい哀愁なんかも感じさせてくれます。
この手の音楽が好きな人は必聴でしょう。

1985のPVがおバカで笑えるので是非見て下さい。
特に1985年に洋楽を聴いていた人は必見ですよ!
その当時のPVのパロディが出てきて抱腹絶倒ですから。
(89点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 28, 2004

CHARLOTTE MARTIN / ON YOUR SHORE

CharlotteMartin-OnYourShore.jpg sample
作曲・ピアノ・共同プロデュースまでこなす女性シンガーの1st。
一聴すればお分かりになるとおり、ずば抜けた歌唱力を持っています。
ソウルフルで、時折鬼気迫るくらいの鋭さを見せたりもします。
楽曲はピアノ・ストリングス中心で、暗く寒気を漂わせた雰囲気です。
1~4曲目の流れは隙が無く、このアルバムのハイライトでしょう。
ただ楽曲が似通っているため、終盤ダレてしまうのが残念なところですね。
それでも、その素晴らしいVo.で聴かせてしまうのですが。
次作ではもう少し楽曲に幅が出ることを期待します。
(84点)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

購入CD 9/28

GARY HUGHES / STRENGTH OF HEART
FALLING UP / CRASHINGS

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 27, 2004

休みくれ

来週の月曜まで休みが無いので、レヴューはいつになるやら。はぁ~。

SONICFLOODのGOLDって新譜じゃないんですね。失敗しました、ひろしさん。

ベスト・ヒットUSAで流れた1985のPVで大笑いさせてくれたBOWLING FOR SOUP、
パワーポップのお手本のような作品でかなりいいですよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 9/27

BOWLING FOR SOUP / A HANGOVER YOU DON'T DESERVE

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 25, 2004

レビュー更新お休みしま~す。

管理人多忙のため2,3日レビューはお休みします。
風邪がぶりかえしたようです。ダルイよ~(>_<)

JACKSON UNITED、胸キュンパンクは最初の数曲だった。失敗かも。
CHARLOTTE MARTIN、威風堂々って感じ。かなりいいっす!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 9/25

MATCHBOOK ROMANCE / STORIES & ALIBIS

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 24, 2004

HMV池袋

8時に起きて朝飯食べて、ゴロゴロしていたらいつの間にかまた寝てました(笑)
起きたら15時でした。マズ~(汗)

今日はHMV池袋店で試聴しまくってきましたよ。
チルボドの先行シングルはKey.がますます後退していました。ガッカリ。
MEGADETHの新譜はやっぱりイマイチでした。
自分の中ではMEGADETHは4thまでですね。
HUMAN TEMPLEとJEFF SCOTT SOTOを試聴。
どちらも良く出来たメロハーなのだが、何故か心動かされなかったな~。
ヒラリー・ダフはひろしさんが書いていた1曲は名曲でした。素晴らしい。
しかしやはりポップス性が減退しており、購入見送っちゃいました。

LUNATICAをamazonで2週間前に予約したのに、昨日発売で発送されてないので
頭来てキャンセル!何故だぁぁ!HMVで買いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 9/24

JACKSON UNITED / WESTERN BALLADS
CHARLOT MARTIN / ON YOUR SHORE
LUNATICA / FABLES & DREAMS
TURISAS / BATTLE METAL

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 23, 2004

ANNA GILBERT / GOD SEES

AnnaGilbert-GodSees.jpg sample
CCMアーティストの2003年発表のアルバム。
自分で作曲・G.・Key.・プロデュースも行っているようです。
美しくはかなげなVo.が非常に魅力的です。天使の歌声?
ピアノ・シンセを中心とした落ち着いた楽曲で、時々入る男性Vo.がいい感じです。
爽やかな草原を思い起こさせるGod Sees、悲壮感漂うUnderstandが好きですね。
ただ楽曲が起伏に乏しく色合いが同じため、終盤ダレてしまいます。
サンプル聴いたときの印象とかなり違ったため、最初かなりあせりました(笑)
聴き込んで覚えていくと、その点は解消されると思います。
1曲1曲の出来は良いのですから。
(85点)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

購入CD 9/23

ANNA GILBERT / GOD SEES

CD Baby早いぞ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 22, 2004

SILENT FORCE / WORLDS APART

SilentForce-WorldsApart.jpg sample
D.C.COOPER擁するSILENT FORCEの2004年発表の3rdアルバム。
OPのひな祭りのメロディに日本人は苦笑するでしょうね(笑)
しかしその後はドラマティック・パワー・メタルが炸裂します。
DCのVo.は本当に超絶な上手さです。加えて声に色気もあるときた。
楽曲がまた素晴らしい。フックが強力でしかもキャッチーなのです。
No One Lives Foreverもとてもキャッチーで、
特にブリッジのメロディはポップとまで言えるほどです。
バラードのSpread Your WingsではDCのVo.が堪能でき、ゾクゾクします。
超絶Vo.に充実の楽曲、名盤です。
(94点)

| | Comments (4) | TrackBack (1)

購入CD 9/22

SILENT FORCE / WORLDS APART

| | Comments (11) | TrackBack (0)

トリビアにNAPALM DEATH(笑)

「演奏時間が一秒しかない曲がある」というトリビアで
NAPALM DEATHのYou Sufferが紹介されました。
メンバーが日本語で「ナパーム・デスです。」と挨拶。ぷぷ(笑)
その後もメンバーが日本語で曲紹介してました。

そしてライブシーンへ。
ドラムスティックでカチカチカチとカウントし「You Suffer But Why!!」と演奏。
わずか0.96秒。わはは~!
アンコールで観客「ワンモア」ということで、また演奏。0.93秒。

84へえも出して金の脳に選ばれてました。

| | Comments (47) | TrackBack (0)

Sep 21, 2004

SARAH KELLY / TAKE ME AWAY

SarahKelly-TakeMeAway.jpg sample 
CCMアーティストの2004年発表の1st。
楽曲はちょっと土臭いメロディアスなポップス/ロックで、
フックがあるのでスロ~ミドル中心ですが飽きさせません。
さらに特筆すべきはそのVo.でしょう。
力強く歌い上げるVo.は説得力があり、いつの間にか引き込まれてしまいます。
素晴らしいヴォーカリストですよ、ホント。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 9/21

ZOEgirl / DIFFERENT KIND OF FREE
SARAH KELLY / TAKE ME AWAY

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 20, 2004

WITNESS / WITNESS

Witness-St.jpg
女性Vo.を擁するWITNESSの88年発表の1stにしてラストアルバム。
Steve Smith、Neal Schon、Brad Gillisらが参加しています。
モロ80年代メインストリームHRで、プロダクションもブライトで派手です。
この女性Vo.、ちょっとハスキーでパワフルでかなり上手い。
5曲目まではアメリカンなノリのちょっとイマイチな曲が続いたんですが、
6曲目のYou're Not My Loverが非常にメロディアスな名曲で素晴らしい。
その後の曲もメロハーな佳曲揃いでした。
後半だけなら92点はあげちゃいます。前半がね、ちょっと・・・・
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

買い過ぎ

今年に入ってから鬼のようにCD買っています。
いやね、もっと枚数抑えて1枚1枚聴き込まないといけないのは
分かっているんですが、サンプル聴いて良さげだと骨髄反射でポチっとね(笑)
ネット通販する前はいちいち店に買いに行かなければならなかったんで
月に5枚くらいしか買わなかったんですよ。

と書いたものの抑えるなんて無理なんで、これからもポチっといきますわ(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 19, 2004

PLANETSHAKERS / OPEN UP THE GATES

Planetshakers-OpenUpTheGates.jpg sample
クリスチャン・ロックバンドの2004年発表の1stアルバム。
POPな曲はタイトル曲に代表されるように、跳ねるような軽快なリズムに乗る
キャッチーなメロディが心地よいですね。
と言ってもカラっと明るいわけではなく、哀愁を漂わせてどこか影を落としています。
特にRescue MeはLIFEHOUSEのSpinに雰囲気が似ており、
切ないメロディが心に染み入る名曲だと思います。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

サクッとレビュー

PAPA ROACH / GETTING AWAY WITH MURDER
 HOOBASTANK/THE REASONと同じプロデューサー・スタジオということで、
 実際試聴したら結構聴き易くなっていたので購入。
 確かに聴き易いんですが、フックが弱いので印象に残らないんですね。

SONIC FLOOD / GOLD
 前作が大好きだったんで試聴もせずに購入。
 う~ん、何か散漫な感じで集中して聴き辛いです。
 楽曲自体弱いですし、曲が終わったあと延々としゃべりが入るのもどうかと。

BY THE TREE / HOLD YOU HIGH
 クリスチャン・ロック。キャッチーな1曲目はGood!
 でもその後は悪くはないけれどレベルの曲が続き、ごく普通のアルバムでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 18, 2004

MICHELLE TUMES / LISTEN

MichelleTumes-Listen.jpg sample
オーストラリア出身のCCMアーティストの98年発表の1stアルバム。
音楽性はENYAにかなり近いですが、ENYAよりもポップス寄りで聴きやすいです。
透明感のある美しい歌声に幾重にも折り重ねられたハーモニーは
霧の掛かった森の中へ誘ってくれます。
いや~、荒んだ心が癒されていきます(笑)
私のお気に入りはM6のMy Constant Oneですね。
(87点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

僕と彼女と彼女の生きる道SP

始まったー!楽しみだったんだ(ワクワク)
・・・・・・・・・・・・あれ?新作じゃないの(ーー;)

と言う訳で見るのやめようかと思ったんですが、結局見ました。
第一話見逃していたんですが、最初の頃の草薙は物凄くイヤな奴ですねー。
でも段々父親らしくなっていく草薙に感情移入しちゃってます。
親権が移動して凛ちゃんが家を出て行くシーンではもう涙ポロポロですよ(T_T)
改めていいドラマでした。

というか凛ちゃんカワイイ!「ハイッ!」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 17, 2004

購入CD 9/17

MICHELLE TUMES / LISTEN
FFH / READY TO FLY
BY THE TREE / HOLD YOU HIGH

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 16, 2004

RICHARD MARX / MY OWN BEST ENEMY

RichardMarxMyOwnBestEnemy.jpg sample
アメリカのソロ・アーティストの2004年発表の7thアルバム。
彼は1stが大ヒットして私もよく聴いていたのですが、その後は未聴でした。
今作は落ち着いたアダルトなミドル~バラード曲が殆どです。
ただVo.が感情豊かに力強く唄っているため、芯が通っている印象を受けました。
また楽曲の出来も良くフックがあるので、
同じタイプの楽曲が多いにも拘らず1枚通してすっと聴けます。
M7のColederだけアップテンポのロックナンバーでメロディアスな佳曲です。
あと2、3曲このタイプの曲が欲しいのが正直なところですね。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

涙のフィーリング

ROCK TRACKSの更新分を見ました。
正直イマイチなPVばかりでしたが、その中で驚きの1曲がありました。
REO SPEEDWAGONのCan't Fight This Feeling(涙のフィーリング)です。
84年のWHEELS ARE TURNIN'の1曲で大ヒットしました。
私が全ての音楽の中で一番好きな曲がこの曲なんです。
20年経った今でも当時と変わらぬ感動がありましたね(≧∇≦)b
メロハーファンで聴いたことがない人は是非聴いてみてください。
(200点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 15, 2004

DELIRIOUS? / WORLD SERVICE

Delirious-WorldService.jpg sample
クリスチャン・ロックバンドの2003年発表の7thアルバム。
最初メロディアスなM2・3・8・11を試聴して買ったんですが、
どちらかというとモダンなヘヴィさをもった楽曲が中心ですね。
Vo.がボノに似ているせいかU2のTHE JOSHUA TREEを思い出させます。
メロディアスな曲はもちろんいいのですが、ヘヴィな曲もくせになる
魅力的なメロディを持っており、聴き込むほどに良くなってきてます。
With Youは壮大なスケールを持ったこのアルバムのハイライト。
(88点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 9/15

PLANETSHAKERS / OPEN UP THE GATES
SONICFLOOd / GOLD

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 14, 2004

YELLOWCARD / OCEAN AVENUE

Yellowcard-OceanAvenue.jpg sample
ヴァイオリニストを擁するメロディアス・パンクバンドの2003年発表の1st。
クールでカッコいいフックのあるメロディにヴァイオリンが加わることによって
哀愁が漂い、これが彼らならではのオリジナリティと言えるでしょう。
ヴァイオリンはバックの楽器の一部として前に出てきませんが、
M5のLife Of A Salesmanではヴァイオリンが主旋律を奏でています。
メロディアス・パンクファンは必聴の一枚です。
最近ボートラとPVを加えて再発されたことですしね。
(90点)

| | Comments (1) | TrackBack (1)

Sep 13, 2004

HEAVY PETTIN' / BIG BANG

heavypettinbigbang.jpg sample
イギリスのバンドが87年に発表した3rdアルバム。
80年代ハードポップど真ん中で、1曲目のイントロのKey.からして
もう顔がニヤケてしまいますね(笑)
明るくキャッチーな中に哀愁が所々隠れているのがまたたまりません。
SAXONのビフ・バイフォードそっくりなVo.のせいでしょうか。
特にLooking For Love、Heaven Scentが悶絶モノのキラー・ソングですね。
当時日本盤が出なかったのが不思議です。
SHYあたりと比較してもまったく劣っていませんし。
(92点)


| | Comments (66) | TrackBack (0)

小橋は凄すぎる!

小橋対田上を見たが素晴らしい試合でした。
田上火山が大爆発で小橋ファンの私でさえつい応援してしまいました。
つーか普段からあれくらいやってよって感じですけど。
断崖式俺が田上、秩父セメントを受けての小橋の勝利だから
もうバケモノとしか言いようの無い強さですね。

小橋に勝てるのは三沢か高山しかいないかなぁ。
今年中に小橋対三沢があるとみたがどうでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

購入CD 9/13

DELIRIOUS? / WORLD SERVICE
WITNESS / ST
HEAVY PETTIN / BIG BANG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 12, 2004

PETER FRAMPTON / WHEN ALL THE PIECES FIT

PeterFrampton-WhenAllThePiecesFit.jpg
Peter Framptonが89年に発表した13枚目のアルバム。
彼はFRAMPTON COMES ALIVEが1500万枚売れたというくらいしか
知らなかったんですが、WHEN~が産業しているということで購入しました。
80年代らしいブライトで軽めだが分厚いプロダクションは高品質です。
楽曲もPeterの渋いVo.にフィットした落ち着いた感じの産業ロックですね。
メロハーなM2・M9、産業しているメインストリームなM4・M6が聴き所かな。
産業ロックが好きな方は一聴の価値ありです。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ラーゼフォン

今更ながらラーゼフォン1~5話を見ました。
本放送の時には1、2話をいきなり見逃し、
3話から見たら話がさっぱり分からず、そのまま放置してたんですね。

いや~、スッゲーおもしろいですわ。
3話の最後までは謎だらけで情報量が多くて、知恵熱でるかと思いましたよ。
4、5話では人間不信に陥った神名が少しずつ心を開く描写も
戦闘シーンとは違うおもしろさがあっていいっすね。
ていうか遥サンがいい!久川スキーの私には。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 11, 2004

VAN STEPHENSON / SUSPICIOUS HEART

VanStephenson-SuspiciousHeart.jpg sample
86年に発表された3rdソロアルバム。
都会的な洗練されたメロディアス・ハードで、
AOR的な落ち着いた楽曲が中心となっています。
ただプロダクションが80年代らしいリバーブの強い派手なビッグプロダクションで、
これでもかと言わんばかりに大仰に盛り上げてくれます(笑)
Never Enough Nightに代表されるように、ウェットで哀愁味が強く
常にどこか寂しげな雰囲気が漂っているのがこのアルバムの魅力ですね。
(90点)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

あ、足が・・・・・・・

最近足がよくつります。
朝起きて背伸びをしたりするとなりますが、
ゴロゴロしていて寝返りを打った瞬間に来ることも(恐)
ナトリウム不足が原因らしいけど、
塩分は必要以上に摂っているよなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 10, 2004

SHEBANG / THE WHOLE

Shebang-TheWhole.jpg sample
スウェーデンでは2001年に発表された、2人のガールズ・ユニットSHEBANGの1st。
日本では2ndが先に発売されていたが、この度1stも日本盤が出ました。
2ndはパンキッシュでパワフルなパワーポップでしたが、
1stはパンク色は弱まり、パワーポップあり、普通のPOPSありと
バラエティのある内容になっています。
M1ではRAMONESのパンクをやっていますが、
M2は一転して哀愁漂う切ないPOPSで、かなりいい曲です。
M4では彼女ららしからぬ(笑)感動的なパワーバラードで嬉しい驚き。
他の曲も佳曲揃いで、ガールポップが好きな人は是非。
(86点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

全話BOXキター!

カレイドスターの全話BOXが遂に出ますね。
いやー、待ちに待ったかいがありました。
と思いきや・・・・・・・・・・・・99750円!高っ!
変な特典はいらないからもっと安くして下さい、さい、さいっ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 09, 2004

FURTHER SEEMS FOREVER / HIDE NOTHING

FurtherSeemsForever-HideNothing.jpg sampleの1,2曲目
超優良レーベル、TOOTH & NAIL RECORDSに所属するエモ・バンドの3rd。
1曲目のLight Up Aheadで圧倒されました。
包み込むような力強くも美しいメロディがこちらの息つく暇も無いくらい、
次から次へと畳み掛けてきます。
存在感のあるVo.が分厚いハーモニーをまとってフック満載の唄メロを
切れ目無く展開させていくのですから、そりゃもう琴線に触れまくりです。
10曲で30分とあっという間。
今年のBEST ALBUM候補の一枚ですね。
(95点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

Sep 08, 2004

SENTENCED / THE COLD WHITE LIGHT

Sentenced-TheColdWhiteLight.jpg sample
フィンランドのメランコリック・メタルバンドの2002年発表の7th。
OPの動物の泣き声から続くCross My Heart And Hope To Dieで
心の底から打ちのめされた。
美しくも哀しいメロディはまるで荒涼たる極寒の大地での叫びのようだ。
どの曲も圧倒的な扇情力を持って聴き手の心に入り込んでくる。
これはHM史上に残る名盤である。
メロハーファンにもぜひ聴いてもらいたい。
sampleのNo One ThereのPVを見て欲しい。
きっと何か感じるものがあるはずだ。
(97点)

| | Comments (11) | TrackBack (2)

NEGATIVE / SWEET & DECEITFUL

negativesweetdeceitful.jpg sample
フィンランドのメランコリック・メタルバンドの2nd。
前作ではメランコリックな曲以外の出来が今一つでしたが、
新譜はメランコリックな曲が増えて、それ以外の曲も良くなっています。
しかし問題なのはやはりヨンネのVo.でしょう。
この手の音楽を唄うには細すぎるのです。
SENTENCEDのヴィレが参加したM10を聴くと尚更そう感じます。
深い情念みたいなものが伝わってこないのです。
楽曲のクオリティが上がっただけに余計残念です。
(82点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

購入CD 9/8

GIANT / TIME TO BURN
FURTHER SEEMS FOREVER / HIDE NOTHING

い、いかん。CDが溜まってきた(汗)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

トニーたけざきのガンダム漫画

ファースト世代ならもう抱腹絶倒の1冊です。
安彦良和氏の絵に似せて書いたパロディなのですが、
黒い三連星がJストリームアタックで改札を通り抜けようとしたり、
シャアがマットアングラーでの着艦に失敗してクルクル回ったり、
絵がなまじそっくりなだけに更に笑えます。
ガンダムに対する愛が感じられますね(笑)
amazon


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 07, 2004

ANGRA / TEMPLE OF SHADOWS

Angra-TempleOfShadows.jpg sample
ブラジルのバンド、ANGRAの5thアルバム。
相変わらず疾走曲はドラマティックで、そこいらのメロスピバンドとは
比較にならない素晴らしい出来です。
M6にはカイ・ハンセン、M9にはハンズィ・キアシュがゲストVo.で参加しています。
問題はミドルナンバーなのですが、ここ何作はミドルナンバーがイマイチで
のめり込めなかったんですよね。
変に民族的な楽器を導入したり、プログレッシブであったりして。
新譜では即効性はありませんが、聴き込むうちに気に入ってきました。
それは前期の2点が改善されて聴き易くなっているからでしょう。
民族的な楽器は導入されていますが、前面に出てくることはありません。
またプログレッシブな面もDREAM THEATER的であったりYES風のハーモニーで
あったり難解なものではないので、メロディや展開が素直に耳に入ってきます。
ANGRAの最高傑作であることは間違いありません。
(90点)

| | Comments (2) | TrackBack (1)

購入CD 9/7

ANGRA / TEMPLE OF SHADOW
PAPA ROACH / GETTING AWAY WITH MURDER
NEGATIVE / SWEET & DECEITFUL
SHEBANG / THE WHOLE
TOC / LOSS ANGELES
新居昭乃 / 懐かしい宇宙
笠原弘子 / FEEL ON THE WIND

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 06, 2004

春原祐紀 / NATIVE SUN~太陽が生まれる場所~

nativesun.jpg
元桜っこクラブの春原祐紀が88年に出したソロアルバム。
春原のVo.は直線的ですが、力強くしっかりしておりなかなかです。
サウンドはハードポップど真ん中で、楽曲のレベルは非常に高い。
フックが強力でハードナンバーからバラードまで捨て曲無しです。
アレンジも非常に練られており、ストリングス・ピアノ・ハーモニーが
ドラマティックさ・壮大さを演出しています。
VAN HALENのDreams、フィリップ・ベイリーのEasy Loverがちょこっと
出てきたりする曲もありますがご愛嬌。
(90点)

| | Comments (13) | TrackBack (0)

BURRN! 10月号

表紙がRitchie Blackmoreですか。ある意味凄いね(笑)
それにしても総括はおもしろかった。
読んで感じたのは93年を境にやはりHMシーンはガラっと変わったということです。
92年くらいまではそんなに細分化されてなく、HMシーンがまとまっていました。
みんなROCK TODAYやPURE ROCK、B!を読んでいたし、
そこでの影響力は絶大で、共通認識みたいなものがあったと思います。
しかし今やシーンは拡散し過ぎて共通認識なんぞ全くありません。
私もVELVET REVOLVERやTHE DARKNESSには全く興味無いですしね。
つくづく80年代は良かったなぁ。私の青春(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

Sep 05, 2004

AL DENSON / ST

AlDenson-St.jpg
CCMアーティスト、Al Densonが89年に発表した1st。
OPのきらびやかなKey.が鳴った瞬間からガッツポーズ!
メロハーの要素もあるAORといったサウンドです。
プロダクションが素晴らしく、幾重にも重ねられたKey.やハーモニーが
奥行きを持ってクリアに構築されています。
Vo.も伸びやかで温かみのある性質で、この音楽性にピッタリ。
この手の音楽が好きな人は是非!
(90点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

頭文字D 4TH STAGE / ACT3,4

今回は藤堂塾戦。
相変わらずバトルシーンは手に汗握りますねぇ。
ギリギリのテールツーノーズに毎度の事ながら、お~!を連発(笑)

それにしても高橋涼介の2つの指示には驚かされましたよ。
ふんふんと説明を聞いていたのですが、
最後にその真の狙いが分かってまたお~!を連発。
その指示を守って勝っちゃう拓海も凄いけど。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Sep 04, 2004

ASIA / SILENT NATION

Asia-SilentNation.jpg sample
つい先日発売されたばかりのASIAのDVD付き最新作。
ASIAはAQUAで大失望した後はずっとスルーしてきたのですが、
メロコムでサンプルを聴いて好感触を持ち、特にLong Way From Homeは
名曲の予感を感じ、購入しました。
確かにLong~はメロハーの王道を行くドラマティックで哀愁のある名曲でしたね。
他にも6,8曲目はメロハーらしいなかなかの佳曲です。
しかし、他の曲がイマイチでした。
サビの唄メロだけ取ってみれば悪くないのですが、インストパートがいただけない。
抑揚が無く無駄に長く、つまらないプログレのようなのです。
これではせっかくの唄メロの良さも活きてきません。
DVDは録音風景とインタビューですが、輸入盤で字幕が無いのでサッパリです(泣)
(70点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いい試合が減ったから

先日テレビ朝日で放送されたプロレス討論会をようやく見ました。
プロレスの人気が何故落ちたか、それはごく単純なことですよ。
いい試合が減ったから。
四天王プロレスや闘魂三銃士のときと比べて、明らかに質が落ちています。
あの頃は20分を越える試合はザラで、試合が長ければいいという訳では
ありませんが、それだけの時間をダレさせない内容を誇っていました。
今は10分くらい、しかも大技ドッカンドッカンで大味な試合が増えています。
会場に来た観客を満足させられなければ、私のようなファンと違い、
彼らはすぐ他の娯楽へと流れてしまいます。
サイドストーリーも大切だけど本質をもっと見直そうよ、プロレス!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 03, 2004

1927 / ...ish

1927.jpg sample
オーストラリアのバンド、1927が88年に発表した1st。
自国では80万枚の大ヒットで、TOP10シングルも3曲生まれました。
都会的な非常に洗練されたハード・ポップで、ギターもクリアトーンで
Vo.も熱くならずメロディをなぞる歌い方です。
後半にロックしている曲が出てくるのですが、そういった曲よりも
1,2曲目のような軽いトーンの曲のほうが彼らの魅力だと感じます。
(88点)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

Sep 02, 2004

GIL / THE ALBUM+4

gilthealbum4.jpg sample
ドイツ出身のアイドル、GILの2000年発表の2nd。いや~美少年(笑)
GILは当時アジアで大人気で、日本ではこの2ndがデビューとなっています。
OPのアカペラから始まるOut Of My Headに代表されるように、
元気でキャッチーなポップロック中心で、ルックスのように甘ったるいという
ことは全くありません。
BBMAKあたりが好きな人にお薦めです。
(85点)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sep 01, 2004

RUSSELL HITCHCOCK / ST

RussellHitchcock.jpg
AIR SUPPLYのヴォーカリストが88年に発表したソロアルバム。
AIR SUPPLYって聴いたこと無いんですが、カン高く突き抜けるように
伸びるそのVo.に驚かされました。凄いです!
曲は明るく透明感のあるAORでなかなかいいな~と聴いていたんですが、
M5のThe River Criedが超大盛り上がりのメロハーでガッツポーズ!
次のDreams Of The Lonelyも哀愁漂う切ないメロハーでおお~。
メロハーファンはこの2曲で買いです。
(92点)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »